LOVE FM CLUBに入ろう!

  • LOVE FM CLUBとは?
    リクエストやメッセージの送信、LOVE FMのイベント、プレゼントなどすべての応募が1クリックでOK。CLUBメンバー限定のプレゼントも!希望される方にはLOVE FMの最新情報メールマガジン「LOVE FM MAGAZINE」を配信中です。
    ※入会費、年会費などはございません。

    >>LOVE FM CLUBへの登録はコチラから

サービスエリア

  • サービスエリア
    画像クリックで拡大
Powered by Six Apart

« 2012年5月 | メイン | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月28日 (木)

虫の九百八十九/木の耳

今日は少し暑かったけど
お山はやはり涼しく快適でした。
そして雨のお土産発見。

Kikurage120628_132601
『アラゲキクラゲ』ちゃん。
チャンポンとか中華料理には欠かせん存在よね。
漢字では「木耳」と書くよ。
うまい!!

Kikurage120628_132602
山で見かけるキクラゲにはこの黒くてコリコリした
『アラゲキクラゲ』ともう少しプワっとゼラチン質な
『キクラゲ』がある。
どっちも食べれるくさ。
天然モノと栽培モノ、食べた感じでは差はないですな。
キクラゲは枯れた樹に生えるので
一見生きとるように見える樹でも
もう枯れ始めとるんやなぁ、っていうのが分かる。
今回はちょっと高いとこに生えとるから
残念ながらお見送りでーす。


2012年6月26日 (火)

虫の九百八十八/脱皮ーバースデー

脱皮バースデー梅〜雨〜
脱皮バースデー梅〜雨〜♪
Kusagumoimgp0156
庭のハーブの葉の裏で見事な脱ぎっぷりの『ササグモ』ちゃん発見。

Kusagumoimgp0155
脱皮から既にだいぶ経っているらしく
もう自由に動き回れるご様子。
体が乾くまではやっぱフニャフニャして
歩けんのやろね。

Kusagumoimgp0153
脱ぎたてをガン見されてご立腹。
そそくさと離席されました。

Kusagumoimgp0152
ちょっとピンボケやけどお腹はこんな模様。
徘徊性のクモで網を張らずに草の間でハンティング。
お母さんは卵の入った袋の上で
卵を守るんですってよ。
どんな世界でも母は強しやね。

もういっちょ。
こっちはホントのバースデー。
Joroimgp0157
『ジョロウグモ』の赤ちゃんが生まれたよ。

Joroimgp0158
卵から孵って少し時間が経った状態。
最初はみんなもっとギュっと固まっとる。
この状態を「団居(まどい)」と言って
何回か脱皮してから皆さんご存知の
「クモの子散らした」状態になって
お尻から出した糸を風に乗せる「バルーニング」で
拡散していくのであります。

こんなに小ちゃいのにもれなく大冒険が待っとる。
すげぇでやんす。


2012年6月24日 (日)

虫の九百八十七/死して屍拾うもの、、、

もうすぐ「1000回」やん。
って事に気がつきながら
今日は死んだ虫の話。

Murasakisijimiimgp0166
玄関先でキラリと光るもの発見。

Murasakisijimiimgp0161
『ムラサキシジミ』ちゃんや!
林の縁でよく見かける。
どういう状態なのかな。。
翅の内側が外側に見えとる。
でも、、
虫は死んでいても美しい。
さすが外骨格。
もうアリがだいぶん集まって来とる。
死して屍拾うものアリ。。
すぐにこの形は消えてなくなるけど
その命はしっかりアリたちに受け継がれていくんだな。

Murasakisijimi111030_140601
去年の秋に母虫が捕まえてきてくれたヤツを紹介した時は
最後まで綺麗な翅の内側を撮る事が出来ず。。

Murasakisijimiimgp0163
鱗粉は長方形っぽいね。
キレイに並んどるね。

翅は大体最後まで遺る。

Oomizuao120604_132701
今年見つけた「月の女神」こと『オオミズアオ』さん。
オスかメスかも分からんぐらい既に体の一部を持ち去られとる。
この2日後に同じ場所観に行ったら
後ろ翅一枚遺して消えとった。

ちなみにこちらが去年の『オオミズアオ』さんで
Oomizu110430_120102

こっちが3年前。
Oomizu090521_14080001
何回見てもうっとりする。
命は繋がって行くね。


2012年6月21日 (木)

虫の九百八十六/シーソーbeautiful!!

梅雨は雨続きで外で遊べん日が多いけど 家の中でする事が沢山ある。

ラッキョの皮むいたり〜漬けたり〜味見したり〜。

だけじゃないよ。

ガラスの10代の頃に友虫の家で

友虫のおかあさんが作ったシソジュースを初めて飲んだ日の感動。

を、去年遂に自らの手で再現する事に成功し 味をしめしめ今年も作った!!

Siso120620_131901

赤シソ。

表も裏も赤い、てか、赤紫のシソもあるけど 表が赤紫で裏が緑のもあるよ Siso120620_151701

醤油じゃないよ。

ホントは綺麗な紫色っちゃけど茶色に見えるね。

熱いうちに砂糖を入れるよ。

虫ちゃんはキビ砂糖を使うよ。

砂糖が溶けたらリンゴ酢を入れます。

ここクライマックス! 入れるや否や!

Siso120620_151801

魔法のように一瞬でピンクに変身!!

キョーーーーー!!

Siso120620_154101

今年も美しい飲み物が出来ました。

飲む時は薄めてね。

ソーダで割っても美味しいよ。

夏い暑の疲れた体に染みるよ。

分量はコチラ。

◉赤シソ 葉っぱむしった状態で300g

◉キビキビ砂糖 200〜250g (結構甘い方が美味しいみたいよ)

◉リンゴ酢 170cc

◉水 1000cc

今年は調子に乗り過ぎて3リッターも作ってしまったので もう作らんでいいやろう。 全然関係ないけど 今年初めて大きくて美味しいブルーベリーが実りました。 Bb120618_003801

まだちょびっとやけど、DD君と一緒に早く踊り食いしたいです。

2012年6月16日 (土)

虫の九百八十五/今年のゲジ様(※閲覧注意法発令)

この度はのっけから残念なお知らせでございます。
前回ご紹介いたしました
「シーサーの『あ』さんの中で子育てするシジュウカラ」の話。
一昨日の夜、野良猫の襲撃に遭いまして
「あ」さんが粉々に砕け散り、中のヒナは行方不明とのこと。
母虫曰く
「ヒナは巣立ったっちゃない?」。
いささか楽観的かとは思いますが
この際そういう事にしておきまして
相方を失った「うん」さんのためにも
虫ちゃんが「あ」さんを復活させようと心に決めた所でございます。
相当小ちゃくなると思うけど。
頑張るぞよ。

で、今回は虫ちゃん家に毎年現れるっちゃけど、今年はデカかった、の話。
足が多いイキモノが苦手な方はこっから先は行かない方がいいかもよ。

主役は『ゲジ』様。
ちゅーてもここいらで見る『ゲジ』は虫ちゃんの手の平サイズの
『オオゲジ』が主流です。
で、その子供とかはもうチョロチョロ家の中に普通におるっちゃけど
こないだ出たのは
「出た。」って言うぐらいの大きさ。
いい大人。しかも完璧。
Geji120613_023002
美しや。

Geji120613_023101
あな美しや。

Geji120613_023201
ビールの缶と比べるとどんだけ大きいか分かるやろ?

Geji120613_023103
そしてこの大きさまで育ってきて
敵に襲われたら自ら切り落としてしまう事もある足が
15対全部揃っとるっちゅーのはお見事でござんす。
おめぇ、さては強ぇな?

Geji120613_023001
捕まえようとする虫ちゃんから逃れ
カンカンの影に隠れているつもりらしい。

ゲジは噛む口持っとるけど捕まえても噛まれた事はない。
『アシダカグモ』の大人達がこぞって出て行った我が家では
最近Gヤンがチラホラチョロチラしよる。
このままこの巨大『ゲジ』様におってもらったら
もしやガキブリぐらいは食ってくれるんじゃないかとも思いましたが
よく観よったらカンについた水滴を一生懸命飲んでる風で
あぁ、家の中じゃ水飲みにくいやろうなぁ、という事で
残念ですが同居は諦め、お外へリリース。
つーか、自分で入って来たっちゃろ!
って話やけど、やっぱ外のイキモノは外におった方がいいよね。
今頃元気に雨宿りしよるかな。

あ、言われる前に言っとこ。
ビール飲み過ぎ!ってか!

2012年6月12日 (火)

虫の九百八十四/子育て

毎年の事ですが
家の玄関先で『シジュウカラ』が子育てをします。
チビデカドッグ君が散歩で出入りする時に
毎回ニオイを嗅ぐようになったので
今年もヒナが生まれたかな、と思いよりました。
CDD君がクンクンするその場所とは。。
Shijuukara120610_093901
コチラの穴。
さぁなんの穴だろうか。
引いてみるよ。
ズン!!

Shijuukara120610_094001
ふふふ。そうだす。
「シーサー」の「あ」さんの口の中なんだす。
ある意味言うたら最強の場所よね。

雨も直射日光も避けられるけど
カンカン照りの時は「あ」さん自体があっつ〜くなるので
中でヒナが煮えんやろか、と心配になるけど
ほぼ毎年ここで子育てが行われるとよねー。

あ、ほら。お母さん達が帰って来たよ。

Shijuukara120610_091301
虫ちゃんが近くにおるけん警戒しとる。
さえずる時は
「ツツピー♪ツツピー♪」て言うけど
今は「ジジジジジ」って言いよる。
どう聴いても警戒音やろうね。
なんか緊迫感あるもん。

物陰に隠れてしばらく張り込みしとったら

Shijuukara120610_091302
「あ」さんの前の外灯の上に着地。
口に餌の青虫くわえとる。
これを一日に何回も繰り返して
立派に育った子供達の誰かが
また来年ここへ帰ってくるのかな。
帰って来〜いよ〜。

2012年6月 8日 (金)

虫の九百八十三/紫陽花

久しぶりの雨だー。
と、思ったら梅雨入りしたって?
来た来たー。梅雨だー。

ところで
今年はアジサイの花が小さい。
ご近所見回してもなんか小さい気がするけど
気のせいかな。

先日、母虫に頼まれて作った粘土のカタツムリ。
母虫は自分でアジサイを作ってそれにくっつけたかったらしいけど
そのアジサイが焼き上がってきました。
120601_094301
我が母ながらお見事。

120601_094501
よう作っとるのぅ。

虫ちゃんのカタツムリは焼き上がるまでに
触角は全て折れ、尻尾までついでに折れ、
満身創痍のボロボロになったので
かわいそう過ぎてお見せ出来ません。
残念です。

ところで『アジサイ』という響き。
そもそも何語なん?と思って調べましたら
元々は「あづさい」といって
「あづ」は小さいものが集まっている様子、
「さい」は「真藍」、
要するに
「青くて小さい花が集まって咲いている」
ってことらしい。
へ〜。
漢字の「紫陽花」は中国の別の花の事らしいよ。
へ〜。

アジサイは日本原産やけんね。
梅雨の国らしいなぁ。

アジサイの葉っぱって虫に食われることがないけん
これは毒があるんじゃないか?と思って前に調べたら
やっぱり結構な毒をお持ちで
ヒトが沢山食べたら下手したら死ぬげなです。
以前、シソの葉と間違えて天ぷらで食べた人の中毒が
ニュースになった事があったな。
食べたらあかんどー。


2012年6月 5日 (火)

虫の九百八十二/ヤマボウシとカツオブシムシ

今日は涼しいなー。
玄関先では『ヤマボウシ』の花が見頃を迎えております。
Yamaboushi1120601_092901
『ヤマボウシ』は
♪う〜すべ〜にい〜ろのぉ〜、でお馴染みの『ハナミズキ』、
と、同じ「ミズキ科」の日本のお山に自生する樹です。
つっても虫ちゃんが遊びに行く数々のお山で
見かけた事はありませぬ。
大きくなると10メーテルぐらいになるので
気がつかんだけかもしれんけどね。

Yamaboushi120601_093001
真ん中のところが秋になると赤く大きくなって
食べられるようになる!
これが驚く程ウマい!!
中身はマンゴーみたいな色と味で
一個食べたら「もっと食べたい!!」てなる。
早く大きくならんかなー。

て、そう。
気がついた?誰かおるよね。
じゃぁ拡大するよ!
ニン!!
Yamaboushi120601_093003
そー。
『ヒメマルカツオブシムシ』ちゃんやね。
「あれ?なんか聴いた事ある名前だぞ?」って?
そー。
衣類の害虫でお馴染みのあの方でござんす。
もっとも衣類を食べるのは赤様時代。
たまにセーター出したら小さなケムシの抜け殻みたいのが
くっついとって、そしたら確実にそのセーターには穴があったりするよね。

赤様時代は暗い所が好きらしくタンスの中とか正に快適レストラン。
で、大人になると明るい所が好きになってお外へ脱出。
そして花に集まって来る。
でもその前に!タンスの中で交尾と産卵してっちゃうんですって。
えー!
じゃあうちのブシムシって何代目??

Yamaboushi120601_093002
これまで成虫はマーガレットでよく見かけよったけん
マーガレットが好きなんだと思っとったけど
なんだ、白い花が好きなのね。

とかなんとか書きながら
頭の中はヤマボウシの実の事でいっぱいやし。


2012年6月 3日 (日)

虫の九百八十一/雨上がりの。。。

やー。
大概の虫様なら見れば何の仲間かぐらいは
だーいたい分かるようになったばってん
このヒトに畑で出会った時は一瞬止まってしまったやね。
Amabikoyasude7
うんんんん???
デカイし。
青いし黄色いし。

で、虫ちゃんの脳みそデータバンクをフル稼働して

「あ、多分ヤスデやね?」

って本人に聴いても答えてはくれんけど
体節から2本ずつ足が生えとるの見て確信。
ヤスデはそういう足なんで「倍脚類」と言われます。
なんだ、ヤスデなら怖くないぞ。
しかしデカイ。
し、キレイ。
Amabikoyasude6
「ブルートレインみたいやなぁ」
と思った。
ブルートレイン、一種類も知らんけど。

Amabikoyasude4
ヤスデと同じ色の右側のボコボコは
虫ちゃんの手袋の指先。
ね?デカイやろ?

Amabikoyasude3
足がいっぱい。
名前調べたら『アマビコヤスデ』って。
「アマビコ」??
やっほー?

「アマビコ」って、調べたら「ヤスデの別称」てよ。
「雨上がりなどによく現れることから」て。
へ〜。
え?「へ〜」じゃなくて。
じゃぁ『アマビコヤスデ』は「ヤスデヤスデ」ってことになるやん。
え〜〜〜!!
え〜〜〜〜〜〜!!

Amabikoyasude5
とにかく捕まえてもひたすら逃げてゆく
アマビっ子でした。

最近の写真

  • Mutsubaseibou3
  • Mutsubaseibou2
  • Img_0268
  • Img_0252
  • Img_0222
  • Nijigomiiimgp0208
  • Ooyamakawagera4
  • Ooyamakawagera3
  • Img_9562
  • Img_0103
  • Img_0059
  • Img_0010