LOVE FM CLUBに入ろう!

  • LOVE FM CLUBとは?
    リクエストやメッセージの送信、LOVE FMのイベント、プレゼントなどすべての応募が1クリックでOK。CLUBメンバー限定のプレゼントも!希望される方にはLOVE FMの最新情報メールマガジン「LOVE FM MAGAZINE」を配信中です。
    ※入会費、年会費などはございません。

    >>LOVE FM CLUBへの登録はコチラから

サービスエリア

  • サービスエリア
    画像クリックで拡大
Powered by Six Apart

« 2010年11月 | メイン | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

虫の八百二十六/Farewell!!

大晦日じゃ!
正月が来るぞ!!
ってだけでテンション超アガっとって
お昼過ぎまで台所で片付けたり
おせち的な事やったりして
いざ!今年最後のお山へ!!

玄関出た途端に吹雪いてきた。
yukiyama101231_15000002.jpg
お山に着いたら雪景色。
まさに白銀の。

今年も色々ありました。
年明けた時にはまさかFREE WAVEがなくなるなんて
想いもしてなかったし。

仲間と別れる事も想像してなかった。
仕事上の付き合いとは言え
一緒に番組造り上げる作業は
住み心地の良い家を造るのとおんなじで
虫ちゃんはいつも居心地いい「我が家」で
番組をやらせてもらってた気がします。

来年から、引っ越し先でまた
ぬくーい家を造れるかしら。
皆タマが遊びに来やすい家になるかしら。
なるくさ!!

ってことで、今年最後の大仕事、
FREE WAVE大トリの番組
『特別囲碁~サヨナナナナナナ~』を
ドカンとカマしに行ってこーわい!!
今夜10時からやじ!

今年もいろいろありがとう!
来年もよい年になりますよう
心からお祈り申しあげマッスル!!

2010年12月28日 (火)

虫の八百二十五/龍の髭

真冬に暴風警報ってなんね!!
怖っ!!
「竜巻に注意」とか気象情報で言われても
どうしたらいいか全く見当つかんちゃけど
これじゃいかんよね。

はっ!!竜巻??
てことは「龍」??
すげ~。
偶然のリンク(マジマジ)。
本日のネタは『リュウノヒゲ』なんでございます。

janohige101228_09140002.jpg
の、実。
『ジャノヒゲ』とも言うけど
細い葉っぱを龍の髭に見立てたらしい。
「龍の髭に似ていることから、、」みたいな解説も見つけたけど
見たんか??ってツッコミみたくなるのは
虫ちゃんだけやないやろう?

この青い実。
janohige101228_09140001.jpg
冬になるとよ。
虫ちゃんは子供ながらに
「この青い実を龍の目玉と思ったけん
葉っぱを髭にしたっちゃろうね」
って勝手に解釈しとった。
まさか髭を見た人がおったとは。

って、小バカにしたコメント書きよるけど
虫ちゃんは実際龍はおったと思っとる派やん。
だって「ドラゴン伝説」は世界中にあるやん?
おかしいやん?
絶対おったとって。
今はどこに行ったんやろうね。

ところでこの『リュウノヒゲ』の実、
むか~し小鳥が食べよるの見かけて
父虫に
「これ食べられると?」
って聞いたら
「食えるもんかい!」
って答えが帰って来た。

でも、小鳥があまりに美味しそうに食べとるように見えて
ついつい虫ちゃんも手を出したら

「甘いやん。」

という結果です。
そんなにムシャムシャ食べたい程美味しい訳じゃないけど
苦いか甘いか、で言ったら
「全然甘い」って感じです。
オススメはせんけどね~。

虫ちゃんちでは『オジョロノメ』って言う事の方が多いけど
地域名が色々あるのかもしれんね。

2010年12月27日 (月)

緊急報告!!迷い犬さん速報

飼い主さん、見つかったってーーーーーっ!!

今月21日のブログで皆タマにご協力をお願いした
迷い犬さん保護の件ですが
さっき保護者Mさんから連絡が入りまして
飼い主が無事に見つかったとの事であります!!

Mさんが雪の中、一生懸命あちこち交渉して
やっと貼ってもらえたチラシのうちの1枚が
奇跡を呼びました!!

ブログを読んで気持ちを送って下さった皆タマ、
本当にありがとうございました!
通じたぞーーーーーっ!!

21日の記事に掲載していた写真は
撤収しますね。
管理センターの中で写した写真やしね。
マジで嬉しい。
結局虫ちゃんは何もしてないけど
年内に見つかって本当に良かった。
そして、また色々と考えさせられたし勉強になりました。
Mさん、お疲れさまでした!!

asa091202_07520001.jpg
こんな気持ち。

2010年12月26日 (日)

虫の八百二十四/お寒波!

お寒波がやって来たぞね!!
スタートレックでオカンパつったらテレパス系ですが
地球でお寒波つったらただひたすら寒いだけですたい。

早朝お宮掃除へ向かう途中も
yuki101226_08480002.jpg
傘越しに雪を眺めながら。
雪の日はやっぱ透明ビニール傘よね。

雨やったら外掃除も中止やけど
雪やとなんか「出来るやろ」的な雰囲気になるよね。
結果的に濡れるっちゃけどね。

室温が冷蔵庫並みになってきやした。
冷蔵庫開けてもちっとも「寒!」ってなりません。
むしろなんか「ふわっ」とした空気を感じます。
冷蔵庫、電源落としてドア開けといたろかしら。
お山の犬先生の家では

「色んな物が凍り始めました」

げなですばいやん。
毎年の事とは言え、大変よね。

風邪ひいて年越しせないかんごとなったら
やおいかんので
皆タマくれぐれもお気をつけあそばせ。

ところで昨日、コメント欄にも書いたけど
腹筋鍛えよったら右の鎖骨んとこが

「ぽちっ。」

って言ったとよ。
まるでつぶやくように。

「あっ。(ヤバい)」

って心の中でつぶやいたけど
こういう時って

「気のせいやろ」

って思いたいですやん?
なんやろ、骨かな?
それとも骨周りの筋肉系かな?
それでも松葉箒で掃除は出来たよ。
痛いけど。

どうせなら分かりやすく

「ぽきっ。」

って叫んで欲しかったわい。
鎖骨★Twitterってか。
フォローしたらアカン!

2010年12月24日 (金)

虫の八百二十三/キノコの卵

それは昨日の事じゃった。
いつものように犬様達と林のそばへ遊びに出掛けたところ
白い卵のようなものが土から顔を出しているのを発見。
supponntakepa0_0104.jpg
分かる?

あら、ここにも。
supponntakepa0_0105.jpg
長靴の先に白くて丸いの見えろ?

supponntake.jpg
あっちにも

supponntakepa0_0106.jpg
こっちにも

よく見たら
supponntakepa0_0107.jpg
2個ずつセットみたい。

supponntakepa0_0109.jpg
ほらほら。

supponntakepa0_0108.jpg
こっちは割れてなんか生まれそう。

ちょっと捕まえてみちゃうよ。
supponntakepa0_0097.jpg
中味は透明なゼリーみたいで弾力満点。
白い皮はカマンベールチーズの「がわたん」そっくり。
においは特にしないよ。
強いて言うなら「甘さ控えめのまんじゅう」みたいなニオイ。
わからんよね。

実はこれ、『スッポンタケ』っていうおキノコ様の「卵」。
近くに生えとったけん間違いないよ。
supponntakepa0_0111.jpg
ね?

卵は、、
supponntakepa0_0110.jpg
根元にドロドロの「白身」が見えるね。

『スッポンタケ』は卵からニョキニョキっと生えて来るけど
普通のおキノコ様みたいに傘を開いて胞子を風に飛ばしたりしないんだ。
「まるで死体のような、、」と表現される強烈なニオイで
ハエとかを呼んで胞子を体にくっつけて運んでもらうんだってよ。
まるで花みたいやね。

「そんなニオイのキノコ、食べられんやろ」
って思うやろ?
卵から「孵る」と臭くて食べられんけど
卵のうちなら食べられるらしかばいやん。
「魚のような味」らしか。
うーん。
いっぱいあったけど、そんなに食べてみたくはないなぁ。
てか、こんな時季にこんな沢山どうした事かいな。
コレ全部マツタケやったらよかったな。
とりあえず、メレカリキマカ!

2010年12月21日 (火)

緊急告知/迷い犬さん再び

皆タマ、ちょっと聴いて下さい。
今日、番組宛に『迷い犬さん保護』のメールが届きました。
一部を抜粋してそのまま載せますね。

「先週、土曜の夜に大野城春町3丁目交差点で、
車にひかれそうな犬ちゃんを保護しました。
自宅では飼えないので、東部動物管理センターにいます。

収容期間は1月4日までです。

老犬 オス 白茶 首輪とリードをつけたままで

両目は白内障か何かで、ほとんど見えていない状態で、

道路を右往左往して、何度もクラクションを
鳴らされ、見ていられない状況でした。。。。。
心を痛めている飼い主さんが、
待っていてくれるはずだと信じたいのですが、
ものすごく痩せていて、しばらくさまよっていた様子でした。」

という内容です。
写真はこちらです。

(※12月27日に飼い主さんが見つかった事が分かりましたので
 写真は外します)

とにかくまず一時的にでも預かってもらえる家を探して
それからゆっくり飼い主さんを捜す方向で動きます。

しかし一番いいのはすぐにでも飼い主さんが見つかる事なので
この写真にピンと来たらすぐに東部動物管理センターに連絡してください。

家に帰れますように!!!

2010年12月19日 (日)

虫の八百二十二/Season cycle

いい天気やたねー。
汗かいて遊んだばい。
そして見つけたばい。

ちょいとコレを見ておくれやす。
jakou101219_13360003.jpg
月の表面じゃないよ。

出た!
パァ~!!
jakojakou101219_13360001.jpg
お菊虫!!
『ジャコウアゲハ』のギーサナちゃんだよ!

今年もなんと、去年と同じ場所に。
去年、っつーか、紹介したのは
今年の1月25日やったとよね。
気づいたのがその時季っつーだけで
去年の今頃にはもうサナいどったっちゃろうね。

ちなみに昨シーズンのはコチラ。
jakoujakou100125_16510002.jpg
去年の方が少し位置が高いだけやじ。

ちなちなみに昨シーズンのギーサナは
無事に羽化していきんしゃった。
jakou101219_13360002.jpg
これが痕跡。

今年も無事に羽化れるかな~。
まさか去年の子やったりするとかいな?!
それやったらごいす~!!
来年こそは羽化ば見逃さんごとせんばいかんばい。

2010年12月16日 (木)

虫の八百二十一/初雪

外で「パラパラ」聴こえるけん雨と思って
玄関開けたら雪やし!
yuki101216_07480001.jpg
コンコロリンの雪やけんパラパラ音がしよったんやね。
今朝7時48分。
空を雪雲が覆っとるけんいつもより暗い朝だ。

朝方で雪止むと思っとったけん油断しとった。
yuki101216_10320001.jpg
およそ3時間後の10時32分。
ふわふわの方の雪になっとる。
ふぇ~!
でも寒くても雪やったら耐えられる!!

yuki101216_10420001.jpg
みるみる積もって
窓の向こうに雪景色が透けて見える。

今部屋の中で
ヒートテック長袖2枚重ね、の上に長袖のカットソー、
の上にトレーナー、の上に内側ボアのフリースのジャンパー、
の上にダウンジャケット着とるけど
寒っ!!

暖房つけてもいいけどさ~
ザ★ガマン!!
も、意外と楽しい雪の日ですよ。

2010年12月14日 (火)

虫の八百二十/暗く美しい、、、

最近そんな訳で溜め息ばっかしやけど
溜め息ばっかしつきよったら
オナラばっかしプープ~なるとよ。
皆タマも気をつけてね。

お山も日が暮れて
oyama101212_17110001.jpg
暗ーい。
でも、なんか綺麗に見えて来た。
青のコントラストって綺麗ね。

とーかなんとか言いながら
台所のガラスにまた綺麗なガちゃん。
fuyunoga101213_21540002.jpg
ちょっと暗いけど
スケスケの翅。
スケルトンで透けとるん。
真珠のセロハンみたーい。

去年か一昨年の冬にも玄関で出会ったガちゃんやろ。
名前分からんけど「セロはん」て呼ぶ事にする。
「旦那はん」の「はん」やけん。

ちなみにライト点けてみるとやね
fuyunoga101213_21540001.jpg
うーん、なんか雰囲気なくなるっちゃんねー。
残念。
なんでもかんでもよく見えればいいってもんじゃないね。

2010年12月12日 (日)

虫の八百十九/あれから半年。。。

新しい毛布!!
ぬくいっ!!
これで安心して冬の夜をやり過ごせるばい!
安心して眠る、それは「安眠」。
「安眠」と言えば、、、。

今年の4月の終わりに
お隣の生け垣の『マサキ』で大発生した
『ミノウスバ』っちゅーガの赤様の大移動を紹介したよね。
こやつこやつ。
minousuba100425_105302.jpg
移動の途中で虫ちゃん家にもボタボタ落ちてくるけん
やおいかん、って書いたっちゃけど
移動してどこへ行くのかってーと
みんなそれぞれ好きな場所探してサナぎたいとよね。

minousuba100425_105402.jpg
移動してどこへ行くのかってーと
みんなそれぞれ好きな場所探してサナぎたいとよね。
今年は例年を凌ぐ大発生で
虫ちゃん家の中まで入って来たりして
なかなか大変やった。
そしてあっちこっちでサナいどった。
うすーい絆創膏みたいな(?)繭の中で。

で、今から一月前ぐらいから羽化が始まったとよ。
玄関周りを中心に、あっちこっちで
オレンジムックで黒いオーガンジーな翅が
とても美しい成虫が誕生です。

minousubaimgp2119.jpg
ここは室外機の上。
今頃羽化してどうするのか、って言うと
交尾して『マサキ』に卵産んで行くんだ。
で、卵で冬越して
また来年の春にその子供達が虫ちゃん家を行進していくんだな。

ついに子供からサナギ、成虫と追跡出来た。
繭の写真撮り損ねたけど
抜け殻ならまだあるやろうけん探してんも。

キレイなの。

最近の写真

  • Hyoumoncho060714
  • Img_1983
  • Img_1981
  • Tsumaguroimgp0286
  • Tsumaguro091005_17490001
  • Tsumaguro090619_09300001
  • Tsumaguro080327_16080001
  • Img_1944
  • Img_1945
  • Mutsubaseibou3
  • Mutsubaseibou2
  • Img_0268