LOVE FM CLUBに入ろう!

  • LOVE FM CLUBとは?
    リクエストやメッセージの送信、LOVE FMのイベント、プレゼントなどすべての応募が1クリックでOK。CLUBメンバー限定のプレゼントも!希望される方にはLOVE FMの最新情報メールマガジン「LOVE FM MAGAZINE」を配信中です。
    ※入会費、年会費などはございません。

    >>LOVE FM CLUBへの登録はコチラから

サービスエリア

  • サービスエリア
    画像クリックで拡大
Powered by Six Apart

« 2010年2月 | メイン | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月28日 (日)

虫の七百七/墨桜

どぎゃんしこでも雨降って
ハラハラさせられたけど
週末に合わせて満開になるげな
今年の桜はなかなかの役者ぶりやったね。

しかし曇り空に咲いとっても
いっちょんパッとせんな、
って、こないだ言ったけど
撤回しょうかな。
だってなかなか美しかったとよ。
sakuraml_100327_1547020001.jpg
枝の向こうに雲に隠れた太陽がチラリズム。
墨絵のような景色やった。
曇りでも意外といいばい。

sakura100327_1547010001.jpg
虫ちゃんちの近所の桜の名所も
沢山の花見客で賑わっとる。
虫ちゃんは人が多いの苦手なので
誰一人おらん桜並木のある場所で
好きなだけ遊んで帰ってきたとさン。
ゴザ敷いて宴会もいいけど
一目ゆっくり満喫出来たら
今年の春のノルマ一つ達成、って感じやね。

2010年3月27日 (土)

虫の七百六/シロツメクサの秘密

ヤバーい!
『シロツメクサ』の秘密をつかまえてしまった!
こないだ「四ツ葉のクローバー何本あるかな?」
って写真アップしとったろ?
yotsuba100318_11590001.jpg
正解は2本なんやけどね
日に日にクローバーこと
『シロツメクサ』の群生が
モリモリ大きくなりよるけん
こないだの四ツ葉株はどこ行ったかいな、
って探しよったら
凄い秘密をつかんでしまったとよね。

だいぶ日が暮れてきよったっちゃん。
したらほら。
pa0_0087.jpg
わかる?

pa0_0084.jpg
わかりにくい?
葉っぱが閉じよるとって!!
シロツメクサは夜になったら
葉っぱ閉じるとってーーー!!
初めて知った!!
みんな知っとった?
もうビックリしたとよね~。
今まで気づいてなかった事にも
ビックリしたとよね~。

なんで夜になったら葉っぱ閉じるんか?
暗い夜は光合成できんけん?
だけんって閉じんでもいいやん?
なんでかいな~。
気温が下がるけん?
じゃぁもっとあったかくなったら
夜になっても閉じんとかいな?

ちなみにあたしがクローバーなら理由は
「だって休みたいやん」
やけどな。

要追跡やで~!!

や~、知らんかった~。
知れて嬉しい~。

2010年3月25日 (木)

虫の七百五/春のギーサナ

せっかく桜が満開なのに
空が青くないと全く目立たんっちゃね。
初めて知ったわい。

てな感じで春たけなわ、というには
雨で肌寒い毎日。
でもちょっと晴れるとモンシロチョウやら
ヒラヒラ飛びよる。
「は!もしか!」
と思って観に行ったら、、

pa0_0090.jpg
ガーン。
やっぱりもう空き家になっとった!

monshiro-sanagi100122_16040001.jpg
こちらがちょうど2ヶ月前のお姿。

pa0_0089.jpg
こちらがモンシロ脱出後のお姿。
スケルトンに透けとるん。
や~、観たかったけどな~。
ついこないだまでまだサナいどったのにから。

まぁでも羽化出来て良かった!
サナギの色が黒っぽかったけん
もしかしたらもうダメなのかな、と思いよった。
よかったよかった。
今頃どの辺飛びよるかなぁ。

2010年3月22日 (月)

虫の七百四/幸せいくつ

いつもいく草っ原は
シロツメクサが沢山生えとる。

yotsuba091026_17300001.jpg
ペンギン柄とか

yotsuba091112_13500001.jpg
ハート柄とか
イロイロな柄が楽しめますが
かなり探して来たけど「四ツ葉」がない。
四ツ葉のクローバーって
生えとったら「ピカー!!」っと
視界に飛び込んで来るやん?
なっかなか来んかったとよね、こないだまでは。

はい!発見!!
足掛け1年。やっと見つけたわい。
四ツ葉株。
四ツ葉のクローバーは一本見つけると
近くに必ず2本、3本とある事に気づいた。
遺伝的に四ツ葉になりやすい体質があるっちゃね。

みんなも探してみてね!
yotsuba100318_11590001.jpg
四ツ葉が幸せにしてくれるんじゃなくて
四ツ葉を探すゆとりが幸せを運ぶんだと思うわ。
何本あるかな!

2010年3月20日 (土)

虫の七百三/理想の体型

たまごスナック、売り切れやった??
いつ行っても2袋はあるのに。
小さなブームが起きとるんかいな。
奥のレジの近くの棚やけんね。
ホントに地味~に置いてあるけん
お店の人に聞いてみてね。

ところで
今日はなかなかの嵐になりそうやね。
昨日の夕方ぐらいから空気がぬる~くなってきて
玄関ちょっと開けとったら夜8時頃
「フワ~~~ン」って虫様が入って来た。

「ハチ?」

と家族も注目。

「ハチ、、じゃないね。ガガンボの仲間かな?」

obikoshibosogagannbo100319_22090001.jpg
初めて見たよ。

「お尻、尖ってない?刺さんと?」

確かにお尻がとんがっとるけど
翅が2枚しかないし後翅は
ハエやガガンボの仲間特有の
「平均棍」が見えるよ。
obikoshibosogagannbo100319_22100001.jpg
小さな「待ち針」みたいなのがあろう?

「やっぱりガガンボの仲間やね」
調べて見たら
『コシボソガガンボ』という名前があったので
写真を見てみるとビンゴ。
そのなかの『オビコシボソガガンボ』みたいやね。
だって腰、マジ細いもん。
よか~。

てか、お尻の先の針みたいの、何?

ちなみに「平均棍」は昔は英語で「バランサー」と
呼ばれよって、飛翔の際にバランス取るための器官だと
考えられよった。
昔、っても最近まで。
でもこの変形した後翅を取ってしまうと
ハエとかアブとかガガンボとかの仲間は
全く飛べんくなって
片方だけなら飛べる事が分かったので
「じゃあバランス関係ないやん」って事になったとか。
結局今は「ジャイロスコープ」としての役割を
果たしよるんやないか、というのが有力だそうですよ。

てか、初めて見る虫様に会うのが久しぶり。
あぁ、虫様シーズン、解禁やなぁ。

話を元に戻しまして
『オビコシボソガガンボ』さんですが
「幼虫は水生で台所の排水が流入するような
水溝中に生育し成虫はその付近の植物の葉上で発見される」
だそうです。
赤様、タフやな。
まぁ~しかし格好の良い虫様ですこと。
グライダーみたいやしツヤツヤやし。
ガガンボの仲間は飛ぶのあんまり得意じゃないけど
「オビコシ」さんはそんなに下手じゃなかったよ。

さぁ、これから虫虫した季節がやってきまっせ!

2010年3月19日 (金)

寄り道虫/ウワサの卵スナックの巻

前回「たまごスナック」というお菓子を
さも誰もが知っとるようにサラっと登場させたら
意外と「何ソレ」コメントが続いたので
このお菓子を応援している虫ちゃんとしては
ここぞとばかりに紹介せなやろと思い。

これが「たまごスナック」!!
tamago100317_18120001.jpg
正式名称は『ブチたまごスナック』。
キャッチコピーは
「お子様のおやつに!!」。
虫ちゃんはお子様やないけど好き。
ちなみに犬ちゃん達も大好き。

でも結構1個が大きいのよ。
tamago100317_18160001.jpg
ほら。
カロリーも「大きさがと」あって
1個59キロカロリー。
バナナ3分の2本分ぐらいか。

tamago100317_18170001.jpg
小さいメロンパンみたいやね。
でもフワフワしとる訳じゃないとよ。

「中身はどげん?」てね?
仕方ね~な~。食うしかね~な~。
tamago100317_18170002.jpg
「サク!」
っとこんな感じ。
特に意外性は感じられんやろ?
サクサクなんよね。
大型の犬ちゃんとか一口で嬉しそうに
サクサク言わして食べるよ。
でも一週間に1回もあげんけどね。
甘~いしね。
トクベツのオヤツよ。

「たまスナ」の魅力は他にもある。
一袋5個も入ってなんとお値段100円ですよ。
もう「昭和のありがとう」そのものですよ。

気になるお味ですが
ここまで持ち上げといて今更やけど
別にそんなワーキャー言う程美味いか?
って聞かれたら、
や、想像通りのお味です、と答えますよ。
卵風味の素朴なお味ですよ。
でもなんか、西鉄福岡(天神)駅の売店で
地味~に、でもきっちりレギュラーで
いっつも棚に並んどるとことか
形とか袋のデザインとか値段とか
トータルで「美味い」っちゅー事で
結構な頻度で買ってます。
てか、なくならんで欲しいけん買ってます。
ガンバレ!㈱タカキベーカリー@広島市!!

ちなみに、ですが
犬ちゃんは甘い物が大好き。
おやつ食べ過ぎると太ります。
心臓とか関節とかあちこち傷めます。
なんでもかんでもあげたらいかんよ~。

ちなちなみに、ですが
虫ちゃんの犬友ちゃんたちは
リンゴやバナナの他に
大根とかも大好き。
虫ちゃんはポリポリ食べよる音が大好き。
犬先生のとこの犬先輩は
大根一本とかゴボウ4、5本とか
平気でボリボリ平らげるってよ。
頼もしいわん。

2010年3月17日 (水)

虫の七百二/ミミツブシ

虫ちゃんは虫様も好きやけど
犬ちゃんはもっと好きでから
週末は色んな犬ちゃん達に
デンガラガッタ遊んでもらいよる。

で、先週も最年長13才の犬様と飼い主様とで
お山道をテクテク歩きよったら
あ!丸イガボール発見!

hokoritake100314_12000001.jpg
『ホコリタケ』の仲間やろ?
てか『ホコリタケ』やろ?

地域によっては
「かぜぶくろ、うさぎたけ、かぜのこ、
きつねのおこつ、きつねのたばこ、きつねのたま、
きつねのだんご、きつねのちゃぶくろ、
けむだしきのご、みみつぶし」等々
色んな言われようでございます。

真ん丸なボール状で枯れてくると
天辺から「ポフっ」て煙みたいに胞子が出て来る。
それで「けむだし」なんやね。
で、その煙(胞子)が耳に入ったら
耳が聞こえんくなるという言い伝えがあって
「みみつぶし」なんげな。
耳からホコリタケ生えて来るってか?
こえ~。
でもこのキノコ、食べれるとよ。

犬ちゃんにあげようと思って
「卵スナック」持っとった。
hokoritake100314_12000002.jpg
なんか似とったけん並べて撮ったけど
イマイチ伝わらんだろう。
卵スナックは美味い。

2010年3月16日 (火)

虫の七百一/ヒジキ

原っぱにはツクシ、林の中にはヒジキ。

「は?林にヒジキ?またどうせダジャレかなんか?」

みたいな?ツッコミ?
お~、鋭い。
ダジャレ、ストライク!
でもこれみたら皆タマも絶対

「お~!ヒジキ~!」

って言うってばよん。
ホレ。
hijiki100309_15570001.jpg
肘みたいな樹。
「ヒジキ」。
どう見ても肘やろ!!ヒジ!!
友虫に

「これ何に見える~?」

って聞いたら

「ヒジ。」

って即答やったもんね。

「だけん何?」

は、言いっこな~しよ。
あ、今日は父虫の誕生日だ!
父虫おめでとうございます。
今年もタケノコいっぱい掘ろうえ~。

2010年3月14日 (日)

虫の七百/サクラサク

わぁ。
「虫の七百」って。
わぁぁ。。
皆タマのお陰です。
寒い季節も暖かく見守っていただき
本当にありがとうございます。
いつか「虫の千」を迎える日まで
焦らず腐らず自惚れずがんばりますので
これからもよろしくお願いいたします。


今年は桜の開花が早そうだ、
とは聞いておりましたが
sakura100314_10000001.jpg
ひゃぁ、もう咲きそうやん。

sakura100314_09590001.jpg
ソメイヨシノさん。

shidarezakura100314_10000002.jpg
こちらはもう咲きそうでござる。

shirdarezakura100314_10010002.jpg
シダレザクラさん。

春や~。
ツクシもセリも美味しかった~。
あとはフキさんだけやなぁ。
あ~春や~。

ヒガンバナは葉っぱ元気やし
花咲く頃には葉っぱないのにね。
オドリコソウももうすぐ蕾出来ますし。
また報告しますし。
あ~春や~。
嬉しいわ~。

2010年3月 9日 (火)

虫の六百九十九/樹の子供

前回森の秘密を一つ見つけてくれた友虫ちゃんが
またまた素敵な景色を発見。

kinoko100228_10440002.jpg
小さい樹みたい。

kinoko100228_10440001.jpg
絶対ここ集会所やけん。
なんやろう。
この林でよく見かける「樹みたいなキノコ」。
まさに「樹の子」。
まぁ、食べてみたい、と思うようなキノコじゃないけど。
何しろちょうどこの場所に日が射しとって
うっとりしちゃったわよ。

こっちでは食べたくなるおキノコ様が。
kikurage100306_12050001.jpg
なんじゃこりゃ~!
血管が走っとる~!

kikurage100306_12050002.jpg
虫ちゃんのブログではお馴染みの
『キクラゲ』ちゃんやね。
これは食べごろやね~。
キクラゲも何種類かあってからね
皿うどんやらに入っとる黒いコリコリしとるのは
『アラゲキクラゲ』っちゅーて
もっと赤黒くて傘にポワポワ~って
白っぽい毛が生えとんしゃる。
この写真のキクラゲはただのキクラゲで
ひたすらプルプルしとる。
次回収穫して食ってまお。
何作ろうかな。

最近の写真

  • Img_3962
  • Img_3959
  • Fullsizerender_4
  • Img_3331_2
  • Img_3331
  • Fullsizerender_7
  • Img_3326
  • Fullsizerender_3
  • Fullsizerender_5
  • Hyoumoncho060714
  • Img_1983
  • Img_1981