LOVE FM CLUBに入ろう!

  • LOVE FM CLUBとは?
    リクエストやメッセージの送信、LOVE FMのイベント、プレゼントなどすべての応募が1クリックでOK。CLUBメンバー限定のプレゼントも!希望される方にはLOVE FMの最新情報メールマガジン「LOVE FM MAGAZINE」を配信中です。
    ※入会費、年会費などはございません。

    >>LOVE FM CLUBへの登録はコチラから

サービスエリア

  • サービスエリア
    画像クリックで拡大
Powered by Six Apart

« 2011年8月 | メイン | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月26日 (月)

虫の九百十六/お山のAKB

「AKB」つって、顔が分かる女の子、一人しかおらんけど、
でお馴染みの、どうも、虫ちゃんです。
顔は分かるけど名前が分からんちゅーてね。

テレビのAKBもいいけど
虫ちゃんはやっぱ「お山のAKB」やな。
そろそろかな、と思って上を見たらあった。

Akb110925_133802
サツマイモじゃないよ。
「お山のAKB」=『アケビ』ちゃんやないの。

その辺にぶら下がっとるちっちゃいターザンが使いそうな
なんかのツルの先に石を巻き付けて「えいっ!」
うまいこといった。
『アケビ』の枝に引っかかったツルをヌーンと引っ張って
枝ごとたぐり寄せてゲット。

Akb110925_133801
「予定割れ目」。
こっからパカっと割れるとよね。
後ろに見える赤いツブツブは『ミズヒキソウ』の花ですよ。
お祝い袋の「水引」にちなんだ名前やね。
この花はお山の秋を連れて来る花やなー。

Akb110925_134101
葉っぱが3枚ずつ。
『ミツバアケビ』やね。
去年は狙っとったとこを
目の前で知らないおっちゃんとおばちゃんに
根こそぎ持って行かれて
木立の中から家政婦バリにエプロン噛み締める勢いで見守ったけど
今年は一番ノリやで!!
これは自分では食べずに今年95歳になるばあちゃんに持って行くのだ。
おばあちゃんはお山育ちの街暮らしやから
絶対喜んでくれるのだ。
楽しみだ。

2011年9月25日 (日)

虫の九百十五/放電

前回は書きかけの記事を手違いでアップしとって
気がつくまでに沢山コメントいただいてました。
どうもすみませんでした。
今回はぬかりなく。

さて、ここ2、3日天気がいい。
朝から気分がいいです。
今日はどこへ行こう。
お山もいいけどたまには海もいいですよ。
ここ数年、9月になると海に行ってる気がするな。
春の海もいいけど秋の海もまたいいね。

よし。
大好きな有明海へ夕日を見に行こう。
Ariake110924_172301
さすが有明海。
『タイラギ』の殻が普通に落ちとる。
「砂浜」って言うより「貝殻浜」やしね。

Ariake110924_172901
やー!薬指だけ爪が伸びた!!
うそ。『マテガイ』の殻かな。

Ariake110924_172003
満潮やったみたい。
前に来た時はちょうど干潮で
海の向こうから「自転車に乗った人」が
何人も帰って来てびっくりしたもんだ。

Ariake110924_180302
あっと言う間に日が落ちた。
この後、空と海の色がどんどん変わって
海面をお魚がピョンピョン飛び跳ねながら駈けて行ったよ。

お山では充電。
海ではパーーーっと放電。
沈む夕日を見ると
なにかが身体の中でリセットされた気持ちになる。
お邪魔しました。

2011年9月18日 (日)

虫の九百十四/リンゴ脱ぐ。

また少しぶりおひさしです。
カリカリ君の夜な夜なの生命活動に伴う騒音に悩まされ
眠れない夜を過ごしておりましたが
昼間に天井裏を確認してもおぼしき生命反応無く。
しかも虫ちゃんの反撃に敵も考えたのか
出没時間がどんどん朝方にズレ込んで来ており。
もう虫ちゃんの中ではカリカリ君は
「小動物」ではなく「妖精さん」という位置づけに
変わりつつある今日この頃です。
そうでも思わんと嫌いになっちゃう。

そんな訳で体力的に今ひとつパッとせず
お山へもしばらく入ってませんでしたが
昨日久々行ってみたら意外と64暑い。
誰かおらんかなー、とブラブラしよったら
足元に脱ぎっぷり痕跡発見。

Ringo110917_173102
分かるかなー。

Ringo110917_173101
ほらね。
黄色いホワホワが落ちとる。
『リンゴドクガ』のまだ小さい赤様の脱皮殻やね。
右の方に茶色っぽい毛束があるのがお分かり?
これが目印やね。
脱皮を繰り返して大きな赤様になると

Ringodokugaimgp1293
こーなる。
オモチャみたいやね。

茶色の毛束はお尻の方。
Ringodokugaimgp1289
こっちが顔。
ムックとガチャピン足して黄色くしたみたい。
ムクピン?

よく庭のモミジにおんしゃるけど
お山では何を食べていたのやら。

今回は、ジミーな話題やったね。

写真は撮れんかったけど
ヒガンバナに吸蜜に来た『ナガサキアゲハ』のメスに
翅ボロッボロになったオスが求愛しよるとこ見た。
メスは蜜吸うの止めてフワっと舞い上がり
オスはそもそも蜜には興味ない風で
自分より一回り大きくて翅もまだ傷んでないメスに
一生懸命ついて飛びよった。
メスは振り切るでもなく受け入れるでもなく
付かず離れずの追っかけっこ。
オスがピカピカのイケイケならなんとも思わんかったかもしれんけど
なんて言うか、「最後のチャンス」みたいな感じがビシビシ伝わって来て
二人の姿が見えんくなるまで追いかけて見つめてしまった。
まぁ虫ちゃんの読みではあのメスはきっと受け入れたと思うけどね。
なんて言うか、夏と秋の狭間の切ないヒトコマやった。
あ、またジミーな話題やったね。

2011年9月11日 (日)

虫の九百十三/カリカリ君

ここ数日、夜中の2時を過ぎると天井裏から

(((((((カリカリカリカリカリカリカリ)))))))

と誰かが何かを齧るような音がする。
お陰で安眠太郎でお馴染みの虫ちゃんが
珍しく眠れない日々を過ごしており。

『ハツカネズミ』かなぁ、、と思ったけど
天井まで登れる程の脚力なんかなぁ。。
『イタチ』かなぁ?
でもそこまで大きいかなぁ。。

とかなんとか考えても分からないので
四の五の言わずにクイックルワイパーを持って来る。
そんで何するか、ってーと
柄の先で天井を「「「ゴン」」」。
自分がその生き物やったら飛び上がって驚いたろうや。

音は一瞬ピタっと止むけど
またしばらくするとカリカリ言い出す。
しかも同じ場所から。
そこに何があると言うのか。
てか、何か目的を持って齧りよるって事は
虫ちゃんにとってはなんかあんまり良くない予感。

「「「ゴンゴンゴンゴンゴンゴン」」」

連続攻撃によってしばし静寂を取り戻す。
そしてまた床につきウトウト。。

(((((((カリカリカリカリカリカリカリ)))))))

この繰り返しが3、4日続き、眠れなくなっちまった。
さぁ、どうする。

ぽく、ぽく、ぽく、ぽく、ぽく、チーーーーーン!!
閃いた。
お返ししてやればいっちゃない?!

相手はどうやら夜行性のご様子。
ってことは、昼間は休んどるっちゅーことやろ?
よし分かった。
待っておれ。

と、言う訳で
昨日の昼間、天井を同じように突っついてみた。
夜はどうなるかな。

はっはー。
カリカリ君、出てこんかった!
昨日は出てこんかったよ!
っつーか、出て行ってくれたかな?
今夜はどうかな!

「あれ?今日は写真なし?」

と思うやろ。
あるよ。
Satoimo110821_195801_2
ほら。
サトイモちゃん。
あんまりかわいかったけん食べるの勇気いったもんね。

カリカリ君、今どこにおるんかな。

2011年9月10日 (土)

虫の九百十二/トゲトゲスジスジ

また虫暑いねー。
皆タマお元気ですか?

2週間ぐらい前やったかな。
友虫とデカドッグ君と遊びよったら
公園の水飲み場で友虫が発見。

Togetoge110828_182101
ちょっとボヤっとしとるけど
ライムグリーンとレモンイエローに
紺色のトゲトゲが3対?
3センチメートルジャーニーぐらい。

「かわいいっ」

って、思わず口走り。。
最近イモ様みて「かわいい」っていう感情が
普通に湧いて来るようになってきた。。
虫ちゃん、ついにバージョンアップの時か。

Togetoge110828_182103
歩くの速い。
ちゃんと撮れてなくてごめんね。

「え〜?誰これ〜?」

チョウとかガの仲間とは思うけど
お初にお目にかかりましたよ。
体つきはアゲハっぽいっちゃけど
何?このトゲ。

家に帰って「幼虫図鑑」とネットで調べたけど分からん。
てことは?
そう。「虫兄さん」に聴いてみよう!

「アオスジやろ。若齢の。」

って即返事が。

えっ!!『アオスジ??!!』
超びっくり。
「アオスジ」とは『アオスジアゲハ』の事。
終齢幼虫なら前に紹介した事あったよね。

aosuji090820_09300001.jpg
もうサナぐ寸前。

え〜!まさか小さい時にトゲがあるとは。
聞いてないよ〜。
虫兄さんありがとう。
いつも助かります。

aosuji090509_10460001.jpg
このヒトは沢で流されよるとこをレスキューしたっちゃけど
お山とかで会っても比較的接近させてくれる気がするのは
飛ぶのが速いけんかな。
逃げ足に自信あるっちゃろうね。
よく地面で吸水しよるよ。

あー。
夏がもう後ろ姿やねー。
少し寂しいです。


2011年9月 3日 (土)

虫の九百十一/カベチョロ孵化の巻

ぶりおひさし!!
ちょっとサボってました。スミマセン。

おサボりしてる間に
アレがアレしてアレが来た!みたいになってますよ。
アレってなんや!
コレ!!
Kabetama110621_100101
そ〜う。
前に紹介した「カベチョロ」こと『ヤモリ』の卵。

その後の調べで孵化まで1ヶ月半から2ヶ月かかる事が分かったので
なかなか変化せん卵にも焦らずのんびり見守っておった。

ある日卵が黒っぽくなっとる事に気づき
「もうすぐやな!」
と楽しみにしていた所、
完全に油断してしまいその3日後には、、、
Kabe110829_122601
キョーーーーーーーーーー!!
出てってしもうとる!!
み、見たかった〜〜〜(泣)
涙で霞んでソフトフォーカスかかっとるやろ。(嘘)
大体黒くなった時点で箱っとかないかんやった。
ぬかったでござる。
写真も押さえてないし。。

あ〜あ。
チビチョロ見たかったなー。
どんだけ小さくてどんだけ可愛かったやろか。
でもまぁ、2匹とも無事に産まれたみたいで
おめでとうございます。

と、意気消沈してから2日後ぐらいやったかな。
(その間も何回も思い出してはガッカリしよる訳ですよ。)
居間におったらデカドッグ君が「ジーーーーー」っと天井見よる。

「??」

と見上げるとそこには産まれたばかりとおぼしき
ちっちゃなちっちゃなカベチョロが!!

「わぁ!!おった!!」

つって大喜びするも、相手は天井に逆さに張り付いとる。
うーーーん。残念やけど放置やな。届かんし。
自分でやって来たからには自分で行きたいとこ行くやろ。
あーでも間近で見たいなぁ。
既に「チビロ」って呼びよるよ。

と思いながら同居開始。からわずか一日。

「ポトッ」

って床で音がした。

「!!!」

チビロが天井から降って来た!!
バンザーーーーーイ!!
Let's 捕獲や!!
Kabe110831_021901
ちっっっっっっっちゃ!!

Kabe110831_021701
かわいいっ。
かわいすぎるっ。
なんか半透明やし。
京都名物の「生八つ橋」みたい。

Kabe110831_021801
あ〜、パクってしたい!
目から♥がビョンビョン出ます。

チビロは超迷惑そうで
ピョーン、ピョーンって何回も飛んで逃げようとするけど
まぁ待て。も少し付き合っておくれよね。

手が可愛い。
握手した〜い。
Kabe110831_021601
このまま部屋に置いときたいけど
『アシダカグモ』の若者達に遭遇しかねんので
玄関から外に放した。
玄関まわりが一番美味しいけんね。
大きくなってまたチビロJr.に会わせてくれよな!っての!!

最近の写真

  • Hyoumoncho060714
  • Img_1983
  • Img_1981
  • Tsumaguroimgp0286
  • Tsumaguro091005_17490001
  • Tsumaguro090619_09300001
  • Tsumaguro080327_16080001
  • Img_1944
  • Img_1945
  • Mutsubaseibou3
  • Mutsubaseibou2
  • Img_0268