LOVE FM CLUBに入ろう!

  • LOVE FM CLUBとは?
    リクエストやメッセージの送信、LOVE FMのイベント、プレゼントなどすべての応募が1クリックでOK。CLUBメンバー限定のプレゼントも!希望される方にはLOVE FMの最新情報メールマガジン「LOVE FM MAGAZINE」を配信中です。
    ※入会費、年会費などはございません。

    >>LOVE FM CLUBへの登録はコチラから

サービスエリア

  • サービスエリア
    画像クリックで拡大
Powered by Six Apart

« 2006年7月 | メイン | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月28日 (月)

虫の三十二/人生是格闘技也

今日はご挨拶も説明もないよ。
たまにはこうして手を抜くよ。

jorogumosn330314_0001_0001.jpg
「横取りせんでよぉーーーーっ!!」
と、声のした方を振り向くと、
そこには網にかかった一匹のバッタを奪い合う
ジョロウグモが二匹。
左はメスの幼体だけど、右はオスなのか?
いやぁ、虫ちゃんはそうは思わねぇ。
根拠より直感勝負。

あ、うっかりコメント書き過ぎた。
では股。

ドロン。

2006年8月26日 (土)

虫の三十一/迷子になりがちな貴方へ。

空が遠くなったなぁー。。
どうも、虫ちゃんです。

前回、アオバセセリを街中で激写する事に成功した虫ちゃんですが、
今回、さらにでかしました。
「奇跡やーーーーん!!」って、思わず叫びました。

近づこうと思っても、あと30センチ!ってとこで
「はぁ~んみよぉ~~~~~ん」っと飛び去ってしまう。
甲虫のくせに、ハエ並みに飛び立つのが速いったい!
そう!「斑点のある猫」と書いて「斑猫(ハンミョウ)」に
こんなに近づく事が出来ました!

hanmyosn330312_0001_0001.jpg


って、書いても、「それが何?」っていうリアクションの方が
多いのは分かっとる。言うな。


甲虫目ハンミョウ科のハンミョウ。
幼虫は地面の穴の中で待ち構え、
成虫はフワリフワリと何メートルかおきに飛び回って狩りをする、
そう、ズバリ肉食でしょう。
英語では「Tiger beetle」。
ネコよりかは強そうになっとる。
いずれにしても、狩りをする姿からの命名やろうね。
それにしても、めっさめさきれいやし。

「でもハンミョウって毒があろう?」とお嘆きのアナタ。
こっちのハンミョウは無毒です。もっと言えば無実です。
そっちのハンミョウはマメハンミョウといって、
全く違う仲間です。名前が似とるだけです。
マメハンミョウは触ると火傷したみたいになります。
デンジャラスです。


有名な話。
先述の通り、近づくと飛び立って何メートルか先に着地。
また近づくと飛び立って何メートルか先に着地。
林の縁でそんな飛び方をするので、
「まるで道案内してくれてるみたいね!」ってことで
「ミチオシエ」とか「ミチシルベ」とも呼ばれます。
確かにそんな気になります。
そんなアイツに、こんなに近づけて写真まで撮れたのは
生まれて初めてなんじゃぁーーーーーーーっ!!
(被写体とカメラとの距離、わずか10センチ未満)


よく道に迷うアナタにお勧めしたい一匹どすえ。

2006年8月25日 (金)

虫の三十/虫虫しますねー。vol.7

あんまり虫虫しなくなってきた今日この頃、
皆様いかがお過ごしなんですか。
虫ちゃんです。

「虫の息」を書き始めて以来、ついにこの日がやって参りました。

「天神に虫なんているんですかぁ~?」

大物の登場です。
はい、ドーン!!

aobaseserisn330310_0001_0001.jpg
あれ?あんまりリアクションない?
「ただのガやんけ!!」
という声が聞こえてきそうだなぁ。
ガじゃないっつの。

今日の主役は「アオバセセリ」。
セセリチョウという、翅の形がチョウにしては
ちょっと変わってる仲間です。
翅を閉じると三角定規みたいな感じで、
殆どの種類が茶色っぽくて毛深いので、
ガに間違われることが多いみたいダニ。
(ガとチョウって同じ仲間やけどね。ガチョーン)


アオバセセリ、写真じゃ分からんかもしれんけど、
深みどり色で軽くメタリックな感じに見える。
めっさきれい。
本来林の縁辺りで見かけるはずのチョウを
天神のど真ん中、ソラリアの裏口(ライオン広場前)で
見つけてしまったダニ。
でも、ご覧の通り、息絶える寸前でした。
体はボロボロやったダニ。
もしかしたら台風10号で飛ばされてきたのかもね。


アオバセセリの面白いところは
幼虫時代の頭のイチゴ模様が、成虫になると
後翅の末端にきれいにコピーされてることだと
虫ちゃんは思うんダニ。
(お腹側から見ると、めちゃめちゃイチゴやけん安心してくれ)

なんでー?

頭の模様がなんで翅に出るとー?
誰かテルミー。プリーズ。

人の出入りの多い場所で、危うく完全に踏みつぶされそうになっていた。
みんなも足下には気をつけてね。

2006年8月18日 (金)

虫の二十九/虫虫しますねー。vol.6

台風ですねー。
お祭り気分で台風を満喫出来てた子供の頃が懐かしい、
どうも虫ちゃんです。
今日の主役は、先日山の中で出会った黄金仮面、
「イチモンジカメノコハムシ」ちゃんです。

見て見てー。
甲虫なのに、翅が透明やろう?きれいかろう?
ichimonjikamenokohamushi060714.jpg
横から見たら下半分が見事に平ぺったくて、
これ、今、私の手のひらに吸い付くようにヘバリ着いとるところ。
必死でディフェンス中。なんもせんって言いよろうが!
引っ張っても「ふにゅにゅ~」って踏ん張って、
なかなかはがれんとよ。
思わず「かわいいったい!」と怒鳴ってしまうよ。


ハムシ=葉虫。
幼虫も成虫も葉っぱを食べます。
体は1センチメートルジャーニー前後と小さい仲間やけど、
とにかく美麗種が多くて、
虫ちゃん的にも見つけるとコーフンします。


このカメノコハムシちゃんには他にも似たような仲間がいて、
透明な翅に金箔を貼った様なイデタチから
「新種やない?!」
とかいってニュースに登場したりする事もあるけど、
例えば良く似たジンガサハムシなら、ヒルガオの葉を食べるので
探してみれば、意外とあっさり見つかるかもよ?
みんな大体葉っぱの裏におるけん、目につかんだけかもよ?


こんなして必死にヘバリ着いたハムシちゃんを
いかにして剥がすか。
そりはね、何にもしないでひたすら待つ事だよ。
そうすっと
「あれ?もうデージョーブなん?」って
みょこっと体を持ち上げるよ。
愛らしろうが。

ちなみにですね、ハムシの仲間をはじめ、
葉っぱの上にいる虫たちを捕まえる時は
そ~っとそ~とやらないと
すぐに「コンコロリ~ン」っと転げ落ちてしまいます。
本人は「逃走」しているつもりらしいです。
では、よろしく。

2006年8月13日 (日)

虫の二十八/ぶらぶら虫

宇治金時はうまいですか?
今日はウジはウジでも氏神さまのお話です。
ウジムシの話じゃなくて申し訳ない、どうも虫ちゃんです。

虫ちゃんの一番好きな場所、それは近所のお宮さんです。
氏神様が祀ってあります。
なんでそこが好きかって言うと、ものめっちゃ落ち着くからです。
大きな楠のお陰で夏でも涼しいし、虫もいっぱいおる。
たくさんの思い出もあります。
子供の頃、子供会のキャンプの日に大雨が降って、
キャンプ場が危険であると言う理由で
場所がお宮さんに変更になりました。
お社の中に蚊帳を吊って、子供全員で泊めてもらい、
境内の中で飯ごう炊いたりもしました。
散歩の時も、バテたら必ずここで休ませてもらいました。
まったく、寛大な神様です。


そもそも氏神様とはどなたでしょうか。
Yahoo!の辞書で検索すると、以下のような。


1 神として祭られた氏族の先祖。藤原氏の天児屋命(あまのこやねのみこと)、斎部(いんべ)氏の天太玉命(あまのふとだまのみこと)など。

2 その氏族にゆかりのある神。また、その神を祭った神社。平氏の厳島(いつくしま)明神、源氏の八幡宮など。

3 住んでいる土地の人々を守護する神。産土神(うぶすながみ)。鎮守の神と同一視されることが多い。


私の好きな氏神さんは「3」に該当する訳で、
その神様を祀る人々を「氏子」と呼ぶ訳ね。
私は是非氏子になりたい、と思常々思っており、
今日は朝からお宮掃除に参加しましたんだわ。

omiyasan.jpg
裸で頑張る父虫。

父虫が「氏子の会」ちゅう楽しげな事をやっており、
こないだも旧暦の七夕祭りじゃ、言うて
またみんなで酒盛りしよりました。
「氏子の会」に入るかは別として、
月に二回のお掃除には、これからも参加しようと思いよります。
ここでは最年少、若手のホープ!になるはずです。


お社の壁にかわいこちゃんがおったよ。
kanokoga.jpg
カノコガっちゅうガで、幼虫はタンポポの葉を食べる。
しかも、どうも葉っぱの脈を噛み切って
わざわざ枯らして食べるとか。グルメやのぅ。

神様にもイロイロおるけど、自然神はおると思う。
山やら川やら風やらに。
ここの神様は、多分、
酒好きでジョークの通じるじいちゃんだろう、と
勝手に思い込み親しんでいる虫ちゃんなのであります。

2006年8月10日 (木)

虫の二十七/カマってくれなきゃグレちゃうぞ。

虫暑い
    ああ、虫暑い
          虫暑い

どうも、虫ちゃんです。
本日の出演者は世界中で
「拝み虫」
と呼ばれる、昆虫界のプレデターことカマキリ選手です。
なんで「拝み虫」かってーと、カマえる時に
カマを揃えて縦に振ったりする様子が
なんか拝んでるみたいだからだ。
その先もっとしちこくすると、カマを「シャッ!」と開いて
付け根にある模様とかを見せびらかして威嚇します。
そったらことされても、オラ怖くねぇぞ。

kamakiri060722_142201.jpg
「なんじゃ、オマエ。上から見んなや。」の図

きれいな体色です。
画面では分かりづらいかと思いますが、
キミドリとピンクがやわらかくブレンドされた、
優しい色のカマキリ選手、
翅がまだ生えていないところを見ますと、
オリンピック選手と言うよりは
ユニバーシアード選手ですね。

P080810_01
「オマエ、マジでしゃあしい(※1)」の図

お~っと!移動ですか?移動するんですか?
ちなみに、得意はやっぱり蟷螂拳(とうろうけん)ですか?
いわゆるカマキリ拳法ですか??
お願いします!あと一言だけ!

P080810_02
「見て分からんヤツは聞いても分からんのじゃ!!」

出た~!出ました~!!さすがのカマえです!!!
幼いながら、見事にカマっております!!
馬鹿馬鹿しいと思うなよ!
やってる本人大マジメ!!ってか~~~~~!!

カマキリは図鑑でもG様(※2)と一緒に載っていることがある。
ページ数の少ない子供向け図鑑なんかじゃ
同じページに載ってたりする。
どっちか言うと、近からず遠からずの仲らしい。
コカマ、オオカマ、ハラビロなど、カマキリにもイロイロおる。
脱皮でサイズアップしていき、最後の脱皮で翅が生えて成虫になる。
蛹(さなぎ)にはならない「不完全変態」だ。

これから秋にかけて、もっとよく見かけるようになる。
その時また、せまってみようか。どうか。もういいのか。

※1=「うざい」の博多弁。「うざい」の他に「面倒くさい」という意味も含む。真顔で言われると凹む、危険な言葉。

※2=虫ちゃん的ゴキブリの呼称。単なる頭文字。

2006年8月 6日 (日)

虫の二十六/虫の穴教えます vol.2

八月に入っとるやんけー!!
どうも、虫ちゃんです。
ちょっと油断すると、あっ!!っと言うまに時は過ぎ。

「夏休み、どっか連れてってやぁ~!!」
と、お子さんや恋人にせがまれながらも
人ごみと暑さに勝つ気のしないアナタへ、
虫ちゃんからのお中元。

taiwanoousubakamikiri060721_154201.jpg
デカっ!!!
デカデカっっ!!
行ってくればいいやん。見に行ってくればいいやん。
こんなデッカいカミキリムシ、なかなか見れんやん。
「タイワンオオウスバカミキリ」とか
一生口にする名前じゃないかもしれんやん。

福岡県青少年科学館。
宇宙の不思議、物理のフシギ、
なんか、この世の不思議を学べる場所やろ。
久留米にあるんやんねぇ。
http://www.science.pref.fukuoka.jp/
~ここで見てね。

そこで今
「なるほど虫むし発見!~それ行け!昆虫王国の大冒険~」
っていうのが9月3日までありよる。
まぁ、チビッコの間でムシがキングな昨今、
生きてる展示はカブト系がメイン。
ほとんど標本。
その標本も、ハエの仲間とかハムシの仲間とか、
虫ちゃん好みのムシちゃんは見られません。
しかし、一般的に見れば「じゅうぶんマニアックやん!」
っていう虫標本が所狭しと並んでおりマッスル。
バイオリンムシもおるでね。

大人400円やけん。大人なら払えるやろ。
メタリックな色の翅のチョウとか
「超キレイなチョウ~!」とか言って
彼女が喜ぶんじゃねぇの!!


060721_155901.jpg
中庭には大きな網張りの小屋があって、中に入れるし
チョウがおる。
って言うか、チョウがおって、中に入れる。
「ニンゲンも入れる虫カゴ」って感じやな。

最初に言ったけど、
暑さと人ごみの苦手な人にはオススメのスポットです。
チビッコが走り回りよるかもしれんけど、
虫コーナーに「行列」はないと思うなー。
プラネタリウムもあるでね。(こっちがメインやろ。)

最近の写真

  • Img_3962
  • Img_3959
  • Fullsizerender_4
  • Img_3331_2
  • Img_3331
  • Fullsizerender_7
  • Img_3326
  • Fullsizerender_3
  • Fullsizerender_5
  • Hyoumoncho060714
  • Img_1983
  • Img_1981