LOVE FM CLUBに入ろう!

  • LOVE FM CLUBとは?
    リクエストやメッセージの送信、LOVE FMのイベント、プレゼントなどすべての応募が1クリックでOK。CLUBメンバー限定のプレゼントも!希望される方にはLOVE FMの最新情報メールマガジン「LOVE FM MAGAZINE」を配信中です。
    ※入会費、年会費などはございません。

    >>LOVE FM CLUBへの登録はコチラから

サービスエリア

  • サービスエリア
    画像クリックで拡大
Powered by Six Apart

メイン | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月31日 (水)

虫の八/雨呼んだろか。

kawaii031115_1039001.jpg


「こらぁ~!近寄り過ぎなんじゃぁ~!!」
と、怒られながら、アマガエルちゃんを激写。
道路の真ん中にいた普通のアマガエルだケロ、
なんか雰囲気があったのでアスファルトにへばりついて撮影。
そしたら写真のお顔で怒られました。おいしい一枚やな。

もうすぐ梅雨入りですね。
アマガエルは英語で「rain frog」と言いたいところだケロ、
「tree frog」が正解。
木の上を好む事からこの名前がつけられたようです。
雨が降る直前に聞こえて来るアマガエルの合唱は
確かに地面よりもちょうど私たちの頭の高さぐらいから
降ってきよるもんね。
カエルって、お腹の掃除(?)をするのに胃袋を口から
ケロっと出すらしい。
私は観た事ないケロ、子供の頃はビンに閉じ込めて
地面をゴロゴロ転がして遊んだり、
尻に爆竹詰めて爆破したりと、とんでもないことをしてきた。
本当にごめんなさい。本当にごめんなさい。

カエルを含む両生類は、多かれ少なかれ体に毒を持つ、
と、憧れの千石先生が言っていた。
アマガエルを触った手で目をこすったら、結膜炎になるらしい。
そう言えば子供のころ、よく結膜炎になりよった私ですが、
もしかして、ばっちりリベンジされていたのかもしれねぇなぁ。
本当に、ごめんなさい。絶対もうしません。

2006年5月30日 (火)

虫の七/愛ってなんだろう?

お忙しい中、本日もおいでいただき誠にありがとうございモス。
今日は、珍しく、天神ストリートに相応しいと思われる
ライブのお誘いでモス。虫は出て来ませんが、よろしければ。

What's love?
メロのリスナーの皆様にはおなじみの、日本が誇る男バンド
ワッツラブ?
6月7日水曜日、Drum Be-1でライブです。
春にリリースされたアルバム「シャララ」のお祝いツアーです。
行くばい。みんなで行くばい。

詳しくはコチラ。
http://www.h6.dion.ne.jp/~whats/
お問合せはコチラ。
http://www.jabup.com/jablog/
ライブなんて久しぶり。
街が苦手な昆虫DJ、especialy夜の街はもっと苦手。
でもシャララしに行くんばい。
ちなみに、ヴォーカルの松本マッツラブさんは
ピコタン(メロ用語でナメクジの意)が苦手だそうです。


愛って何だろう?
色んな愛があるけれどもやね、男女間の愛って話になるとやね、
アタシャ、ニコラス刑事が出とった映画の中でスゴイ台詞ば聞いたやね。
「愛とは、恋が燃え尽きて最後に残るものだ」
ってかぁ~!!なんてかぁ~!!
ものすご納得。いいこと言うわい。
ペネロペの父ちゃん役のじいちゃんが言いよった。
忘れんばい。

虫の六/理想のマイホーム

awafukimushi.jpg

「自分の家が欲しいなぁ~」
って、誰でも一度は思った事があると思うんですけど、
30も半ばを過ぎると、立地条件から間取りや材質まで、
ますます具体的に想像するようになるってなもんですよ。
昆虫の中には、子供のくせに(っていう言い方は悪いけど)
理想の我が家を持っちょるヤツがおる!!
写真の泡は、昆虫DJのツバじゃないよ。
子供の頃は勝手に「アワムシ、アワムシ」って呼んでましたけど、
本当の名前は「アワフキムシ」。ほとんど同じ。
本当にツバみたいなので英語では「カッコウのツバ」と呼ぶそうな。
成虫になると、かなり地味~な目立た~んヤツになりますが、
子供の頃は泡の家のおかげでよく目につく。
つっても、さすがに天神のど真ん中とかでは見ないですなー。
草がボウボウ生えてる山道とか、ズラズラっと集合住宅になってる事があります。
ちょうど、今が旬です。写真は一週間前に撮りました。

泡をつっつくと、中から「なんじゃおりゃぁ~!!」とおらびながら、
小さいヤツが時には二匹とか慌てふためいて出てきよる。
写真にもチラと写っているのがお分かりいただけようか?
この泡の家、材料はなんとツバやなくてオシッコやし。
アワフキムシはセミとかヨコバイとかの親戚で、
植物に「チュウ」とストローのような口を差し込んで汁を吸って暮らしておる。
で、「ジョー」と出たヤツを泡立てて中に隠れている訳であるが、
この泡は壊れにくいわ外から入れんわで、外敵から身を守ってくれる上、
なんと雨が降っても流れないという優れもの。
完全なリサイクルで耐震強度も問題なしの完璧な家を造る子供の虫に、
Oh!脱帽!!間借りさせてくれ~!!

2006年5月26日 (金)

虫の五/虫虫しますねー。vol.2

kaburahabachi.jpg


散歩の途中であぜ道の菜っ葉にまっくろくろすけ発見。
「おめぇ、黒いな!!」と余計なお世話で激写。
チョウの幼虫かと思いきや、カブラハバチというハバチ(葉蜂)の幼虫だった。
ハチって言ったら、ミツバチやスズメバチみたいに、巣を作って家族で暮らすイメージが強いけど、
ハバチみたいに幼虫が自力で葉っぱ食べて育つ仲間もおる。
葉っぱ食べるから葉蜂。分かりやすか。

チョウやガの仲間(鱗翅目・りんしもく=翅に鱗みたいな粉がついてる仲間)と
ハバチの仲間(膜翅目・まくしもく=翅が膜々しい仲間)の幼虫は、
一見似たようなイモムシだけど、足の数を数えたら見分けがつくよ!
胸に3対(大人になっても残る本当の足)とお腹に4対+ケツに1対だったら
ほぼチョウやガの仲間と思って大丈夫。それより少ない事もあるよ。
ハバチの幼虫は、お腹の足が7対とかあるから、すぐ分かるよ。
数える前から「多っっ!!」ってなるけん。
お腹の足は「腹脚(ふくきゃく)」と言って、葉っぱなんかにしっかりつかまるためのなんか吸盤みたいな足。
それでも念のため葉っぱから滑り落ちんように、口から糸を吐いて足場を作るよ。
子供なのにすごいね。

2006年5月25日 (木)

虫の四/N鉄の車窓からvol.1

kagero.jpg

こないだ、朝の通勤電車に乗り込み、座席に座った瞬間に
向かいの席の窓枠のとこに「虫の息」の気配!
「なんかおる!」と思わずつぶやき、ダッシュで奪取。
席を移動する1秒の間に「カゲロウかな!!」と期待。
案の定それはそれは美しいカゲロウの仲間が一頭。
とにかく奇麗。
そんなに混んでなかったけど、他の乗客の目をものともせず激写。
携帯って便利。
カゲロウは窓の向こうに流れる景色を、儚げに眺めておりました。
どこで降りたいのか分からなかったけど、S木原の駅で途中下車してもらいました。
N鉄電車の中では、本当にいろんな虫に出会える。
さすがに五月はカゲロウ率が高く、英語で「may fly(五月に飛ぶ虫)」と言うだけあるなぁ、と一人ご満悦。
カゲロウは、とても原始的な昆虫と言われていて、幼虫時代を
水中で過ごした後、羽化して「亜成虫」という幼虫と成虫の間のステージを経て、
もう一度羽化をして成虫になります。
こんなことする昆虫は他にいないんじゃないのかな。
ちなみに、亜成虫から成虫へ羽化するところを、私はN鉄電車の中で観ました。
N鉄電車は走る虫カゴやな。

2006年5月22日 (月)

虫の三/虫虫しますねー。vol.1

maimaiga.jpg

マンガの毛虫みたいなマイマイガの幼虫。
隣に脱皮した毛皮が無造作に投げ捨ててある。

なかなかのワイルドボーイだ。
脱いだらたたみなさいって言ったろうが!!

虫の二/今日の散歩

いきなり二回目で虫の話からそれて恐縮ですが、
仕事から帰って、愛犬カイ君といつものように散歩に出掛け、
いつもの道をテクテク歩いておりましたら、
道の真ん中に子猫が死んでいました。
「うぁっ”」
と思って、一瞬通り過ぎたのですが、もう1人の昆虫DJが速攻で
「いや、それはないやろ!!」と突っ込んで来たので、
考えるより先に引き返し、しゃがんで子猫の首をつまみ、
道路脇の草むらにそっと寝かせました。
なぜか「すまん。」と謝ってしまいました。
眠ってるようで、かわいいまんまの子猫でしたが、
鳥に突っつかれたみたいで、胸に大きな穴が開いていました。
この子猫は、自分が生きている事も死んでしまった事も、
何も知らないまま命を終えてしまったかもしれないなぁ、と思いました。
生き物は生きているから素晴らしいのですが、
自分が生きているって事を知る事もまた、生きて行く上での素晴らしい一歩なのかもしれないなぁ、
と思いました。

2006年5月21日 (日)

虫の一/虫の息

こんにちは。昆虫DJです。
天神を語るはずのブログで、虫を語ろうとしている昆虫DJです。
このブログを愛読していただき、今後「昆虫OL」や「昆虫HOST」
など、様々な昆虫熱中者が増殖してくれれば、と願ってやみません。

タイトルの「虫の息」。

普通は「死にかけ」みたいなイメージの言葉として使われていると思うのですが、
そもそもなんで息も絶え絶え、みたいな状況を「虫の息」に例えたんでしょうね?
私の読みでは、その昔誰かが気づいたんだろうな、と思います。
「虫って息してなくない?」って。
それでも生きているので、きっとヒトには分からない程か細い呼吸なんだろうな、
って思ったヒトが、「虫の息」という言葉を生み出したんじゃないのかな。

虫も呼吸はしよるらしか。
ヒトみたいに口や鼻で空気を吸ったり吐いたり、という形ではなく、
お腹にある「気門」と呼ばれる穴から空気を取り入れて、体の
隅々まで酸素を送りよるらしか。
お腹で息するって、どんな気持ちやろうか。
まさに腹式呼吸やな。

そんな訳で、あんまり小さくて普段見過ごしがちな世界を
ググっと拡大して観て行きたいと思っちょります。
せめて皆さんの暇つぶしになるぐらいのネタば仕入れてこないかんばいね。

今朝、オモシロ虫写真ば激写したけど、どうやってUPすればいいのか
まだ分からんとです。
ボチボチやっていきますけんがら、よろしくおたの申しまして候。

最近の写真

  • Img_3962
  • Img_3959
  • Fullsizerender_4
  • Img_3331_2
  • Img_3331
  • Fullsizerender_7
  • Img_3326
  • Fullsizerender_3
  • Fullsizerender_5