LOVE FM CLUBに入ろう!

  • LOVE FM CLUBとは?
    リクエストやメッセージの送信、LOVE FMのイベント、プレゼントなどすべての応募が1クリックでOK。CLUBメンバー限定のプレゼントも!希望される方にはLOVE FMの最新情報メールマガジン「LOVE FM MAGAZINE」を配信中です。
    ※入会費、年会費などはございません。

    >>LOVE FM CLUBへの登録はコチラから

サービスエリア

  • サービスエリア
    画像クリックで拡大
Powered by Six Apart

« 2007年1月 | メイン | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月28日 (水)

余談虫

今日トシちゃんの誕生日やなーい?
え?
田原俊彦に決まっておろうが。

2007年2月27日 (火)

虫の百六十一/目覚める。

「おはよう。」
これは虫ちゃんが一番好きな日本語でぃす。
あ、どうも虫ちゃんです。

来たね。ついに来たよ。
何が?って、春に決まっておるだろう。
夜になってちょっと外に出てみたら
「プ~~~ン」
と、虫ちゃんの鼻に届いたね!!
土の匂いが!!!

この瞬間を虫ちゃん的には

「土が目を覚ました」

と言っておったのだが、
実際の所、春先に薫る土の匂いは
土の中の微生物(主に菌類)が活動を始めて、
有機物を分解している時のニオイらしいじゃないか!!

正確には「菌類が目を覚ました」
って事になるのかもしれんが、
全部まとめて「土」でよかろうや!

クイズ!!
これ何!!
dokudami070222_112402_0001.jpg
正解したアナタは、
虫ちゃんならぬ「草ちゃん」やね。

答えはドクダミの芽!小っちゃい芽!!
露がたまって瑞々しいこと!!

春じゃ!春じゃ~~~!!!

2007年2月26日 (月)

虫の百六十/春のバッハ

なまむぎなまごめなまたまご、
生で食べられるのはどれ?
やる気を出せば全部!!
正解!!!
虫ちゃんです。


こないだの森シリーズがまだまだ続くよ。
クレソンと間違えた花。
↓  ↓  ↓
070222_150702.jpg
正解は
オオタネツケバナ。アブラナ科の植物だよ。
「大種付花」やね。
「大きな種をつける」、って意味じゃなくて
「タネツケバナの大きい感じのヤツ」って意味やね。

そういう名前、多い。
例えばあの「オオイヌノフグリ」ちゃんも
「大きな犬のおキンタマ」っていう意味じゃなくて
「イヌフグリの大きい感じのヤツ」って意味。
ってことは、イヌフグリって言う花がある訳。
さあ、ネットで調べてみよう!

虫様でも
「オオオバボタル」と「オバボタル」がおるよね。

だけど「オオバコ」は
「バコの大きい感じのヤツ」って意味じゃないから
気をつけよう。
大体バコって何?って話やん?


070222_150701_0001.jpg

花の向こうには小川が流れているよ。
ドイツ語だかなんだかで
小川の事を「バッハ」と言うらしいじゃないか。
なんだ、ヨハン・セバスチャン・バッハは
小川ヨハン・セバスチャンだったか。
小川さん、ちょっとうらやましいです。

2007年2月25日 (日)

虫の百五十九/ルーツ

「子供やけん分からんやろ」
とか、ナメてもらっちゃ困るよ、ダンナ。
虫ちゃんです。

子供の頃見た「クンタキンテ(「ルーツ」)」は
子供ながらに衝撃やったぞ。
意味は分からんでも善し悪しは分かるとぞ。

虫ちゃんは、自分のルーツがとても気になる。
つか、知りたがる。
虫様達を見ていると、
その脈々と受け継がれる生命力を
自分の中にも見いだしたくなる訳だ。
そしたら自分の代々ご先祖様方って???
って、思うやん?

それが先日、かなり大雑把に分かったげな。
父虫が探ってきたげな。
虫ちゃん達は今まで
「お百姓さんやろ。」
と思っていたのだが、そのもっと前の話。
なんとやねぇ、太宰府(つーか日本?)を
大陸からの襲撃から護ったソルジャーやったらしかばい。

はっは~ん。
虫ちゃんが意地でも太宰府に執着する訳が
これで分かったばい。
太宰府を護らねばならぬからだな!
そうでしょ!!そうなんでしょ!!
決して嫁に行かない言い訳ではないぞ。

なんかマユツバトークになってきたけん
話を戻すぞい。

虫ちゃんの指紋はキレイな同心円グルグル渦巻き。
ご先祖様の誰かもこんな渦巻きやったんかなぁ。

つながってきた命に有難うだ!!

実央ちゃん、10歳のお誕生日おめでとう!!
健康で楽しい一年になりますように!!

2007年2月24日 (土)

虫の百五十八/森のほとりで

むしにじゅうし!!
虫ちゃんです。

昨日出掛けた森のほとりで
070222_150901_0001.jpg
スギゴケの胞子嚢が
あんまり清々しく空を見上げていたので
パチリ。

割と高い木の枝にコケが落ち着いていたよ。
どうやって辿り着いたんだか。

※胞子嚢(ほうしのう=胞子が入ったカプセル)

2007年2月23日 (金)

虫の百五十七/本日はおヒガラも良く

小学生の時にケガした左足の親指の付け根かカユイ。
花粉症かなぁ。
虫ちゃんです。

久々に森に出掛けたら
股しても虫ちゃんの携帯では捉えられない
小さな大物に出会った。
070222_150301.jpg
おろ?
真ん中の上の方におろうが?
見えんってね?
そらしゃーない。すまんこってす。

「つがい」で梅の花をついばんでいらっしゃいました。
「ヒガラ」さん達です。
「シジュウカラ」っていう
「ツツピーッツツピーッ♪」って鳴く小鳥さんを知らん?
よく似ているのだが、ヒガラちゃんは胸の辺りが緋色なんじゃ。
きれいかったぞー。

きれいな写真はいつも通りヨン様、
じゃなくてヨソ様のHPをコピー&ペーでよろしく。

http://toritoring.exblog.jp/4775376/

ちなみにツツピーッ♪のシジュウカラはね
イモムシやらが大好きでね、
森で探して
「あ!イモムシおった!」
って見つけてもね、すぐに食べんでカラね、
「まだまだぁ~!!」言うてカラね、
イモムシが大きくなるまで待ってカラ
召し上がるらしいかばいやん。

我慢づえ~。
虫ちゃんみたいに腹ぺこ時にヤマンバ並みにカツレる者には
ちょっと雲の上の存在やわ。

2007年2月22日 (木)

虫の百五十六/ダレダ!

そ~れそれそれお祭りだぁ~♪
虫ちゃんです。

なんでお祭りか、っつーとやね
今朝玄関を出たらやね

「あらっ??!!誰ね?アンタ??!!」

って、思わず言ったとか言わなかったとか。

070222_112101.jpg
可愛いぞ!このクリクリ坊主め!!


070222_112002_0001.jpg
誰なんだろう?
去年まで、確かに虫ちゃん家に存在しなかったぞ。
水仙の仲間っぽいけど、ツボミがえらいタマネギっとろ?
咲くまでのお楽しみなん♪
咲いたら股知らせるけんがら!!

2007年2月21日 (水)

虫の百五十五/メジロチューニング

ジロジロ見てんじゃねぇよ!なんだ!メジロちゃんか!
虫ちゃんです。

「虫の百十七」でモズの話をした時に
一緒に紹介したメジロちゃん。
なんか、懐かしっとな話を思い出した。

070220_190301.jpg

写真がなくてごめんよ。

虫ちゃんが子供の頃、
冬の間1~2回、リビングのガラス窓に
モノスゴイ衝突音が響く事があった。
それはもう、ガラスが割れるかと思うような。

初めての時はリビングに居る者全員が飛び上がって驚き、
恐る恐るみんなでベランダの方へ近づいた訳。
したらくさ、アンタ、窓の下に転がっとろうもん。
メジロが。

なんでか知らんけど、メジロだけじゃなく
鳥がガラスに衝突する事は街中でも起こる。
ガラスに空が映り込んで、鳥が空が続いとると
思い込んでんじゃないかと思う。
全く気の毒な話だ。

最初の時は母虫も慌てていたなぁ。
結局、仕事中の父虫に電話で聞いたかどうか忘れたけど

「イチゴか何かを潰して飲ませるべし」

って事になって、実行した訳だ。
なんか小さな箱にタオル敷いてメジロちゃんをあっためてね。
気がついたメジロちゃんは、イチゴ汁を美味しそうに
飲んでいたような気がするよ。
そいで、元気に動けるようになったら
股お外に放してやってたなぁ。
一回も死んだ事なかった気がするけど。

でも、なんか虫ちゃんが大きくなるにつれて
冬のこの一大イベントはなくなってったなぁ。
そんな折、「メジロ捕まえたら捕まる」って聞いて
メジロが少なくなってる事を知ったよ。

最近虫ちゃん家の近くでは、メジロちゃんよく見かける。
ツバキの蜜とか吸ってるよ。
よかったよかった。

昔おじいちゃん虫がメジロを沢山飼育していて
出張に行くから、とおばあちゃん虫に世話を任せ
「必ず毎日水を取り替えるように」
と念を押してった。
そして、うっかり一日水の取り替えを忘れるおばあちゃん虫。
メジロ達、死んでしまったげな。
どんな繊細なチューニングだ。

2007年2月20日 (火)

虫の百五十四/ムシゴケ

てやんでぃばぁろめーたー!!
が、あったら、結構頻繁に針が振り切れているであろう
どうも、虫ちゃんです。

今日のお話「ムシゴケ」。

「どんなコケかしら?」

と、心躍るようなネーミングよね。
そして期待を裏切るね。
ドーーーン。


070219_095802.jpg
ケシゴムやんけ。

そう。消しゴム。
この消しゴムは虫ちゃんがラジオの仕事を始めてから
失くさんように、失くさんようにと気をつけて
使い続けてきたケシゴムちゃんです。

成長と共に体が小さくなる性質のため
もうカバーもブカブカで、ついにオサラバ。
もうすぐついに使いきっちゃうなー。

学生の頃は、ケシゴムの活躍率って
かなり高いけど、職場ではどう?
虫ちゃんの仕事では曲名を書き間違えた時ぐらいしか
活躍の場がないので、この大きさになるまで
10年かかったことになる。
シミ・ジミやなぁ。シミ・ジミヘンやなぁ。

子供の頃は「においつき!!」とか
「色付き透明!!」とか、見た目で選んだケシゴムも
「やっぱモノケシやろ」って実力で選ぶようになると
筆箱の中が地味ーになったもんだ。
地味ヘンやなぁ。しつこい。

ショーゲキは「ネリ消し」の登場かな。
みょ~んってのばして煙みたいにしたりね。
本格的に絵を学び始めると
子供の頃のほとんど「おもちゃ」だったネリ消しを
普通にホンイキで使う事があって
ちょっと妙な気持ちやったなー。

もしも「人生消しゴム」があって、
「思い出したくない思い出」を消せるとしたら?

「あっても消さない」

と言った知人に乾杯じゃコラ!!

2007年2月19日 (月)

虫の百五十三/昔の写真で出ています

ぴーちくぱーちくヒバリの子♪
どうも!ヒバリービルズから虫ちゃんがお届けします!

もう、本当にスカシッペも出んぐらいネタがねえ!!
いでよ虫様~!!
昔撮った写真でもいいか!!
rurihamusi030621_1634001.jpg
ルリハムシちゃんです!
道の真ん中をテクテク歩いているところを発見!
ピカピカじゃ~!!

大きさは7~8ミリぐらいかなぁ?
全然珍しい種類じゃないけど、あんまりキレイやけん
見つけたらそりゃアンタ嬉しいくさ。

成虫で越冬して4月頃からそうつき回るよ。
ハンノキの葉っぱを食べるげな。
なんか忙しそうな虫様やったよ。

最近の写真

  • Img_9014_2
  • Img_9014
  • Anosakura0
  • Bag5
  • Bag4
  • Bag3
  • Bag2
  • Bag1
  • Mugmug
  • Lovefes
  • Bag5
  • Bag4