LOVE FM CLUBに入ろう!

  • LOVE FM CLUBとは?
    リクエストやメッセージの送信、LOVE FMのイベント、プレゼントなどすべての応募が1クリックでOK。CLUBメンバー限定のプレゼントも!希望される方にはLOVE FMの最新情報メールマガジン「LOVE FM MAGAZINE」を配信中です。
    ※入会費、年会費などはございません。

    >>LOVE FM CLUBへの登録はコチラから

サービスエリア

  • サービスエリア
    画像クリックで拡大
Powered by Six Apart

« 2012年7月 | メイン | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月28日 (火)

虫の九百九十九/>@w@<

♪トンボの目玉はギョロギョロ目玉〜

♪飛んでるむ〜しを食べるから〜
♪食〜べる〜か〜ら〜
Onagasanae120827_174001
鉢植えに水やろうと思って
「ふ」と横見たらおんしゃった。
や〜ん。
見た事ないトンボや〜ん。
調べないかんや〜ん。
でもなんか「サナエちゃん」系やないかいな。
と思って調べたら
『オナガサナエ』ちゃんやった。
Onagasanae120827_174003
お尻に特徴あるけん調べやすかった。
トンボは何回も言いよるけど
調べるのが難しいけん
見つけると即躊躇するもんね。
『オナガサナエ』のオスとお見受け。
日本固有種げな!げなげな!!
ちょっと嬉しくなる。
だって日本でしか見られんちゃもんね。
このヒトはお目玉がもう緑色やけん
大人げな。げなげーな。
若いうちはお目玉褐色って。
もう彼女は見つかったやろか。
余計なお世話やね!

2012年8月16日 (木)

虫の九百九十八/笑う犬

部屋の中にカがおるなー、と思っていた午前中。

右の眉毛を刺され、顔の右半分だけ
ギリシャ彫刻のように彫りが深くなった午後。
皆タマ
お元気ですか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
暑いけんまだ遊びに行かれんねー、
とデカドッグ君と庭へ出ると
隅っこで「笑う犬」が転がっとった。
拾い上げて『ヤマボウシ』の上へ。
Mengata120816_160403
『クロメンガタスズメ』。
虫ちゃんの好きな『スズメガ』の仲間。
背中の模様が「ドクロのようだ」と
よくいわれるけど
虫ちゃんには優しく微笑むイヌにしか見えん。
Mengata120816_160402_2
大きなお目玉。。
夜行性やと思うけど
何を見てきたかな。
捕まえたら「ギー!ギー!」て鳴くよ。
「チュウチュウ!!」にも聴こえるかな。
幼虫も鳴くらしい。
ぬーん。
成虫のもう一つの顔、
それは、、、
「ハチミツ泥棒」!!!
そう。ミツバチの巣に入り込んでハチミツをチウチウするよ。
そしてミツバチに袋だたきにされて
そのまま巣の中でハチミツ漬けになるって。
甘ーいご飯の中で
幸せな最期のような違うような。

2012年8月15日 (水)

虫の九百九十七/夏の思い出

お盆も過ぎ夏の暑さに秋の気配が少しずつ混ざり始めた今日この頃、
皆タマ、いかがお過ごしですか。
あんまり暑いのでなかなか日中お山へも行けず、
山へ行かない=目的がない、となると
玄関開けて外に出る力もなく。
夏バテや。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日はあの夏の思い出を書こう。
日付を見たらもう5年前の事やった。
見事なアカトンボやろう。

8t070701_160902_0001

でも、ただのアカトンボやないんやで。

070701_153101
ほら、ちっちゃ!!
左下の白長丸いのは虫ちゃんの人差し指。
よりも、うんと小ちゃい赤とんぼ。
そう。『ハッチョウトンボ』でやんす。
ずっと見たかったけん
出会った時のコーフンは今も忘れんよ。
ホントにちっちゃかった。
頭から尻まで、一円玉の中に収まるとよ。
カンドーやろ??
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
佐賀の七山の樫原湿原で会えるよ。
湿原とかにしか生息出来んけん
どこでもは会えんとよ。
友虫とドライブで七山の「観音の滝」に出掛けて
たまたま近くで「樫原湿原」の案内看板が目に入った。
「樫原湿原?!と言えば、『ハッチョウトンボ』やろ!!」
って一人で盛り上がって寄り道してもらったっちゃんね。
身近な人々が虫に寛大でありがたいよね。
こっちはメス。
F8t070701_160001
更に2ミリぐらい小ちゃい。
トンボってどっちかってーと
大きい虫のイメージやけん
こんな小ちゃいとオモチャみたいに見えるよね。
世界でも最小グループに入るみたいよ。
日本の宝やね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さぁ、カボチャ煮よう。
今日のロクヨンはカボチャの特集しよう。
みんなカボチャは好きかな!

2012年8月 8日 (水)

虫の九百九十六/虎甲虫

毎年4月の終わり頃からお山の入口とかで出会う
『ナミハンミョウ』ちゃん。
120804_180801
ちょっとぼやけててゴメンよ。
デッカいアゴが先端でクロスしとるの分かる?
これはオスの証拠。
メスはもう少しアゴが小さくてバッテンにはならん。

なんでオスはアゴがデカいのかー?
それは交尾をする時に
このデッカいアゴでメスの体を後ろから
ガッチリくわえて離さんようにするためでぃす。

まだその現場には出くわした事ないけど
今頃お山ではあちこちでこのアゴが活躍しとる事やろう。

英語では「Tiger Beatle」と呼ばれるハンミョウちゃん達。
「虎甲虫」やね。
このデッカいアゴが肉食プレデター的な印象を強くするけど
自分で狩りをする他に死んだ動物とかにも集まるらしい。

で、気がついた。
あらゆる色が施されたこの昆虫は
120804_1808010001
ネガポジ逆転しても美しい。

Hanmyo090517_18050003jpg
調子に乗ってこれまで撮ったヤツもやってみた。
シビ〜。(※渋い〜)

Hanmyo090517_18000002jpg
『ハンミョウ』のみならず、周りの景色も綺麗ねー。

Hanmyo090517_18060004jpg
「ひょっ!」

Hanmyo090517_18060002
は〜んみょ〜ほ〜れんそ〜めん(つるつるっ)♪

近づこうとすると
地面を「ぷっ」っと離れて
「ふぃ〜ん」と先へ飛んで行ってまた着地する。
ついて行くとどんどん前へ前へ飛んで行くので
「道おしえ」と言われる。
でも途中で草むらの中とか入ってって
すぐコースアウトするので
なかなかついて行くのは難しいのであります。

2012年8月 2日 (木)

虫の九百九十五/環。

八月に入りましたなー。
夏真っ盛りですなー。
お山へは夕方からしか行けませんが
今日、林のシダの葉に綺麗な黄色くて小さなアシナガバチを発見。
『キアシナガバチ』と思ったけど
帰って調べたら『ムモンホソアシナガバチ』やったみたい。
ホントに綺麗。

で、そのハッチャンはシダの葉の裏に行ったり出て来たりしよる。
裏に何がある?
のぞいてビックリ。
Mumonnhosoasinagabat120801_182301
『ヒグラシ』かな?
羽化の途中でアシナガバチの餌になっとった。
アシナガバチやスズメバチは獲物を捕まえて
巣に持ち帰るんじゃなくて
「現場」で噛み砕いて「肉団子」にしてから持ち帰る。

しばらく観よったら2頭、3頭とやって来る。
既に「餌発見」の一報が巣に伝わっとるんやね。

Mumonnhosoasinagabat120801_182501
セミは羽化の途中で襲われたのか
羽化に失敗した所を見つかったのか
どっちか分からんけど
一頭のセミが何頭のハチの子を育てる事か。
そしてそのアシナガバチとて無敵ではなく
更に強い者に獲物にされる訳です。
命の環は「輪」として
どこから始まる訳でもなく
どこかで終わる訳でもなく
延々と淡々と廻り続けるのであります。

Mumonnhosoasinagabati120801_182303


最近の写真

  • Ooyamakawagera4
  • Ooyamakawagera3
  • Img_9562
  • Img_0103
  • Img_0059
  • Img_0010
  • Img_9980
  • Chicchikooimgp2302
  • Image1_2
  • Image1
  • Bag1
  • Mugmug