LOVE FM CLUBに入ろう!

  • LOVE FM CLUBとは?
    リクエストやメッセージの送信、LOVE FMのイベント、プレゼントなどすべての応募が1クリックでOK。CLUBメンバー限定のプレゼントも!希望される方にはLOVE FMの最新情報メールマガジン「LOVE FM MAGAZINE」を配信中です。
    ※入会費、年会費などはございません。

    >>LOVE FM CLUBへの登録はコチラから

サービスエリア

  • サービスエリア
    画像クリックで拡大
Powered by Six Apart

« 2011年7月 | メイン | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月26日 (金)

虫の九百十/蔵出しゴマダラ祭り、つっても2種類やけど。の巻

激しい雨が続きますなー。
こんな時は蔵出し祭りやろねー。

撮影したのは先月やったかの。
大きなモミジの樹の下で『ゴマダラカミキリ』発見。
Gomadarakamiimgp0218
ぬ?2頭おる?

Gomadarakamiimgp0221
交尾中かー。
モミジの樹でゴマダラに会う確率高いぞ。
ミカン系の樹が好物と思っとったけど
さてはモミジも食うんだな?と思い検索。
「モミジがゴマダラカミキリに食害されると最悪の場合枯れてしまう。」
とありますぞ。
な〜る〜。
頑張れ、モミジ。

お次の「ゴマダラッチョ」はコチラ。
Madaracho110718_114801
『ゴマダラチョウ』。
山のチョウやね。
同じく「山のミミズ・シーボルトミミズ」の死骸から
栄養分をチウチウしているところ。
写真クリックして拡大したら黄色いストローが見えるよ。
あ、ミミズも拡大されるけん気をつけてね。

クヌギの樹液とかに集まる他、
動物のフンコさんにも集まるそうですが
こんな風に動物遺体にも集まるみたいやね。

Madaracho110718_114802
初めてこのチョウの翅を見つけた時は
「オオムラサキや!!」と思ってコーフンしたもんだ。
せっかくお山で遊ばせてもらうなら
やっぱお山にしかおらん虫様に出会いたいってもんだ。
雨ばっかじゃつまらんぞー!
うぉー!!

2011年8月22日 (月)

虫の九百九/チビヘビボディースーツ

今日はまたよく降った。
雨をよけながら外で遊ぶの難しかった。
雨だけならいいけど雷鳴り出したらお外は怖いでね〜。

で、デカドッグ君がいつもと違う感じで
地面のニオイをクンクンし続けるので
何があるのかと見てみたら

Hebikawa110818_133301
ちっちゃ!!
『シマヘビ』ちゃんの脱ぎたてスーツとお見受け。
ちっちゃ!!
これくらいのヘビは、たまらんの〜。
子供の頃にビニールに入れて連れ回しよったのも
ちょうどこれぐらいの赤様じゃった。

前にチビデカドッグ君が見つけたのは
『アオダイショウ』と思われる大きな皮で
Aodaisyou090925_17210001_2
脱ぎたてのプルップルやった。
シリコン製かと思う程やった。
これ全部財布に入れとったら
ソッコー億万長者なれるやろ。
しまった。入れてみればよかった。

ヘビの脱皮は昆虫の脱皮と違って
皮脱いだけんってサイズが大きくなる訳じゃないらしい。
要は新陳代謝ってヤツ?
ヒトもこんな風にペロリンて一枚ずつ脱げたら面白いのにね。
そして出来る事ならその度に年々増えて行くホクロとかシミが
消えてなくなればいいのにねっ!!


2011年8月20日 (土)

虫の九百八/キノコ★ザ★ひょうたんつぎ

ゴリラゲーウやー!
違う。
ゲリラ豪雨やー!
か?
ザー!!と降ってピタっと止みよる。
変な雨やなぁ。

雨が降るとおキノコ様が出て来なさる。

Kinoko110819_180001
だーいぶ前にも紹介した事あるおキノコ様が
お山のワープ道出てすぐのとこに現れた。
『ホコリタケ』の仲間だろうと思うけど。
一回食べてみたけど
美味しい、とは言えぬ味わいで。。
オススメは出来ませぬなぁ。
バターで焼いてみたけど
バターの香り蹴散らして
菌類の、もっと分かりやすく言うと
カビのニオイが凄かった。
何でも食べてやろうなんて
どんだけ卑しい子かしらね。

どっちかって言うと
Hyotantsugiasagao110819_180001
こんな事したくなったりして。
「ヒマ人〜」ってか。
だって雨やも〜ん。

2011年8月15日 (月)

虫の九百七/玉様

今日は雨に降られましたー。
犬君達と遊びに行ったけど
土砂降りにあって寒かったー。
風邪ひかんごと。はい。

今年も会えました。
御玉様。
Tamaimgp1828
まぁ相変わらずのキラビやかさで。
どうやって見てもタンパク質で出来てるとは思えない。

Tamaimgp1829
鳥は色が変化するものを嫌うので
タマ様には近づかないという話もあり、
そのためのキラキラやないかいな、と。

前にも書いたけど
虫ちゃん’s eyeによると
タマムシが集まる樹の天辺あたりはお日様が良く当たって
葉っぱに反射してキラキラしよって
そこにタマ様おったらまぁ目立たんのよね。
真夏の太陽を完全に味方につけた
「お日様保護色」とも思えるんじゃよねー。

一番知りたいのは
タマ様本人がなんの目的でテカテカしとるのかを
認識しとるのかどうか、ってとこですよ。
聴いてみたい。

2011年8月14日 (日)

虫の九百六/不人気No.1

今日は雨も降って昨日までの猛暑が嘘のよう。
雨もなんだか秋めいてきてる気がする。

こないだ庭のハーブの花にチョウが一頭やって来た。
Himeuranamiimgp0173
『ヒメウラナミジャノメ』ちゃん。
そう。あの「お目玉」のチョウ。

「チョウかガか分からんヤツ」
「超キモチワルイヤツ」

そんな言われ方をずっとしとるんやろうな。
子供の頃、部屋の中に入って来て
レースのカーテンにつかまっとるのは
十中八九このチョウやった。

でもウィキ様にはこんな美しい表現で紹介してあったよ。

「金環の付いた、ひときわ目立つ蛇の目紋を翅に乗せる、茶色の小さなチョウ。
この蛇の目紋は後翅裏に5つあるが、まれに6つから8つほど持つ個体もおり、
そのためargusという学名を付された。
argusとはギリシャ神話の神で、100の目を持つ巨人アルゴスに由来する。」

「蛇の目紋を翅に乗せる」にシビレ票一票。

Himeuranamiimgp0289
これは前回紹介した『ツマグロヒョウモン』撮った時に
そばにおったヤツ。
一頭一頭微妙に模様が違うところが見どころよね。
赤様はイネ科の植物の葉っぱを食べるよ。

2011年8月10日 (水)

虫の九百伍/愛の逃飛翔

わぁ!危なっっ!!
草むら足元で『ツマグロヒョウモン』が交尾しよった!
Tsumaguroimgp0286
踏むとこやったじ!!
翅開いとる方がオスで閉じとる方がメス。

あ、翅開いた!
Tsumaguroimgp0285
「ツマグロ」の名前はメスの翅の先が黒いところから。
オスとメスの柄が全然違うチョウは結構少ない方やないかと思う。

この後すごかったとって。
あんましつこくのぞきよったけん
さすがに落ち着かんかった、つーか怒ったらしく
オスがメスをぶら下げたまんま飛翔!

「わぁ、そのまま飛んだ!!」

って叫ぶくさ。
まぁ、昆虫では合体したままの飛翔はそこまで珍しくないと思うけど
でも体重あんま♂♀で変わらんやろうに、
なんてタフなオスやろうか。

と、見送りよったら別のオスが横恋慕アタック!

「うぉ〜!邪魔が入った!」

っておらぶくさ。
でも二人の絆は硬かったね。
2頭目のオスはソッコー玉砕→退散しよった。

この数日後、庭のスミレにこんなん見つけました。
Tsumatama110805_110801
ひひひ。宝探しやろ。
拡大しようね。
Tsumatama110805_110701
卵!!
これ多分『ツマグロヒョウモン』の卵。
先に生まれた赤様から、もう周り齧られとるけどね。

齧ったのはコノヒト。
Togechin4080816_08440001
「とげちんa.k.a.スパイキー」。
手から葉っぱ食べるとか、かわいいし。

大人になったら
Tsumaguro090619_09310002
こんな感じ。
素敵な彼女を見つけていただきたく。

2011年8月 8日 (月)

虫の九百四/チッチャイトトンボ

ンなつい。なつすぎる。
み、水辺へ行こうぞ。

あ!『チッチャイトトンボ!!』
Itotomboimgp0312
ちっっっちゃ!!
3〜4cmjの間ぐらい。
って、このヒト去年も登場したっちゃんね。
そん時に勝手に命名したっちゃんね。

してその後すぐ、お馴染み虫兄さんの知り合いのトンボ先生に
「チッチャイトトンボ」のホントの名前を
教えてもらったような気がするっちゃけど
なんで覚えてないとかいな。
夢やったとかいな。

ちっちゃいし風from台風吹きよるしなかなか撮れんやないかい。
Itotomboimgp0314
く〜〜〜、シャッター押すまで息が止まる。
図鑑やらなんやらで調べても何トンボか分からんかった。
まぁいつか知るやろう。
もしかしてまだ色が変わる前の若い個体かいな。
トンボの仲間は同定が難しいけん
どうしても苦手意識が取れません。

とか思いよったらさっき庭のモモの葉っぱに
Aomonitoimgp0326
違う「チッチャイトトンボ」が。
コチラも4cmjないぐらい。
大きく見えるけど500円玉ぐらいしかないとよ。

でもこれは分かるよ。
多分やけど『アオモンイトトンボ』やろ?
もひとつ『アジアイトトンボ」って
クリソツさんがおるけどお尻がビミョ〜に違うかろ?
よ〜く見ると胸の筋の入り方が
なんかこれまたビミョ〜に違うっぽいっちゃけど
気のせいかいな。 

ってな具合でトンボは難しい。
だけん『コシアキトンボ』とか
Koshiakiimgp1465
見てすぐ分かるトンボに出会うと
なんかちょっとホッとしてグーな気持ちになるとよね。
まだまだじゃな。

2011年8月 7日 (日)

虫の九百三/星紅天牛

朝起きてデカドッグ君にご飯をあげたら
ブルーベリーちゃんとかモモちゃんとかに
水をあげるのが日課でござる。
水をあげながら、葉っぱを誰か食べたりしよらんか、
食べ頃の実はないか、そんなチェックもするんじゃ。
でもこの日はホース片手に鉢植えに近寄った瞬間
放り出してデジ亀ら取りに部屋にダッシュ。

Hoshibeni110805_091902
デ〜ハ〜★
3年前にも登場した事ある
『ホシベニカミキリ』さんじゃがね。

Hoshibeniimgp0308
葉っぱ食べよるように見えたけど
クスノキ科の植物が好物らしい。
クスノキのみならずヤブニッケイとかバリバリノキとか。
スパイシーなのが好きっちゃね。

Hoshibeniimgp0310
カミキリの割に(?)眼がちっちゃい。
かわいい。

触角が途中で千切れとる。
右はほとんどなくなっとる。
波瀾万丈、色んな事があったっちゃろうなぁ。
強いなぁ。

2011年8月 6日 (土)

虫の九百二/寄り道ラッキー★

8月4日、「月虫」終わって電車に乗り
駅からチャリキに乗り換え
6464する空気の中をダラダラ帰路につく。
な〜んでか分からんけどいつもは通らん、
ビミョーに遠道になるルートから帰ってみようと思った。

暗い夜の坂道をえっちらおっちら登って行きます。
そして暗闇の中、この夜目の効かない虫ちゃんの目が
道路を横断中の虫影を捕らえるというミラクル発生。

「さてはアンタが呼びよったんやね!」

すかさず急ブレーキ、1、2、3、「ダッ!」とチャリキを下り
「サッ!」と捕獲、「ソ〜ッ!」とエコバックのポケットに仕舞い、
家に向かって立ちこぎ全開!!Let's go home!!
虫ちゃんの後ろから来よったサラリーマンには
お金かなんか拾って逃げよるように見えたろうや。

汗びっしょりで家に着いた。けどそんなの関係ねぇ。
改めてご対面やで!
Nokoimgp0297
出て来いやぁ〜!!


Nokoimgp0298
「ぬん。」
♪り〜るれっこ〜べっ><><(by Prince)♪
「水牛」こと『ノコギリクワガタ』やった!

Nokoimgp0299
ツヤッツヤやな。
どちらのWAXお使いですか?みたいな的な。

Nokoimgp0300
う〜ん、今年も挟まれてみようかやめようか。

Nokoimgp0302
若い頃、免許も持たんのに
「車乗るならコルベットやな」とか思いよった。
若かったな。。ふふふ。

ヒラタもカッコイイけど、やっぱスイギュウの
この分かりやすいアッパー系のルックスには
毎回躍らされてしまいます。

夜行性の昆虫なんで明るい部屋は辛かろう。
写真撮ってすぐ逃がした。
家の隣はドングリ林やし。
逃がすために再度捕まえたら固まって死んだフリ。
出た、得意技。
子供の頃、クワガタ獲りに行った時、みんな樹蹴りよったろ?
キックの衝撃で落っこちて来よるのかと思いよったけど
あのガッチリつかめるツマ先でそんな簡単に落ちる訳ないやんね。
振動を感じて驚いたクワガタは
死んだフリして手足縮めるけん
自動的に落下して来る、っていう事らしい。
な〜る〜ほ〜ど〜ね〜。

今日のポイント
「持ってて良かったエコバッグ」


2011年8月 3日 (水)

虫の九百一/暑中お見舞い from水中

暑中お見舞い申し上げます。
なついっす。
太宰府の今日の空は凶暴です。

そんな夏真っ盛りの今日、
ムシムシしたネタもいいですが
涼しげな写真で体感温度を少しでも下げていただくべく
行ってまいりやした。

前からそこにおるの知っとったっちゃもねー。
<写真をクリックしてね!>
Ebiimgp0290
ほらおった!
お、デジ亀らに向かってピースする余裕があるのかい。
下の方にも何匹かおるね。


Ebiimgp0291
キレイなお目玉。
海の中みたいやね。
あ、そうそう。
こちらは淡水に住む『スジエビ』ちゃん。
「カワエビ」とか「モエビ」とか呼ばれるよね。

Ebiimgp0292
「なになに?だれだれ?」
下の方のエビちゃんも上がって来てくれた。

大きさは3〜4センチメートルジャーニーぐらいかな。
身体が透明で向こう側が見える。
凄いことよね。
透明なタンパク質って事やろ?

これ、素揚げして塩ふってレモンかけて食べたら
どんだけうまいですか。
でもそんな事はせず、見守りますよ。

みんなで沢の淵をタテに並んで
上流に向かって歩いて行きよんしゃった。
遠足かいな。
秋までの間にメスはお腹に卵抱えて子供を孵すらしいけん
ちょいちょい観察に行きよけばそんな写真も撮れるかもね。
あー豊かな気持ちになったわい。

最近の写真

  • Hyoumoncho060714
  • Img_1983
  • Img_1981
  • Tsumaguroimgp0286
  • Tsumaguro091005_17490001
  • Tsumaguro090619_09300001
  • Tsumaguro080327_16080001
  • Img_1944
  • Img_1945
  • Mutsubaseibou3
  • Mutsubaseibou2
  • Img_0268