LOVE FM CLUBに入ろう!

  • LOVE FM CLUBとは?
    リクエストやメッセージの送信、LOVE FMのイベント、プレゼントなどすべての応募が1クリックでOK。CLUBメンバー限定のプレゼントも!希望される方にはLOVE FMの最新情報メールマガジン「LOVE FM MAGAZINE」を配信中です。
    ※入会費、年会費などはございません。

    >>LOVE FM CLUBへの登録はコチラから

サービスエリア

  • サービスエリア
    画像クリックで拡大
Powered by Six Apart

« 2009年2月 | メイン | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月30日 (月)

虫の五百七十/トカゲちゃん

タケノコ泥棒はなかなかの腕前やったみたいで
ホントに根こそぎなくなっとった。
う~ん。ありゃぁ毎年来よるね。

で、こないだタケノコった時に
タケノコ枕で冬眠中やったトカゲちゃんを
うっかり掘り起こしてしまった。
tokage090326_17550001.jpg
いきなり起こしてご~め~ん
まことにすいまめ~ん。

tokage090326_17580001.jpg
つーか、かぁわいぃ~(*◇*)
アイドル並みの目線やろ?

tokage090326_17580002.jpg
見てこの後ろ足。
指長っ!
なんで??
土蹴るけん?
すぐ突き指しそう。

tokage090326_17580003.jpg
や~も~、ホントごめんよ。
全然素早くないよ。
手の上で動いても首の角度変えるぐらい。
テカテカしとるし。
それは関係ないけど。
キレイねー。

この後土手の落ち葉の隙間に放したら
スルスルって消えていった。
あれからまた冷えて来たけん
あったかい所に帰れて良かった。
その前にツルハシでザックリやらんで
本当に良かった。

2009年3月27日 (金)

虫の五百六十九/ないすばでー

今日はタケノコを掘りックス。
山の中におったら向こうからタケノコ泥棒がやってきた。
なんで泥棒だと分かるかと言うと
その人がやってきた林の向こうから
「お~い!タケノコあったぞぉぅ!!」
と二人目の泥棒が叫んだからで
その山は完全私有地なので泥棒に間違いないのでぃす。
虫ちゃんは当然タケノコ掘り許可を得ております。
ザ★ローカル魂。

虫ちゃんと鉢合わせしたタケノコ泥棒は
青空に向かって真っ直ぐ伸びる青竹のような
それは清々しい笑顔で
「こんにちは」
と挨拶してUターン。
あまりの爽やかさに
「盗人竹々しいな」
とおもしろくなった虫ちゃんであります。

で。
頭の先の「とさか」だけ出しとるタケノコを見つけ
コーフンしてその写真取り損ねたけど
ほら!
takenoko090327_15420001.jpg
タッパ35センチメートルぐらいかなぁ。
小さいけどグラーマーなおケツの
今にも歩き出しそうなナイスバディーの
孟宗竹の子。

タケノコは苦くて渋くて喉に刺さるようなアクが
調理の手間を増やすけど
あれは掘ってから時間が経つと強くなるげな。
掘りたてはそのまま齧っても
あ、ま~~~い!!
鷹の爪だけ入れて湯がいてから
カシワと炊いて食ったった。
やっぱ旬は美味いっす。
あの泥棒も今頃一杯やりよるかな。

次回はタケノコを枕に冬眠しとった
トカゲちゃんのお話だよ!
お楽しみにね!!

※タケノコ泥棒は本当に持ち主に怒られます。
気をつけよう!

2009年3月23日 (月)

虫の五百六十八/さかなさかなさかな~♪

とぅいまてん。
ブログのシステムが新しくなったのに
ボサっとしとって流れに乗り損ねまして。
やっと復活しましたのでまたお願いします。
でもあんまりにも更新されない虫ブログに
皆タマ愛想を尽かしてピュ~っと
どこかへ飛んでいかれたかもなぁ。。

と、空を見やれば!!
いや!ミサゴさんやないの!!
慌てて携帯を取り出すも
開いてカメラ設定、望遠設定、、ちまちまちまちま、
あ~っ!!もうっ!!
やっぱデジカメ買わないかんかなっ!!
とかやってるうちに
遠~くの方へ行ってしまわれた~。
misagoca390666-0001.jpg
あ~あ。
これじゃぁカラスと言われればカラスやのぅ。
でもカラスやったらこの距離じゃ写らんと思うよ。

いつか真上飛びよるとこ下から撮れるごと頑張るけん。
前から何度か見かけよったミサゴさん。
ここへ来たらまた通らんかなぁ、
とよく空を見上げるようになっていた。

羽広げたら150~170センチメートルジャーニーという大きさ。
お魚を主食としているちょっと変わったタカの仲間げな。
下から見たら胸から上が白いのでトビさんと間違う事はないよ。
真上を通過したら本当に大きいのでうっとりするよ。
いつか絶対真下から撮る!!
待っててね!!

2009年3月19日 (木)

虫の五百六十七/メカブトワレカラ

WBC盛り上がってますなー。
やっぱり国別対抗戦は面白いですね。
Kタイニュースで経過だけチェックしつつ
畑ば耕しておりました。

てーか、
春先は海藻が美味しかろう?
ワカメやらメカブやら。
スーパー行ったらまずお魚コーナー行って
生ワカメやら生メカブやらないか探します。
ワカメもメカブも生の時は黒っぽい。
熱湯に浸けた瞬間、下のような鮮やかな緑色に。。
warekara090313_20260001.jpg
とか振っといて、ちゃっかり真ん中に赤い誰かおろ?
メカブと一緒に茹でられてしもうたのは
『ワレカラ』さんの仲間やなかろうか?
メカブのひだの間に隠れとったとよね。
前にマリンワールドの水槽の中で見つけたヤツは
もっと細くて透明で昆虫のナナフシを思わせるスタイルやった。
こちらはちょっとふっくらしとんしゃるね。
ワレカラの仲間やないとかな?

warekara090313_20260002.jpg
元々はこんなに赤い色やなくて
多分メカブと同じような色やったんやないかと思います。
漢字では「破殻」と表現されますよ。

いや、今回の主役はメカブさんなんでした。
そもそもね、メカブって誰??
とずっと思っとったとですよ。
で、調べてみたら、あらびっくり。
「ワカメのツクシ」みたいなものらしい。
いやいや、スギナで言う所のツクシ、が正解か。
春咲きになるとワカメの足元に出来るのがメカブげな。
いや~、コンブの子供と思っとった~。
学んだ~。

メカブはものすご栄養あるげなよう。
ヨウ素やらアルギン酸やらいっぱいげな。
特に乳癌に対する制癌作用が高かったり
コレステロールの吸収を阻害したりするげなばいやん。
もりもり食べるばい。
でもなかなか売ってないとよ~。

2009年3月13日 (金)

虫の五百六十六/虫のお母さん

春の嵐でしたなぁ~。
びゅうびゅうでしたなぁ~。
そんな強風吹き荒れる中
母虫は趣味の陶芸工房へお出掛け。
そして虫ちゃんのKタイにCメール。

「何か昆虫拾ってきたけど写真転送しきらん」

「ひらって」来た、にノスタルジ~。
で、電話でEメールに写真を貼付するやり方を伝授。
送られてきたのが以下の二枚です。

game090313_152201.jpg
わぁ~。閉じ込められとるわぁ~。
シマサシガメさんですか?
anyway,肉食さんですね?

game090313_151701.jpg
生きてるよ~!
よくガス爆弾食らわずに綴じ込めましたなぁ。

母虫の解説では陶芸仲間の方が

「虫のお母さん、なんか珍しい見た事ない虫がおるよ」

と捕らえて来てくださったそうな。
虫ちゃんはどうやら「虫」になれたみたいです。

最初に母虫から
「細長くてクモみたいな足がついとる虫」
と言われた時に
「それカメムシやないかな」
と答えたのでありますが
「カメムシじゃないよ」
と即答されました。
確かにサシガメの仲間はカメムシのイメージとちょっと違うよね。
「なんか見た事ない虫がいました」
と言ってお問合せいただく虫様の中で
このサシガメさんチームはトップクラスです。
中には人刺して病気うつすヤツもおるんやで~。
日本では馴染みないですけどね。

2009年3月 8日 (日)

虫の五百六十五/タマゴハウス

誰にでも多かれ少なかれ変身願望ってあると思うけど
虫ちゃん的には前から書いてきたように
一つは外骨格を身に纏う事よね。
で、もう一つはと言うと
「卵に入ってみたい」っていう夢。
変身とちょっと違うか。違うか!!

卵の中で育ってみたい、っていうか。
まぁ無理なんやけど、
「これならいけるなぁ」っていう
今日はそんなお話でーす。

林に竹の割れたヤツが落ちとって
ひっくり返すと
tamagohouse090305_14470001.jpg
カベチョロ(※ヤモリの博多名)の卵が。
もう孵化した後やけど、、
なんか気配が。。

tpamagohouse090305_14480002.jpg
あ~!!
クロウリハムシがタマゴハウスで越冬しとる!
よかぁ~!よかぁ~!
そうっちゃんねー。
虫サイズやったら色んなタマゴに入れるっちゃんねー。
地球上最大のタマゴはダチョウやろ?
せめてそのサイズまで小さくならないかんて事やね。
ムーリー!!

2009年3月 5日 (木)

虫の五百六十四/汚れているのは、、、

虫ちゃんがソロユニット「花粉症」としてデビューしたのは
かれこれ3、4年前。
その後鳴かず飛ばずでなんの手応えも無いまま
「このまま引退かなぁ」と思いきや
ついにこの春大ブレイク。
このイキオイはオリコン初登場1位も夢じゃないかっ!
マスク無しで家の外に一歩出ようもんなら
「鼻山」からの鉄砲水、「噴火口」からドくしゃみ連発。
遊びに行くのにマスクとかしたくないし!!
でも仕方ないのでマスクして山へ。
花粉の生産工場ど真ん中ですよ。

その甲斐あって珍しいものを見つけたよ。
azami090303_17490001.jpg
「斑(ふ)入り」のアザミ。
初めて見た~。

azami090303_17490002.jpg
緑の葉っぱに綺麗な白い模様が入っとる。
どんな色の花が咲くのやら。
要チェックやで。
周りを探索してみたけど、斑入りはこの一株だけ。
なんで~?

雨上がりの山はとっても静かでキレイ。
koke090303_17390002.jpg
水をたっぷり蓄えたコケ宇宙。
切手貼る時、手伝って欲しい。

林の中で空を見上げると
ki090303_17410001.jpg
広葉樹と針葉樹のコラボレイション。
綺麗な影絵じゃ。

てか、山に入ってすぐ我慢出来んでマスク外したけど
全くもってなんともない。
何回も試してみたけども。
「花粉症」なのに花粉のど真ん中におって症状が出らんとか
納得いかん!!
花粉に申し訳ないような気さえしてくるし!

空が汚れとるっちゃろうなー。
汚れた花粉吸い込んだらグシュグシュになるっちゃろ?
そんな汚れた花粉が雌花に辿り着いたら
どうなるっちゃろうか?
ちゃんと受粉出来るっちゃろうか。。
雌花も困るっちゃなかろうか。。。

もう花粉症って言わんで「ギャフン症」って言う事にします。

2009年3月 3日 (火)

虫の五百六十三/私は貝殻虫になりたいか。

もうなんか寒くても寒くないね。
春、つかまえた!!みたいな、みたいな。
こないだ晴れた日、モンキチョウも見たし。

もうすぐ白い小さい花が咲くユキヤナギの枝にも
kaigaramushi090228_15270001.jpg
ほら!
『ワタフキカイガラムシ』!

こんなしとるけど昆虫。
細い毛も生えとる。
白いシマシマのメレンゲみたいなところは
本人が分泌した「ロウ物質」。
メスの成虫はこのメレンゲが大きくなって
その中に卵が入っとるらしかばいやん。

オスは翅が生えて飛び回れるけど
メスはずっとこのまんまげな。
じーっとしてあんまりウロウロ出来んて、
無理ー。
色々見に行きたいもんねー。

最近は数が減っとるって。
見れてよかった~。

2009年3月 1日 (日)

虫の五百六十二/春の山菜祭りスタート

今日は朝早く目が覚めた。
天気が良さそうだ。
よし!セリを採りに行こう!!

裏山の田んぼへ。
seri090301_07560002.jpg
こんな所~。

seri090301_07480001.jpg
ほらほら~。
かれこれ5年前に見つけたポイントで
その頃はまだ株が小さくて少なかった。
我慢して寝かしておいたら元気に増えとった!!

毎年ブログに載せよったセリは
水辺やなくて丘に生えとるもっとマッチョなヤツ。
背が低くて茎も太いよ。
水辺のセリが丘に上がるとマッチョになるんやないかな。
と思う。
香りは丘の方が強いけどその分「アク」も強い。
美味いけどね。

ちょっとセリ摘みの基本をご紹介。
seri090301_07550001-0001.jpg
真ん中の閉じとる小さいのが新芽。
これを摘んだらいかんのです。
未来を摘み取ることになるのです。

seri090301_07550002.jpg
分かりやすいようにゴメンした。
左下からみょこっと新芽が出とるやろ?
そこを残して右側の本線をカットするのでぃす。
そうするとまた何日かしたら新芽の新芽が出てきて
もっかいセリ食べられる。
=来年にもつながる、って訳やね。

あと摘む時はカッターとか刃物でシルブプレ。
手で千切ると根っこから抜けたり
新芽までくっついてきたり、
何より自分がセリやったら
グチャって千切られるより
スパって切られる方が痛くない気がするやろ?
せんかな?

seri090301_08080001.jpg
こんだけあればセリご飯が2合は出来るよ。

seri090301_09000001.jpg
ほら出来た!
シラスとゴマを入れたよ。
塩加減はお好みで。
味?
美味いに決まっておる。

初めてセリご飯作った時、
ご飯炊く時にセリも一緒に入れてしまって
大失敗かましたなぁ。
葉っぱが真っ茶色になって香りなんか
まるで残ってなかったよ。
最初から母虫に聞けば良かったよ。

セリは沸騰したお湯に「浸けるだけ」でいいと。
絞って小さく刻んだら炊きたてのご飯に混ぜるだけ。

ついでに
seri-tsukushi090301_08190001.jpg
玄関にツクシが生えてきとった。
なんていい家かいな。
ちょっとしかないけん
ちゃちゃっとキンピラにして
卵焼きの真ん中に入れたよ。

セリご飯でおにぎり作って遊びに行かなくちゃ。
行ってきまぁ~す!!

最近の写真

  • Hyoumoncho060714
  • Img_1983
  • Img_1981
  • Tsumaguroimgp0286
  • Tsumaguro091005_17490001
  • Tsumaguro090619_09300001
  • Tsumaguro080327_16080001
  • Img_1944
  • Img_1945
  • Mutsubaseibou3
  • Mutsubaseibou2
  • Img_0268