LOVE FM CLUBに入ろう!

  • LOVE FM CLUBとは?
    リクエストやメッセージの送信、LOVE FMのイベント、プレゼントなどすべての応募が1クリックでOK。CLUBメンバー限定のプレゼントも!希望される方にはLOVE FMの最新情報メールマガジン「LOVE FM MAGAZINE」を配信中です。
    ※入会費、年会費などはございません。

    >>LOVE FM CLUBへの登録はコチラから

サービスエリア

  • サービスエリア
    画像クリックで拡大
Powered by Six Apart

« 2011年11月 | メイン | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

虫の九百四十四/今年もお世話になりました

今年もいろいろありました。
まったく想像してなかった事が
世界だけじゃなく自分にも起こったり。
一番身近な自分のことが
一番リアルに想像出来んかったりするけど
なんでも「他人事」と思っとったらいかんな、
と痛感した一年やったです。

前半はまさかの入院とかで
身体的にヨレヨレやったけど
夏が終わる頃から徐々に元に戻って来て
バリバリ元気で新年を迎えられそうです。
ありがたいことです。

Sumire111229_132001
今年も色んなイキモノに出会った。
お初様にもいっぱい会えたし。
来年ものんびりいきたいです。

皆タマ応援ありがとうございました。
良いお年をお迎えください!


2011年12月28日 (水)

虫の九百四十三/LFP

寒かったりぬくかったり。
寝たり起きたりで虫達も忙しそう。

成虫で越冬する昆虫も多いけど
カマキリの仲間は卵で越冬するよね。
成虫は晩秋までハンティングしながら
交尾・産卵して死んで行きます。
12月に入るともうほとんど見かける事もなくなるよね。

六日前の事じゃった。
ケモノ除けのネットの撤収を手伝いよったら
ネットの折り返しの隙間に一頭のカマキリを発見。
もうなんて言うか色味が生きとる時と違ってボヤ〜っとしとる。

「こんなとこで寒さ除けながら死んだんかー」

と思いながらも「でももしかして、、」と手を伸ばすと
Kama111222_143401
生きとるやないかーーー!
ジ・ワァ〜っと動き出した。
感無量です!

Kama111222_143501
恐らくこれがラスト・ファイティング・ポーズ。
切ない。

Kama111222_143504
もう目もあんまり見えよらんちゃないかいな。
とにかく全体的に色が薄いし
目の光も弱い。

近年カマキリの魅力に気づいてしもうて
ちょっと思い入れが強いもんで。
でもネットの間には驚く程沢山の卵嚢があった。
全部外して寒くなさそうな草むらに隠して来た。
来年もまた会おうえ。

2011年12月25日 (日)

虫の九百四十二/冬のザトウムシ

風強いー。
風さえなければ家の中におるより
外で遊びよった方が体が暖まってぬくいのに。

こんなに寒いのにお山の沢の縁で
『ザトウムシ』さんに遭遇。

Zatomushi111224_154101
気温低いのに動きが速くて驚く。
ちょっと待っておくれよ。

Zatomushi111224_154001
冬場はみんなで集まって過ごすんかなぁ。
ドロップ型の体に細いハリガネみたいな足で
ひょっこりひょっこり歩く。
なんて言うか、絶対こっち向いてくれん虫様の一人やね。

2011年12月22日 (木)

虫の九百四十一/ハリハリちゃん

冬らしい日が続いておりますが
ちょっと晴れ間が出るとまだまだ虫様たちがお出まします。

Buyu111212_131901
ブ〜ユ〜。
ついに生け捕りに成功。
ハエとかカと同じ「双翅類(そうしるい)」なので
翅は2枚しかなく、体の真ん中らへんに見える
白い小さなポッチが後翅の痕跡「平均棍(へいきんこん)」です。
これまでに何度も紹介したよね。
これ取っちまうと、全く飛べなくなっちまうらしいので
退化したって言うより進化したって感じやね。

しかし『ブユ』は真冬でも気温が10℃あれば出て来る事が分かった。
顔の周りブンブン飛んで鬱陶しい事この上なし。
野山ではイノシシとかにまとわりついて血ぃ吸いよるんかなぁ。
白いデカドッグ君より黒いチビデカドッグ君の方が
圧倒的にたかられよる。
とにかくしつこくカユいので許し難いニクいヤツであります。

そして
Bekkoubachi111215_154402
誰だか分からんけどハチのハリハリちゃん。
お尻のハリが凄いやろ。
産卵管でもありますよ。
ベッコウバチの仲間かなぁ、と思うけど
調べがつきませなんだ。
クモとかハントして幼虫の餌にしてる系じゃないのかな。

餌はお尻の毒針から毒を注入して麻痺させられた状態で
そばに産みつけられた卵から孵化して来た赤様に食べられる。
ヒトが刺されたら歯医者さんの麻酔みたいに
そこだけ痺れるとかな?
刺されてみたい。。

そっと捕まえてちょっと遊んでもらった。
虫を捕まえる時は、指でつまんだりワシづかみにするんじゃなくて
歩いて来る方にそっと手を差し出すだけだす。
そしたら大体登って来てくれるよ。
とーか言ってもブユはつまみ上げたけどねっ。


2011年12月19日 (月)

虫の九百四十/イノっ晴れ

今日は天気いい。
空気は澄んで冷たくて気持ちいい。
お伝え出来るかしら。
Sora111219_130802
部屋の中の方が寒くて
ちょっと厚着しすぎた。
デカドッグ君も嬉しそうや。

こないだ流れ星見に来たのもこの辺り。
デカドッグ君はそこら中に充満しとるイノシシの気配に
落ち着かん様子やった。
まぁイノシシはこの辺にはどこにでもおるけど
今日見つけた足跡はデカかった。
Ino111219_124901
虫ちゃんの手とおんなじぐらいの大きさ。
久しぶりに大きいチョキ見つけた。
昼はイヌちゃん、夜はイノちゃん。
草っ原サイコー。

2011年12月14日 (水)

虫の九百三十九/ツメジ。

いっつも同じとこに出かけよると
大体いっつも同じメンバーに会う。
人も虫も。
でもたまに「誰!」て思う出会いがあるよね。

Tsumejimukade111210_153101
前に一回土掘った時に出会った事あったけど
「ヒャーーーーーー」って走って土の中に逃げられた。
この度、寒さの中、雨に打たれてお亡くなりになっていた模様。

Tsumejimukade111210_153201
間違ぇねぇ。
ムカデのお仲間でやんす。
マッチョなアゴが、そう申しております。

調べましたところ『ツメジムカデ』のようであります。
「ツメジ?」と思うやん。
でも「ツメ/ジムカデ」で分けるのが正解。
「ジムカデ」、つまり、地中で暮らしてるムカデって事みたい。
そんで小さい虫捕まえて食べてるらしい。
そんで自分はモグラとか自分より大きな『トビズムカデ』とかに
食べられてるらしい。

でも『ツメジムカデ』は「足41対」て書いてある。
うそやん。
だって体節数えたら60以上ありますよ?
ムカデは各体節から一対の足やろ?
したら60対以上あるはずやん?
実際ホントに「百足」て言える程足があるムカデですやん。
う〜〜〜ん。

写真で寄り目になりながら何回数えても60以上あるんで
これはもう現場に戻るしかないと思って今日行ってみた。
ら、
。。。
おらん。
確かに死んどったのに、その場所におらん。
誰かが食べたとかいな。
ぬーーー。
これはまた土掘るしかねーのかな。
咬まれたら痛いとかな。
それも併せて検証やで!!

2011年12月11日 (日)

虫の九百三十八/冬の実り

寒くなりましたなぁ。
でも今年は暖かい日が長く続いたせいた
お山の『フユイチゴ』が豊作のようですぞ。

Fuyuichigo111209_151601
そこらじゅうフユイチゴだらけ。
して、今年はなんだか粒が大きい気がします。

Fuyuichigo111209_151501
更に、甘い。

Fuyuichigo111209_151502
毎年あんまりつまみ食いしてないけど
今年のはジャムにしたら美味しそうやな〜、
と思う出来栄え。

『フユイチゴ』はお山の日陰の少し湿気があるようなとこでも
ワリワリ繁るし、蔓みたに地面を這うように育つ。
野イチゴの中では渋くもないし、まぁまぁ甘いし
美味しい方と思うけど、冬場に誰が食べよるんかなぁ。
小鳥とかが群がっとるとこ見た事ないし
野ネズミとかが食い散らかしとるようにも見えんし
毎年この時季、緑の草むらに赤いつぶつぶで
「クリスマス地面」って感じなんよね。
皆タマも見かけたら味見してみてね〜。


2011年12月 9日 (金)

虫の九百三十七/雨のお山

おとといまで昼間汗かいて遊びよったのに
昨日の夜の風はもう冬の音やった。
天気予報では今日は曇りって言いよったけど
霧みたいな雨がずーっと降りよった。
知るか!山じゃ!

Kemunpas111209_152702
おや。
葉っぱの裏で誰か雨宿りしているよ。

Kemunpasu111209_152801
パスパスパスパス!ケムンパース!!
ガの赤様やろうけど誰か分からんかった。
『マイマイガ』の小さいのみたいやけど色とか違うしなぁ。

さみしい。。
今日会ったの、この人だけ。
こないだの雨の時は同じ場所で
Katatsumuriimgp0544
チビツムリちゃんとか色々おったのに。

Katatsumuriimgp0547
ちっちぇ〜。
殻が5ミリメーテルぐらいしかないよ。
でもお目玉ははっきり見えるね。

Spiderimgp0542
網を張らん徘徊性のクモは雨が降っても降らんでも
葉っぱの裏で隠れとる事が多いね。
さぁ何匹おるか、分かるかな!

次回はまたまた山グルメの巻です。
おたのしみに〜。

2011年12月 2日 (金)

虫の九百三十六/コバノガマズミ報告

2011年もあと一ヶ月。
今年は予想外の事がいっぱいあったなぁ。
そいでも今日元気でおられるけん、ありがたいこってす。

去年の4月に紹介した『コバノガマズミ』。
Kobanogamazumi100418_124101
お山の中に生えとる涼しげな樹なんですが
さっき近く通った時に
「秋に実がなるし食えるし」って図鑑に書いてあったな、
と、ふと思い出し。

あった。
赤い直径5ミリぐらいの実がちょこちょこなっとる!
さっそく食ってみる。
ぬ!!
さて、何味だ!

1 サクランボ
2 イチゴ
3 バナナ
4 イチジク
5 メロン
6 モモ
7 もういい、って?

正解は〜〜〜〜

1のサクランボでしたー。
バリ、サクランボ。
ちっちゃいけんサクランボ気分満喫したかったら
結構頬張らないかんけど、
小鳥とかが楽しみにしとったらいかんけん
味見だけでやめましたよ。
でもこれ、ジャムにしたら美味しそう〜。

で、写真撮るの忘れました。
サクランボより食いしんぼ。
う〜、マンボ!!
Kobanogamazumi100418_124102


最近の写真

  • Img_9014_2
  • Img_9014
  • Anosakura0
  • Bag5
  • Bag4
  • Bag3
  • Bag2
  • Bag1
  • Mugmug
  • Lovefes
  • Bag5
  • Bag4