LOVE FM CLUBに入ろう!

  • LOVE FM CLUBとは?
    リクエストやメッセージの送信、LOVE FMのイベント、プレゼントなどすべての応募が1クリックでOK。CLUBメンバー限定のプレゼントも!希望される方にはLOVE FMの最新情報メールマガジン「LOVE FM MAGAZINE」を配信中です。
    ※入会費、年会費などはございません。

    >>LOVE FM CLUBへの登録はコチラから

サービスエリア

  • サービスエリア
    画像クリックで拡大
Powered by Six Apart

« 2007年4月 | メイン | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月31日 (木)

お知らせ

どうも、虫ちゃんです。

しばらくの間、初期の記事の写真が
見れない状態になっていましたが、
この度やっと復旧しました~。

もしよろしければ~
見て見てつかぁさ~いm(__)m


虫ちゃんより

2007年5月30日 (水)

虫の二百三十八/ラブレターfrom虫 pt2

ら~ぶれた~ふろ~む 虫!
虫ちゃんです!!

山を歩くと色んな物が落ちている。
葉っぱの上にも落ちている。

otoshi070517_143602.jpg
ほら。
なんかあろ?

otoshi070517_143601.jpg
ほらほらほら!
あるやろ!!

otoshi070517_152001.jpg
じゃじゃ~ん。
オトシブミちゃんの揺かごで~す。
この巻き巻きしたものを小さな虫が作るなんて
何回見ても感動するわ~。

去年の6月の『虫の十一』で紹介しているので
こまけー事はそっちでチェケっておくんなせい。
おっと、手抜き? いや、手巻き。

2007年5月29日 (火)

虫の二百三十七/脱皮ーバースデーpt2

脱皮バ~スデ~ツ~ユ~♪
脱皮バ~スデ~ツ~ユ~♪
虫ちゃんです。

脱皮と言えば虫、
おやおや?ホントに虫様だけかな?

kabekawa070520_135901.jpg
誰か脱いどる!!
脱ぎっぱなしとるぞ!!
持ち主は誰だ?!


正解はカベチョロことヤモリちゃんです。
丁度脱ぎかけのチビチョロちゃん発見!!
kabe070529_161902.jpg
ちっちゃい!ちっちゃい!!


kabe070529_162001.jpg
かわいいの~ぅ♪目がハートになるの~ぅ♪
これまでに会った中で一番小さいぞ。
見て!この背骨!キャシャ~ン!!


昆虫やクモ、ダンゴムシやカニ、
みんな脱皮をして大きくなる。
大きくなるために脱皮をするよね。

じゃあ爬虫類は?
ヘビやトカゲ、そしてカベチョロちゃんも脱皮をする。
でも大きくなるために脱皮をするんじゃない。
爬虫類は骨が身体の中にある『内骨格』。
骨の成長とともに身体が大きくなるよね。
みんなと同じだよね。

じゃあなんのために脱ぐのか!
みんなもずーっと同じ服ばっかり毎日着とったら
汚れたり破れたりするやんね?
そしたらどうする?
そう!取りあえず脱ぐ!!よね!!だよね!!

カベチョロちゃんたちも健康のために
古くなった上着を脱ぐんだね。
便利な機能だな~、と思うけど、
虫ちゃんたちニンゲンも皮はむける。
日焼けした後は分かりやすいよね。

爬虫類はペロ~ンって一枚きれいに脱げるから
目立つだけで、ほとんどのイキモノが脱皮するらしいよ。
新陳代謝やね。

ちなみに、ヤモリはトカゲの仲間。
尻尾をつかむと切れちゃうからつかんじゃダメよ。

2007年5月28日 (月)

虫の二百三十六/実写版・トムとジェリー

1970年代流行った物。
真鍮のハリガネで名前をアルファベットで
作ったブローチ。
を売ってるヒッピーな露天商。
虫ちゃんです。

その他に、小さなサボテンを育てるのが流行った。
植物好きなうちの母虫も、ベランダに20鉢以上
並べて増やしていたよ。

sabo070529_153501.jpg
これは友達の会社に置いてあった大型のサボ。

sabo070529_153602.jpg
凄いトゲ~。

『トムとジェリー』とか、ああいうマンガの中で
サボテンが出て来るとどうなるか?
当然ですが誰かにトゲが刺さるよね?
大体、サボテンの上に座る、っていうのが
パターンってもんよね。

それ、やったことあるよ。
7歳ぐらいの時。
さっき書いた、母虫のサボテンコレクションの上で
まんまと転倒した小虫ちゃん、どうなったか?

左足の太もも全体にサボテンのトゲが
ビッッッシリ刺さったもんね。
ビックリするは痛いはでワンワン泣きながら
「トムとジェリーになった~~」って思ったのを
今でもハッキリ覚えているよ。
その後ソッコーで皮膚科に連れて行かれ
一本ずつピンセットで抜かれたよ。


サボテンのトゲは、イキモノ達に食べられないための武器。
だけじゃなくて、そのトゲで動物の体にひっかかって
遠くに運んでもらってそこでまた根を下ろしたりする道具にもなる。

元々サボテンのトゲは極端に水の少ない
砂漠と言う過酷な環境で水分を無駄にしないための
手段として生まれたものだと考えられているよ。
つまり、普通の葉っぱだと水分が蒸発しやすいため
表面積を小さくしていったらトゲになった、みたいな。
しかもそのトゲが身を守る武器になったんだから
もうけもうけ~!よね。

つーことで、サボテンの周りで
とんぴんついて暴れると痛い目に会うので気をつけようね。

2007年5月27日 (日)

虫の二百三十五/GO! SHACK! GO! SHACK!

ピーウィー・ハーマンはどこ行ったとかな?
と思ったら『バットマン・リターンズ』とかで
ちゃんとリターンしとったよ。虫ちゃんです。

今日はシャックことシャクトリムシの話。
つーか、『尺取り虫』の名前の由来を
そのまま写真で見て頂こうと思うぞ。

s-4070517_160304.jpg
GO! SHACK!

s-1070517_160309.jpg
GO! SHACK!

s-2070517_160308.jpg
GO! SHACK!

s-5070517_160303.jpg
GO! SHACK!

s-6070517_160301.jpg
GO! SHACK!

う~ん、見事に尺を取っているよね。
このシャックはまだ体長1センチメートルジャーニー程の
小さな子供でした。
シャックの仲間は5センチメートルジャーニー越えるような
大型のものもいますけど、みんな大人になったら
「シャクガ」というガになるって事、覚えているよね?

シャクガは種類がすっごく多いけど、なんとなく
「これシャックの仲間やないかいな」って
分かるようになってくるよ。
きれいな種類が多いのも特徴ですよ。

山道を歩くと、上から糸でブラブラしており
知らずに顔から突っ込んだり、いつの間にか
帽子の上を歩いて頭の寸法を計られたりする。
そんな訳で以前は『トラップ』と呼んでいたが
最近は『シャック』もしくは『シャクトリーヌ』
と愛情を込めて呼べるようになってきた。
でも、デカイのはまだ怖いな。

2007年5月26日 (土)

虫の二百三十四/アニキ~!!

「アニキぃ~!待ってくださいよぉ~!」
「うるせぃ、ついてくんな!!」

kem-dappi070517_163001.jpg

って、聞こえる、どうも虫ちゃんです。

脱皮直後のケムンパス発見です。
しかし、毛の一本一本まできっちり脱げるのが
何回遭遇しても感動ですわ。
して、こんな複雑な上着を、手を使わずに
『モゾモゾ運動』だけでやり遂げる技術、
感動じゃん!!ZOKKON!!みたいな。

シブガキよりもタノキン世代。

2007年5月25日 (金)

虫の二百三十三/ブートキャンプの収穫

ニンニキニキニキニンニキニキニキニキ筋肉痛だ♪
虫ちゃんです。

昨日のタケノコハンティングで得た物は
タケノコと筋肉痛だけではないぞえ。

zato070524_115901.jpg
ほ~らおった!!
ザトウムシちゃんじゃ!!

『虫の二百二十六('07.05.18)』で紹介した仲間。
虫ちゃん家の近所で今時季普通に見られる種類です。

体中にオレンジ色の玉がついとろ?
虫ちゃん的呼称は「オレンジ丸ちゃん」。
正体はダニだに。
『タカラダニ』の仲間らしい。

タカラダニ。
今時季から7月ぐらいまで、
コンクリートの上とかを物凄い速さで
走り回りよる小さい小さいイキモノがおるじゃろ?
その仲間らしいんじゃが、
コンクリの小さいのは花粉とかを食べよって、
ザトウムシのタカラダニはもっと大きくて
ザトウムシに寄生しとるらしい。
他の虫にもくっつくよ。
オレンジで丸くてプリっとしとって可愛いんじゃけど。


まぁ、そんな訳で、途中でこんな写真とか
撮ったりしよるから父虫に置いて行かれるんじゃね。

2007年5月24日 (木)

虫の二百三十二/父虫’S ブートキャンプ

「おい!虫!タケノコ掘りに行こうや!」
「おぉ!父虫!!行こう!行こう!!」

てな訳で、お昼前から父虫とタケノコ掘りへレッツゴー!

「え?今頃タケノコ?」
と、思うじゃろ?
春先に採れるのは「モウソウチク」のタケノコ。
鯉のぼりを泳がせる事が出来るほど太い竹やね。

今日の獲物はハチク(淡竹)っちゅー細い竹のタケノコと
マダケ(真竹)っちゅー
直径12センチメートルジャーニーぐらいの竹のタケノコ。
掘りに行く場所は親戚虫の私有地。
ありがたや、ありがたや。


「飯食って行け」
と言う父虫を虫して出発。
だって、その辺やん。
ハチクを採りに行くのは初めての虫ちゃん。
張り切りまっせ。早よ行きまっせ。

んん?
父虫、道がありません!
yabu070524_114901.jpg
春先のタケノコ掘りは結構楽なんです。
頻繁に人が入る竹林やし、その辺、やけんね。
でも今日は違うぞ。
本当の薮じゃ。

竹以外にもいろんな木が生えとって、歩きにくいのなんの。
くぐってかき分けて飛び越えて、、。
顔がチクチクするぅ~!!毒ケムシかぁ~??

父虫はチョッキチョキの『地元ィ』だけん速い速い。
虫ちゃんより30年長く遊び回っとる土地だけんね。
もう「毒ケムシに刺される~」とか気にしておったら
あっと言う間に迷子になるっつーの。

暑いし~!父虫~!
サバイバルじゃ~!

「ないな」
「ないね」
「次行くぞ」

ズンズンズンズンズンズンズンズン

そうやって何度もポイントを変え、最後の砦、

「山登るか」
「登るっすか」

くっそ~!山かぁ~!
飯食ってくるんだったぁ~(T0T)
水筒持ってくるんだったぁ~(T0T)
暑いし~!父虫~!


ポイントに着く度に
「よし!偵察行って来い!!」
と指令が下る。
その都度、虫ちゃんは薮の斜面を
駈け登ったり降りたりする訳だ。(久々のざこば風)
ビリーズ・ブートキャンプよりよっぽど効くんじゃねーの?


「ちょっと休憩しょうか~」
さすがに二人でバテバテ。

沢で顔を洗いますよ。
sawa070524_122001.jpg
めっちゃ気持ちいいぞ~っ!!
よみがえったぞ~っ!!

それから木イチゴ食べたりしながら山の奥へ。
結局生えてなくて帰って来た。
途中でタケノコ泥棒を撃退し
里に下りる前になんとタヌキにも遭遇!!
もうけた~。


ザ★収穫。
shukaku070524_130501.jpg
マダケはちょっと時季が早かったかな。
マダケ一本とハチク40本ぐらい採れた。


米ぬかと鷹の爪入れて湯がいて灰汁抜き。
手羽先と一緒に煮てみたよ!
hachiku070524_173601.jpg
虫ちゃん作

本当はナナメに切る方がいいんだけど、
う、美味~い!!美味過ぎる~!!
めっちゃくちゃ、本当にアホ程食べた後に
「タケノコって炭水化物やったっけ??」
って、せっかく消費して来たカロリーを
じんわり気にする夕方のひとときでしたとさ。

2007年5月23日 (水)

虫の二百三十一/青筋揚羽

今日のタイトル読めるかな?
『ひととよう』じゃないよ。

アオスジアゲハさんです。
aosuji070519_123501.jpg
逃げんで~(((**)))


aosuji070519_123502.jpg
逃げんでよぉ~(((**;)))


aosuji070519_123503.jpg
おっと、寄り過ぎた!!

後ろの翅が千切れとるの分かる?
それでもちゃんと飛べるけん凄かぁ~。

子供の頃一番好きなチョウやった。
今もかなぁ。
『アオスジ』の名前の通り
爽やかなハッカみたいなラインが綺麗。
あ、ミントかな?
実物はあともう少しだけ水色かな。

最初は近寄ると逃げよったけど
よっぽどお腹空いとったみたいで、
最後は逃げずに撮らせてくれた。

ちゃんと子孫残せたかなー。

2007年5月22日 (火)

虫の二百三十/反則フェイス

My,my, my,my,my,my kind of gir~l♪
『My my kind of girl/Ramones』より

虫ちゃんです。

日曜日、庭でテゲテゲ草取りしていたら
毎年この季節必ず出会うケムンパスに遭遇。

mymy070520_121602.jpg
セコイやろ~?
この顔はセコイよねー?
リアルニョッキやもーん。
間違えた。ニョッキじゃなくてニャッキか!

マイマイガの赤様です。
『虫の三』で出て来たね。
背中の青い点は見切れた向こう側で
赤色の点にチェンジします。

愛嬌ある目のように見える縦長の二本線は
多分本当の目じゃないと思うけど、
まぁしかし、この顔で言い寄られたら
例え相手がケムンパスでもちょっと考えちゃうよ。

オーマイマイガー!ってか。

最近の写真

  • Img_3962
  • Img_3959
  • Fullsizerender_4
  • Img_3331_2
  • Img_3331
  • Fullsizerender_7
  • Img_3326
  • Fullsizerender_3
  • Fullsizerender_5