LOVE FM CLUBに入ろう!

  • LOVE FM CLUBとは?
    リクエストやメッセージの送信、LOVE FMのイベント、プレゼントなどすべての応募が1クリックでOK。CLUBメンバー限定のプレゼントも!希望される方にはLOVE FMの最新情報メールマガジン「LOVE FM MAGAZINE」を配信中です。
    ※入会費、年会費などはございません。

    >>LOVE FM CLUBへの登録はコチラから

サービスエリア

  • サービスエリア
    画像クリックで拡大
Powered by Six Apart

« 2009年12月 | メイン | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月29日 (金)

虫の六百八十七/てか、ていか、ってか!

teikakazura-watage100122_15290001.jpg
なんだこのツヤツヤ渦巻きは~!

teikakazura-watage100122_15280001.jpg
誰かのおタネしゃんやん!!
すっげ~。
爆竹みたいなタネボディーの頭に
ちょっと渦巻きがかった毛が生えとる。

虫ちゃんが遊びよる林の縁の
あっちこっちで見かけるざます。
これはいっちょ調べねば。

「綿毛 種子」で検索。
そっからイロイロな手がかりをつかみ
ついに正体をつかんだですたい!

『テイカカズラ』の種やった。
聞いた事あるかな?
虫ちゃん家のそばでは全く珍しくない植物。
どっこにでも生えとる。
でもその生え方が変わっとってからね、

最初は↓↓↓こんな風に↓↓↓
teikakazura100128_13010001.jpg
地面をワラワラワラ~って這い回る感じでね、
これ、結構ホント、どこにでもおる。

して、登れるとこ見つけたら
teikakazura100129_12400001.jpg
「ヤッタ~!」
ちゅうて一気に登ってって育ってから
登った先の結構高い所で
春と夏の間に白っぽいかわいい花を咲かせるよ。
ジャスミンみたいないいニオイがするけん
歩きよって「あれ?」っと思って見上げて気づいたりするよ。

こんなどこでもある植物が
ネット見よったら売られよったけん
ビックリしたけど
あの花は観賞に耐えるけん分かる分かる。
いいニオイやしね。

でもこのテイカカズラはキョウチクトウの仲間で
実は有毒植物ですねん。
千切ると白い汁が出て、皮膚につくと炎症起こすげな。
しかも、飲み込んだら心臓マヒとか
呼吸マヒとか起こすげなばいやん。
おそろしか。

てな訳で昔からお馴染みの植物やったのに
こんな種つけるって今年初めて知って
超もうけた気分でやんす。

ちなみに名前の由来は
「式子内親王を愛した藤原定家が、死後も彼女を忘れられず、
ついにカズラに生まれ変わって彼女の墓にからみついた、
という伝説(能『定家』)に基づく。」げなばいやん。
ものっそ好きやったっちゃね。
でもこれ片思いやったら結構キツイね。

2010年1月25日 (月)

虫の六百八十六/冬のギーサナ2

見つけたがねーーー!!!
ヤゴ姐さん!!
ついに見つけたがねーーーーー!!!
見てみたいって言いよんしゃったろう?!

何をそんなにコーフンしとるかっちゅーと
このブログで何度か名前だけ登場した事のある
『お菊虫』をついに見つけたんやがねーーー!!
てか、見つけたのは虫ちゃんやないけどね。
虫ちゃんの友虫達は「タカの目」を持っとる人が多く
「何アレ?」
って指差す方見ると
虫ちゃんの鼻息が荒くなるようなイキモノが
あっさり発見されとる事が多々ある。
今回もそうじゃった。

「何アレ?」
「どれ?ニャァーーーーー(目から炎、鼻から煙)!!!」
って瞬殺よね。
jakouageha100125_16510001.jpg
電信柱に張付けのお菊虫。
離れて見るとサナギっぽいけど
近くで見ると
jakouageha100125_16510002.jpg
キノコっぽくない?
てかサナギにしてはなんか生々しいんよね。
でもデザイン凄い。
アール・ヌーボーってか
アルフォンス・ミュシャってか。
何?その赤いピロピロは?

jakouageha100125_16520001.jpg
この角度でキメ!!やね。
美しかぁ。

『お菊虫』。
まるで張付けにされたお菊さんみたいだ、
ってんでこんなあだ名が付けられたとか。
春までサナいだ後なんになるか、ってーと
『ジャコウアゲハ』という艶やかな赤と黒の
アゲハチョウなんざます。
オスが麝香のようなニオイを持っとるざます。

更に成虫は毒を持っているから
ゆ~っくり見せびらかすように飛ぶよ。
ちなみにそんな力にあやかろうと
ジャコウアゲハに擬態しとるガがおる、
っちゅーて、去年の6月21日に紹介しとる。
agehamodoki090620_13570001.jpg
『アゲハモドキ』っちゅーガなんやけど
ジャコウアゲハよりグンと小さいし
艶やかさでは比較にならんけど
「モドキ」の名にふさわしい似せっぷり。
偽っぷり?
なんで毒があるかってーと
赤様時代に毒のある草を食べるからで
その毒が大人になっても体に残っとるんげなばいやん。

これが食草の『ウマノスズクサ』。
umanosuzukusa070910_18050001.jpg
2007年の9月10日に紹介しとるよ。
このときはジャコウアゲハの赤様を探しに行ったんじゃけど
どこにもおらんかったとよね。
前は同じ場所でよく見よったし
羽化したての翅が伸びてない成虫も
ここで見つけた事があった。
(今回お菊虫見つけたのも実はここのすぐ近く。)
ヤマイモの葉っぱに似とる。
玉の先にラッパ付けたような不思議な花が咲くよ。
赤様達は葉っぱが減って来ると
食いっぱぐれんよう独り占めしてやれと
兄弟姉妹ご近所様々で共食いするらしか。
先に産まれた赤様がまだ産まれてない卵ごと
葉っぱを食べる事もあるとかないとか。
やるわ~。

ちなみにジャコウアゲハは春から夏にかけて
何世代か発生するらしいんじゃけど
秋に入った途端、てか
前に見に行った日付見ると
9月の半ば過ぎにはもう赤様はおらんかったけん
キアゲハとかナガサキアゲハみたいな
他のアゲハチョウよりも早目に見られんくなるみたい。
で、シーズン最後の赤様はサナいだら
そのまま次の春まで何ヶ月もサナギで過ごす。
その現場を今回押さえた訳やけど
シーズン中のサナギはほんの2週間ぐらいで羽化してくるって。
これは一体どーゆー事やねん。
あぁ、あとはジャコウアゲハの写真撮れたら
このシリーズはコンプリートやな。
オンシーズンにはよく見かけるっちゃん。
今年、撮ってこーわい。
あぁコーフンしたわい。

2010年1月23日 (土)

虫の六百八十五/冬のギーサナ

夢と現実の狭間で痛い目にあった。
修理中の大きな船の上で
ジャンリュック・ピカード艦長が
虫ちゃんの目の前で甲板に開いた穴に落ちた。
咄嗟に助けようと身をよじったら
左の肩甲骨が外れたような激痛。
ものすごい痛みに悶絶しよったら
虫ちゃんを呼ぶ声が。
目を覚ますと本当に「ギックリ肩甲骨」みたいになっとって
動けん!起き上がれ~ん!なぬなぬ!!
ピカード艦長助けようとしてホントにケガしてしもうとる。
どぎゃんしこ~!!
早く医療室に転送してくれ~い!

前フリはこの辺にして虫様の話。
冬の虫様の寝込みを狙う虫ちゃんは
あっちゃこっちゃウロウロさるいて回りよる。
したら!
見つけたーっ!
林の縁の材木置き場のビニールシートに
生命反応発見!
monshiro-sanagi100122_16150001.jpg
とこに何がおるのか
みんなも探してみてたもれ!!
分かったかい?
ズームインしちゃうよ!

ズーーーーーーーーーーム
イン!!
monshiro-sanagi100122_16030001.jpg
ギーサナちゃんやん!
誰の蛹かなぁ。
これはチョウやね。ただの勘やけどね。
最近この辺で見かけたイモ様と言えば
daikon091121_12400001.jpg
モンシロチョウの赤様やろがい。

monshiro-sanagi100122_16040001.jpg
モンシロチョウの蛹かな?
帰って調べてみたら。。

やっぱりモンシロチョウの蛹ちゃんみたい。
お腹のとこの黒っぽい縦線が目印やねー。
やー、小さいね。
アゲハの仲間の蛹はよく見るけど
もっと大きいもんね。
当たり前やけどね。

こないだの雪で埋もれとったろうけど
ちゃんと凍らんで生きとるんやろうか。
でもモンシロチョウの蛹は
冬の寒さを通らんといつまでも目が覚めんってやろ。
眠り姫やー。

ところで
チョウとかトンボとかの翅には
「翅脈(しみゃく)」と呼ばれる筋が
通っとるが
蛹から出て羽化するときは
この翅脈の中に体液が通って内側から
翅をグングン伸ばすんげなばいやん。
すげーなー。
すげーなー。

2010年1月21日 (木)

虫の六百八十四/お犬山参り

あったけかったぁ~。
束の間の春気分満喫やったぁ~。
で、久しぶりに
虫ちゃんの犬の先生の所に行って来た。
佐賀県唐津市七山村。
一昨年から去年の春まで犬様の事を学びに通ったもんだ。

先生のお家は
玄関明けたら2秒でお山、っていうリッチな立地。
うらやましい。
そう、裏山にマジでシイタケ出とったし。
もちろん天然モノやじ。
裏山シイ。。

挨拶もそこそこに着いていきなりお山参り。
nanayama100121_16140001.jpg
写真ではなかなか伝え切れない
お山の奥行き。

nanayama100121_16260001.jpg
この林下ると向こうにまだ尾根があって、、

nanayama100121_16290001.jpg
どんだけかかったのか
大きな樹さんには
ふかふかのコケ腹巻き。
でっかい樹なんやけどなぁ。
デッカく写らんのよねぇ。

nanayama100121_16390001.jpg
こっちはもっとでっかいんやけど
なんか細く見えろぅ?
そもそもお山も樹齢どぎゃんしこかの樹さんも
デカ過ぎて写真に納まりきるようなもんじゃないっちゃろうね。

イノ様達が作った薮の中の「ケモノ道」を
中腰アヒル歩きで登ってみたり
キクラゲ採ったり滑ったりしながら
エネルギー充填。
原生林のエネルギーは濃ゆいぞ。
すぐ満タンになるぞ。

霧も出て来たし日が暮れる前に下りて
先生のお家で犬様の話を小一時間ばかり、、
と思っておったら二時間も!!
やっぱり虫ちゃんの犬先生は凄いお方じゃー。
虫ちゃんはまだまだ足下にも及ばん。
そして、犬という生き物が
どんだけ深いかを改めて思い知ったぞね。
「深い、深い」と思いながら
先生と話すと
「や、やっぱりまだ浅いとこしか見てなかった!」
と思い知る。
虫ちゃんはまだ犬の事を
ほんの数ミリしか分かってないごたる。
まだまだまだまだじゃ。
いい勉強になった。
犬を犬らしく、これが虫ちゃんの大きな課題。
犬らしい犬と暮らす、これが虫ちゃんの大きな夢じゃ。
頑張るぞ~い。

2010年1月17日 (日)

寄道虫/苦手虫

さっき山道で友虫とオオスズメバチの
巣の一部を見つけたのに
帰りに通ったらなくなっとった。
誰??

で、虫ネタ拾い損ねたので脱線ネタで。
苦手なモノはイロイロあるよ。
ニンジンと高い所は同じ位苦手やけど
どっちか選べ、ってんならニンジン選ぶ。
ぐらい、高い所は好かん。
ハンズマンの空中の通路歩く時
ふわぁ~っとなる。

して今日の本題。
高所恐怖症とコレ↓↓↓、関係あると思うけど
ami100117_09030001.jpg
このアミアミ。
苦手やんねー。
この上よう歩かーん。

その中でも↓この写真の↓網。
ami100117_09030002.jpg
ズバリ名指しで。
虫ちゃん家近辺で一番怖い網がコレ。
デカイし古い。
要するに信用出来んと。
こぅわぁ~っ!!
勇気を出して立ち止まってみた。
足の下に地面がないって怖くない??
犬ちゃんも嫌いやろ?
大概の犬ちゃんがこの網避けて通るよね。

足の下に空間が在るのはやっぱ不自然やもん。
怖くて正解と思うー!

ちなみに虫ちゃんの犬先生が教えてくれた
「犬かき」の原理。
犬ちゃんが水の中で
「あれ??地面がない!地面がない!!」
って足を交互に出しよるうちに泳げるようになるとって。
へぇ~!!!やろ?
水の中やったら地面なくても浮くけんいいけどさ。
つって、足のつかん深さは恐ろしくて無理ー!

2010年1月14日 (木)

虫の六百八十三/ウズる。

昨日行けんかったお山ですが
遠くから見ても白く見えんけん
期待せんで行きました。

昨日より今朝の方が寒くないか?
昨日のバケツ、今日こそ凍っとるように見える。
でもパンチはせん。
コソっとツマ先で突っついてみる。
やっぱ凍っとるやん!
絶対今日の朝のが寒いって。

とかなんとか思いながら出掛けると
よそのお家の車庫の屋根から
巨大なツララが~!!
tsurara100114_08100001.jpg
よく見るとツララの中に鎖が。
鎖のアイスキャンデーやぁ~!
ツララとか子供の頃ぶり。

yama100114_15220001.jpg
お山も雪は溶け始め
樹の天辺に積もった雪がチラチラ~とか
ブァサァ~とか落ちて来る。

ここまで来る前に
前から気になっとった斜面とか
あっちこっち登ったり下りたりと寄り道しよったら
汗びっしょりやじ。
ショール腰に巻いてジャンパー全開、
ニットキャップもマフラーも
ポケット入れてパンパンや!
スゴイ格好やけ絶対誰にも会いたくない!
林の中はあんまり風が吹かんけん
やっぱりあんまし寒くないとよね。
厚着し過ぎたわぁ~。

で!
林の中を何の気なしに見ていたら
誰見つけたと思う!!
『ウズラ』ちゃんやし!!

「あっ!ウズラっ!!!」
って思わず叫んだ事間違いなし。
虫ちゃんの声に驚いたのか
あっと言う間に林の向こうに消えて行った。

てか、なんですぐウズラって分かったか
よく分からんぐらいの速度で叫んどった。
実物見た事なかったけんがら。
でもあれはウズラやった。

ヤぁ~!帰って調べてみたらやっぱウズラやったし。
東日本で繁殖して西日本に渡って来て越冬するげな!
ヒャあ~!
儲けた~!
一羽しかおらんかったけど
つがいで渡ってはこんのかね。

やぁ~、やっぱりお山は
エキサイティングレジャ~やなぁ~。
誰にも会いたくなかったけど
ニンゲン以外なら大歓迎じゃ!
恥ずかしいとか思わんでいいけんね!!
明日は何して遊ぼうかぁ~!!

2010年1月13日 (水)

虫の六百八十二/降ったり!

そうそう。
凄かったね、雪。
虫ちゃんの住む太宰府では起きたら
7、8cmj積もっとった。

目が覚めてもあんまり寒いと思わんかったけん
ゆうべからワクワクしとった虫ちゃんは
「こりゃ降ってないばい」
と、半ば諦めモード。
で、外見たら
どっしぇ~!!
真っ白やし!!
サンダルでダッシュ。
まだ暗いけど雪に反射して明るい。

yuki100113_06590002.jpg
ふわぁ!
イヌビワの実に雪がてんこ盛り!!
トーチみたいやな。

少し明るくなって来た。
yuki100113_07540001.jpg
庭的雪国。
虫ちゃん家じゃないごたる。
温泉湧いてそうな風情やなぁ。
雪化粧、ゴイスー。

外のバケツにたまった水の表面に
氷が張っとると思ってグーでパンチしたら
全然凍ってなくて
ただ冷たい水に拳突っ込んだだけやった。
残念無念。

よし、気を取り直してパトロールや!
yuki100113_07480001.jpg
近所の空き地も別世界。
ウヒョー!
飛~び込みてぇ~!!

まだ足跡あんまりついてないけん
走り廻りたいけど
通学ッキン達のためにとっとってやろう。
大人虫。

仕事中も山に行きたくてしゃぁなかった。
雪が積もった山は超オモロいけんねー。
でも夕方まで仕事やら何やらで行けんかった。
明日、行ってこうわい。

2010年1月10日 (日)

虫の六百八十一/森さんと林さん

前回のコメント欄で
「森と林の違いって」って話が出とったね。
「樹が多いのが森で少ないのが林」
って思っとったのは虫ちゃんだけやなかろう。
念のために調べてみたら
そういう解説のものもあるけど
一番しっくり来た解説は

「人の手が入ってないのが森で入ってるのが林」
とな。
納得!
結果的に放ったらかしの森は樹がボウボウで
人の手が入った林は森より樹が少なくなろうね?
まぁ、だけん当たらずとも遠からじやね。

虫ちゃんが遊びに行くとこは
yama091222_16160001.jpg
こっちは林って事になり

yama100109_16120001.jpg
こっちは森って事か。
これはまだ若い『ヤブツバキ』の樹。

針葉樹はほとんど見られんけど
全く無い訳じゃないとよね。
勝手に生えて来たっぽいスギやヒノキが
所々生えてきとる。
して樹の数というより「種類」が多いごたるね、森は。

まぁでも遊びに行くなら
虫ちゃんはどっちでもいい。
と、思ったけど
なんかやっぱり森の方が好きやなぁ、と思って
理由を考えたら
森には人の気配がないんやった。
これはやっぱり大きかろうね。
でもどっちも身近にあるってだけで
十分幸せやな、と思った次第です。

2010年1月 8日 (金)

虫の六百八十/フグってポン!

やぁ~、誕生日やけん、と自分を甘やかし
またいっぱい食べよります。
またお腹壊さんごとせな!

真冬の空の下、
草も花も樹も、みんなチンとしとると思いきや
春に思いっきり咲く花って
意外と冬の間にチョロチョロ咲いてたりするもんで。
七草でお馴染みの『ナズナ』とか
七草のとは違う『ホトケノザ』とか。

して、
ooinu070211_135402.jpg
これは春に思いっきり咲いとる
『オオイヌノフグリ』ちゃん。

ooinunofuguri091224_13360001.jpg
こっちが今チョロチョロ咲いとる
『オオイヌノフグリ』ちゃん。

の、中に、
花びらに切れ目の入った変わり者発見。
初めて見たぞ。
ooinunofuguri091224_13350001.jpg
ほら。
形がちがーう。

てかそんな珍しくはないのかもしれんけど
今まで結構見て来た花やけど
初めて見たっちゃもーん。

ところで
「樹」と「木」の違いって知っとる?
なんとなくイメージで
「樹」は大きくなるヤツで
「木」はそんな大きくならんヤツ、
と思っとったけど
実際は
「樹」は立っとる、つまり生きとるヤツで
「木」は生きとるヤツの事も指すけど
材木とか「材料」としての木の事を言うらしかばいやん。
な~る~。
え?知っとったって?
う~へ~。

2010年1月 6日 (水)

虫の六百七十九/かぐや虫

四十路!ボンバイエ!四十路!ボンバイエ!
元気ですかーっ!!
元気に40才になりました!
番組宛に沢山のお祝いコメントをいただき
本当にありがとうございました。
元気に41才になれるよう気をつけます!

さて、去年のクリスマスイブの話っちゃけど。
すっかり枯れてしまっとる今年伐採した『モウソウチク』を
年越す前にみんな燃やしてしまうよ、と言うので
出動です。

パカーン!
と竹を割ると、中からすごい量の竹の粉が。
こりゃなんかおる!!

kamikiri091224_14060001.jpg
落ちた粉の中に艶やかな色の虫さま発見!!

kamikiri091224_14060002.jpg
『ベニカミキリ』ちゃんやないの~!

どんな潜り方なん?
kamikiri091224_14100001.jpg
お~。

kamikiri091224_14100002.jpg
おぉ~!
この穴の中で成虫になったとお見受け。

驚いた事に
kamikiri091224_14210001.jpg
幼虫もおった!
どういう事かいな。
竹の中で成虫になってそのまま越中する個体と
幼虫のまま春まで食べ続ける個体とおるってこと?

kamikiri091224_14200001.jpg
親子丼。
いや、親子の関係ではなかろうが
「親」と「子」である事にはちげぇねぇ。

成虫は全部で何匹出たかなぁ。
これ、長さ2メーテルぐらいのモウソウ一本からの収穫やけんね。
モウソウすげぇな。栄養満点やな。

成虫見よったら触角が長いのと短いのがおった。
栄養状態の違いかと思ったら
オスとメスの違いやった。
長い方がオスちゃん。

や~、しかしこの真冬に住処から追い出してしまって
全くもって申し訳ない。
竹林に逃がしたけどどうかなぁ。。
どうかなぁ。。。

最近の写真

  • Img_9014_2
  • Img_9014
  • Anosakura0
  • Bag5
  • Bag4
  • Bag3
  • Bag2
  • Bag1
  • Mugmug
  • Lovefes
  • Bag5
  • Bag4