LOVE FM CLUBに入ろう!

  • LOVE FM CLUBとは?
    リクエストやメッセージの送信、LOVE FMのイベント、プレゼントなどすべての応募が1クリックでOK。CLUBメンバー限定のプレゼントも!希望される方にはLOVE FMの最新情報メールマガジン「LOVE FM MAGAZINE」を配信中です。
    ※入会費、年会費などはございません。

    >>LOVE FM CLUBへの登録はコチラから

サービスエリア

  • サービスエリア
    画像クリックで拡大
Powered by Six Apart

« 2006年8月 | メイン | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月29日 (金)

虫の四十六/シルエットロマンスクイズ

♪誰だっ 誰だっ
kutsuwamusisn330413_0001_0001.jpg

♪オレだぁーっ!!!
Kutsuwamushiasn330414_0001_0001

どうも、クツワムシちゃんです。
♪ガッチャガッチャ歌っているところを
うっかり虫ちゃんに見つかり、激写されました。
マブシイっつーの。

しばらく前から虫ちゃんちの庭で歌っていたのはオレちゃんだ。
虫ちゃんが言うには、オレちゃんの声は
遠くから聞くとガッチャガッチャ言いよるけど
近くで聞くと「ピョロピョロ♪」って
カワイイ音も混じっとるらしいよ。

誰がG様似ってか。
どっちかっつーと、枯れ葉に似とるやろうが。
しかし、もうそろそろお別れの時季やなぁ。
みんな、さようなら。
来年はオレちゃんのジュニアが
ガチャピョロ演るんで、ひとつよろしく。

2006年9月27日 (水)

虫の四十五/ピンコピンコの旅

寒。む、む、虫!虫、虫、、どうも、虫ちゃんです。
半袖じゃちょっと肌寒い朝夕ですね。
それでも子供達は裸で頑張っています。
もちろん虫の子供です。
今日はピンコピンコことセスジススメの幼虫をご紹介。


なんか来た。
pinko1sn330377_0001_0001.jpg


ピンコピンコだ!!
pinko4sn330378_0001_0001.jpg


どこがピンコピンコかって?

pinko2sn330375_0001.jpg
ピンコ、、
pinko3sn330376_0001.jpg
ピンコ、
pinko2sn330375_0001.jpg
ピンコ、、
pinko3sn330376_0001.jpg
ピンコ。

ね?
アンテナみたいな尻尾(尾角)が前後にピンコピンコ揺れるので。
これはセスジスズメの1齢か2齢幼虫。
この後どんどんデカクなって、最後はオッソロしい色形の幼虫になる。
それでもピンコピンコはやめられない。
以前、道ばたで見つけたピンコピンコを携帯の動画で撮って
「ダックスフント。」って言って友達に見せたら
疑いもせず見終わってくれた。
って、そこまでデカクなるもんか。
なんとなく動きが似てるんだな。

ピンコピンコはサトイモ科の植物の葉っぱが大好き。
庭のカラーとか、結構食べられてるかもね。

2006年9月26日 (火)

虫の四十四/コロボックル伝説

ムシ!おら虫ちゃん!
おとといの夜、お座敷の電気をつけたら 背後で
「ポトッ」
と、いかにも小さな生き物が落下して腹打ちしたような音が。
「さてはコロボックル、ついに来たな!!」
と振り返ると、そこには超×100かわいい侵入者が。


tenchansn330406_0001_0001.jpg


かわいいのー。
畳の目で大きさ分かるのに、しつこく自分の指まで写してみた。
コヤツは頭に黒い点があるので「テンちゃん」に決定。
つぶれそうで怖いので、なかなか鷲掴みにも出来ず
お外に出すのに手こずるサイズなんじゃ。

テンちゃんにかかるストレスを最小限に抑えるためには
なるだけ素手を使わず、
封筒の中に追い込んだりする方がいいみたい。
尻尾の方を刺激すると、自ずと前進するからね。
一回封筒に入ると外に出しておいても翌日まだ中におったりする。
安心するんかのー。

とかなんとか言って、
あんまりかわいいのでまずは素手で捕まえる訳ですが、
もう「餌付け出来んかなー」とか本気で思う。

福岡ではヤモリのことを「カベチョロ」って呼ぶけど、
みんなのお家ではなんて呼ぶかな?

本当はカベチョロの皮をかぶったコロボックルやったっちゃないかいな。
とか、36歳の女が言ったらいかんとかいな。
いいくさ。ありがとう。

2006年9月25日 (月)

虫の四十三/抜け殻になっても

♪♪このぉ~木なんの木、クリッ!!
どうも、虫ちゃんです。

道草を食っていると草の上に真っ白なバッタを発見。
Tonosamabattakarasn330352_0001

よく見ると、死んでいる。
なんだー、死んでんのかー、んんん???
抜け殻やんけーーーーっ!!
すごい!こんな完全な抜け殻なんて初めて!
谷の人たちが喜ぶわ!
ってなもんですよ。
もっといいカメラで写してご覧いただきたかったわー。
毛の一本一本まできれいに脱皮するんじゃねー。
トノサマバッタかいな。バッタは得意じゃなくてごめんね。
翅もちゃんと脱いどった。
フィルムケースに綿入れてとっとるっちゃん。

虫は死んどっても面白い、って常々思いよったけど、
これは死骸でもないし、それでも面白いし、
虫ってやっぱすげ~。

2006年9月24日 (日)

虫の四十二/道草食ってけ。vol.6(※R指定)

モード!虫ちゃんです。
今日は思い切ってセクシーネタに挑むから
鼻の下を伸ばしてついて来るがよい!


シリかと思ったら
shiriimosn330384_0001_0001.jpg


チチやった。
titiimosn330385_0001_0001.jpg


ジャガイモのくせにセクシーな!!

2006年9月23日 (土)

虫の四十一/足したら足何本!!

どうも、ちょっとぶり、いや、ちょっとどんぶり!
虫ちゃんです。
台風怖かったね。え?話題古過ぎですか?
そんなに急いでどこへ行く。
そう、そこの君!
人の家の畳の上を、そんなに急いでどこへ行く!?
mukadesn330404_0001_0001.jpg
「どけどけ~いっ!!」


アオズムカデの子供かなぁ~?
aozumukadesn330405_0001_0001.jpg
トビズムカデはその名の通り頭が赤いとよね。
今年何匹目かなぁ。
なんかやたら出没するムカデーヌ。

そして、台風の去った庭を探検していると大物発見!
心臓の弱い人や足フェチじゃない人は
こっから先閲覧禁止!!
おっちゃん本気だよ!

gejibacksn330411_0001_0001.jpg
ハイ!ゲジゲジ!!本名オオゲジ!!
山の中で見るヤツぐらいデカかった。
クモの巣に引っかかって死んどった。
宙に浮いとるように見えるやろ?
きれいな~。


gejisn330410_0001_0001.jpg
こっちがお腹側。
顔が怒っとるみたいで怖~い。
クモの巣にひっかかった己の不覚に怒り心頭といったところか。
ゲジは咬まんし毒もないよ。誤解はよくないよ。
敵に襲われると足を自切してスタコラサッサと逃げるらしい。
そして、残された足は「キチキチキチ」と音を出すらしい。
そら驚くわい。


これ見つけた前の日に、これまた家の畳の上を
猛烈ダッシュするヤツがおるけん誰かなー?と思ったら
ゲジの子供やった。
体長わずか1センチメートルジャーニー!!
どんだけかわいかったかは筆舌に尽くし難いね。

畳の上で体の色が目立ちすぎるのを気にしていたのか
ものすご慌てて走りよったけど、
畳のヘリの焦げ茶色のとこまで来たら
「ピタッ」と止まりおった。
確かにどこにおるか分かりづらい。
安心したところをケツを叩いてまた走らせてしまった。
子供をいじめてごめんなさい。

2006年9月15日 (金)

虫の四十/ぶらぶら虫2

コムシ・デ・ドーモ、虫ちゃんです。

今日は先日「ぶらぶらむし」で書いたお宮の話其の二でごあす。
お宮さんに面白い木が植えられているのを発見。
nagi2sn330346_0001_0001.jpg
何が面白いって、木の葉っぱの葉脈がまっすぐなの、
初めて見たっちゃもん。
ね?まっすぐやろ?
普通木の葉っぱの葉脈って、ほとんどが血管みたいに
枝分かれしとるじゃろが?

これはナギの木と言って、春日大社などでご神木として
大切にされているらしい。
な~んでか?
葉っぱを引っ張っても簡単にはちぎれないことから
「縁結び」のご利益があるとか言われてるそうだ。

nagi-yubisn330347_0001_0001.jpg
うそ~ん、簡単にちぎれるや~ん。

nagi-misn330345_0001_0001.jpg
これが実。
「熟したらうまそうだ」
と言ったら、熟してないけど近所のおじちゃんが食べてみてくれた。
(※「食べてみて?」って頼んだ訳じゃないよ。念のため)
納豆みたいにネバネバしていて、ちっとも美味しくないそうだ。

こないだ雨の日に掃除に行ったら、大人の氏子が誰も来ていない。
かと言って子供の氏子は最初からいない。
これは神様に誉められる大チャンス!!
「一人でやったるで~!!」と張り切ってホウキを持つも
30分でレレレのレからヘロヘロのヘに。
そこへ一人の氏子おじさん登場。
待ってました~!!ありがとさんきゅ~!!

semitokarehasn330342_0001.jpg
落ち葉の中にアブラゼミの翅発見。
夏よさらば、また逢う日まで。

2006年9月13日 (水)

虫の三十九/自販機前展覧会2006最終章

りーりーりりーりーりーりりーりー♪
あれ?マツムシ?
いや、アオマツムシ。ちゃんです。

今年の夏も自販機前は賑やかじゃったなー。
多分最後の自販機前ネタですよ。

これだぁ~れじゃっ!
aomatsumushisn330350_0001_0001.jpg
ヒント:コオロギの仲間で、昔は日本におらんかった。
木の上で生活しているが、ハックル・ベリーフィンではない。
惑星を征服しに来た悪い怪獣でもない。


正解はコチラ!ジャン!!
aomatsumushi2sn330349_0001_0001.jpg
今日最初に自己紹介しとったやろー?
どうも、アオマツムシちゃんです。
木の上で「リーッ♪   リーッ♪   リーッ♪」って聴こえるやろ?
メスは翅が茶色くないよ。
道路におった。
踏まれんなよ。

2006年9月11日 (月)

虫の三十八/道草食ってけ。vol.5

格闘技の試合の実況席に女はいらなくねぇ?
ラウンドガールだけでよくねぇ?
どうも虫ちゃんです。

最近あちこちでこの花を見かけるけど、
みんなはどうかな?
お花屋さんで売られててもおかしくないような
かわいらしい花じゃろが。
nirahanamugurisn330338_0001_0001.jpg
これ、実はニラの花なんじゃ、って言われたらどうする?
どうする??

原産地は東アジアとされ、古く中国から渡来。
ユリ科のネギ属、まぎれもないニラだっちゃ。
「かわいかぁ~」言うて摘んで来て飾ってもいいけど、
めっさニラ臭くなるし、オススメはせんし。

niraseserisn330339_0001_0001.jpg
花の向こうに小さい顔が見えよ?
セセリチョウの仲間やね。かわいいね。
上の写真はアオハナムグリ達。
名前の通りの行動をまざまざと見せつけられたよ。
花にむぐっとるよ。

虫もかわいいけど、今回は花が主役。
文句あっか。ないか。ありがとう。

2006年9月 7日 (木)

虫の三十七/スズメガの巻

あれ?マツムシが鳴いている!虫ちゃんです。
夏も背中を見せて次の街へ。
夏と言えばスズメガ。
そうだ!スズメガの紹介をせずに夏は終われねい!
日本産のガの中でも比較的大型のガです。
とにかく、飛べば速いし止まればカッコイイし、
向かって来られたら、絶対みんな悲鳴あげると思うし。


まずはコスズメガ。
kosuzumesn330315_0001_0001.jpg
どこが小さいんじゃ!って、見た人は思うでしょうよ。
赤ちゃんの手のひらぐらいはあるでね。
これがスズメガの基本の型です。
カッコイイだろ!


次はクチバスズメ。
kudhibasuzumesn330260.jpg
「朽ち葉」って意味やろうね。
コスズメガより大きいよ。
これメスやないかいなー、と思いながら激写。
だって地面にとまってお尻あげとったけん。
尻からオスを誘うフェロモンまき散らしてんじゃねえの?
って思いながら撮ったけん。

そして、もう最後やけどクロメンガタスズメ。
kuromengatasuzume060904_190301.jpg
つっても、写真撮れんかったけん描いてみた。
ヘタいけど「面型」やろう?
背中に本当にドクロベエ様がおる。
ルチャリブレ、と言えなくもない。
アブラゼミみたいな色合いやけん、最初はセミと思った。
でもよく見たらメンガタスズメやったけん大興奮。
「羊たちの沈黙」のポスターになっとったろ?

スズメガの仲間はホバリングしながら花の蜜を吸うよ。
メンガタスズメは手っ取り早く、ミツバチの巣に忍び込んで
ハチミツをかっぱらうらしいよ。
そして失敗してフクロにあうヤツもおるらしい。
チャレンジャーやなぁ。


数年前グアム島に行ったとき、プールで溺れよるでっけえ
スズメガをレスキューしたことがある。
日本のスズメガとは比較にならねえ大きさだ。
最初は水面をバタバタしよったけど、
何を血迷ったか水に潜ったので
一緒に潜って見たら、水中を飛ぶように泳いでいた。
でもやっぱり溺れていたのですくいあげて
プールサイドにそっと置いたら
「もーーーーーーーーーーっ!!!!!」って言いながら
速攻で飛んでいったとさ。
水陸両用やな。いや、溺れるってことは両用ではないな。

幼虫はこれまたバカでかくなる。
おケツに「尾角(びかく)」と呼ばれる角があるのが
スズメガの幼虫の大きな特徴やね。
もっともっといろんなスズメガがおるけど、
翅が透明のヤツとかもおるけど、
また撮れたらね。
見つけたらうっとりする虫の代表たい。

最近の写真

  • Hyoumoncho060714
  • Img_1983
  • Img_1981
  • Tsumaguroimgp0286
  • Tsumaguro091005_17490001
  • Tsumaguro090619_09300001
  • Tsumaguro080327_16080001
  • Img_1944
  • Img_1945
  • Mutsubaseibou3
  • Mutsubaseibou2
  • Img_0268