LOVE FM CLUBに入ろう!

  • LOVE FM CLUBとは?
    リクエストやメッセージの送信、LOVE FMのイベント、プレゼントなどすべての応募が1クリックでOK。CLUBメンバー限定のプレゼントも!希望される方にはLOVE FMの最新情報メールマガジン「LOVE FM MAGAZINE」を配信中です。
    ※入会費、年会費などはございません。

    >>LOVE FM CLUBへの登録はコチラから

サービスエリア

  • サービスエリア
    画像クリックで拡大
Powered by Six Apart

« 虫の千二十/カボチャの魔女スープ | メイン | 虫の千二十二/サナギ越え »

2012年11月30日 (金)

虫の千二十一/美空

気がつけば今年もあと一ヶ月。

あっと言う間やったなぁ。
まぁ振り返ったところで
思い出せる事なんてごくわずかな
忘れんぼ脳じゃけどね。
なんですぐ忘れるかって?
それは、こんな毎日だからでぃす。
*
*
お山の麓から眺める景色は
いつも虫ちゃんの心を奪い
前を向かせてくれるであります。
Sora121128_163101
日が沈むぞ。
今日も一日ありがとうございました。
*
Sora121128_164201
飛行機が夕日に向かって行くぞ。
*
Sora121128_164701
また一機。
*
Sora121128_165001
美しかぁ〜。
*
Sora121128_165101
太陽に溶けて行った。
*
*
あぁ、多分また何か記憶から消去されたぞ。
ふぇふぇふぇ。
*
*
とまぁ、こういう訳なのよ。
どういう訳じゃ!!
そんな脳天気な虫ちゃんとて
振り返ると辛かった事が
一番に思い出されるんよね。
そんなの忘れてしまいたいですやん。
まぁ忘れる事は出来んけど
そんな中で今年出会った一番の言葉を
書き留めておこうね。
*
*
「日はまた昇る。また始めればよい。」
*
*
この言葉にどんだけ救われました事か。
地球時間で生きよう。
ニンゲン時間は慌ただしくて
すぐなんか我を忘れてしまうもん。
って、決意した事を
忘れませんように。
*
*
<追伸>
チーズ蟲パン君、
「虫の一」から全部読んでくれたって?
ありがとう。
受験生なのに。。
入試の問題に虫が出ればいいのにね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/522870/30456363

虫の千二十一/美空を参照しているブログ:

コメント

太陽に向かって飛んで行くのってメチャクチャ眩しいやろうなぁ!
この風景にカラスが鳴いてたら
お家に帰りたくなるよね♪
夕飯なんだろなぁ~
的な♪

今年の一年間は早送り見たいに…終わりますねー
最近は夕焼けの空色!
を見ると心が淋しく感じ
ます。

今、電車の中で読んでいて、涙がこぼれそうで困っています。美しい夕陽と心にしみることばをありがとう、虫ちゃん。

豚トロは日の出の頃に仕事が終わります。

朝の風景もとても神秘的で美しいですよぉgood

綺麗な風景や素敵な言葉で感動でいっぱいです。

あれやこれ夕陽にくべてまた明日

ツッチ♪さん、うまいなぁ。。
スンスン燃えて新しい朝日が生まれるんやね。

「日はまた昇る。また始めればよい。」
この言葉は、何度も何度も失い奪われながら
それでもあきらめずに生きようとした人から
生まれた言葉やと思うんですよね。
彼の地が「アメリカ」と名付けられ
移入者によって奪われる前に
そこに生きた人々に
素晴らしい教えをありがとう、と言いたいです。

虫さんへ、日はまた昇る、またはじめればいい。その言葉、実に心に染みました。自分はギターを10数年来練習してますが、今年、ギターを初歩から教えてくれた、師匠と些細なことで、決別しました。今年一年間、ギターの方向せいが見つからず、師匠の言われていた練習をやっていました。が、今日虫さんの言葉で、何か吹っ切れた感じがして、自分なりに練習の方向せいを探して行こうと思いました。ありがとうhappy01 ちなみに、愛用のギターはマーチンの000ー28です。

 絢香のうたが聞こえてくる~。みんな空のした~って。
サチさんの声で始まった月下虫音以来、自分から繋がらなければ失ってしまう!って思いに突き動かされて始めたメールです。こぞうさんの視線の先にあるものを一緒にみて、感じて、明日につなげています。これからもよろしく。つくれぽも、かいたから。

太陽が沈む時は、何だかひとりぼっちになっていく気分。
そして、その孤独はいつも繰り返されて、一日が終わる。

それでも、明日また生きていけるのは
隣にいる 孤独な「あなた」がいるから。
孤独という繋がりを見つけた瞬間、僕もあなたも、孤独じゃなくなるから。

寂しくなる程に、側に感じる「あなた」の事、僕は、大事に思ってるよ。

美しい景色ですねshineそれから、ネイティブアメリカンの言葉なんですね!一度しっかり読んでみようかな。私も「10月以降も月下虫音ありますよね?」っていうメッセージの紹介から投稿することを決めました。だってなくなったら困るから!今年の一番の収穫は、月下虫音に出会えたことheart04生き物の話を聞くうちに、かなり前向きに生きられるようになりました。年末に送るつもりだったメッセージを、もう書いてしまったsweat01虫ちゃんの忘れんぼは、やっぱり上書き保存だったんだ。「忘れん脳」の私は、うらやましいばかり。同じ「うう」なのに!利き手の状況もほとんど同じなのに!でも辛いことを一番に思い出すところは一緒coldsweats01まさかこれが「うう」の特徴??

一枚目の緑の点はUFOかな・・ただの反射かな・・

いいなぁ。。 このまったりとした幸せな時間。。

ちょっと寒そうやけど・・

人間時間じゃなくて地球時間かぁ。。 なりほど・・

宇宙のリズムで生活しようというマヤンカレンダーなるものを

使ってはおりますが、気づくと人間時間になっておりまする。

しかし、こぞうさんの写真ええなぁ~ ディスクトップ背景にしよう。

私は良く風邪引きます。
カボチャを食べない、
から風邪を引くだろ!
やっと理由が分かった。
これからは少しずつカボチャを食べよう。
栄養がある、だぁんすー
こぞうさんのおかげで、
分かって良かった。
頑張って十分やる気が出てきた。
少しは身体が強くなるだろう。カボチャやこぞうさんに…感謝します。

夕日に限らず、太陽、月、星、なぜ、眺めるとこんなにも心に響くんだろうと、いつも思います。

今年の夏も、四王寺の森キャンプで、深夜の森の中広い駐車場

に1人寝っ転がって星を見ました。泣きましたよ。

「陽はまた昇る。また始めれば良い。」かぁ。。

すごくいい言葉ですね。

ブログに名前まで乗せてもらって光栄です!!

僕が引越してくるずっと前の虫ブログも見れてよかったです。

また冬の山に散歩でも行ってみます。

夕日とかって見ていて自然に心が落ち着いてくるように感じます
私も中2の時に大分県の久住に登山(キャンプ)に行った時に星や月、夕日、植物などの自然に触れたり、見たりして本当、自然の力はすごいと感動して泣きました。私の中では、良いキャンプでした。できるならもう1回行きたいと思っています。
本当、こぞうさんありがとう。私も月下虫音に出会って成長できたと思っています。

おはよー、虫ちゃん。

師走になりましたね♪
そして、どうやら寒さ厳しき冬になりそうという予報。
だってじゃすとなう、「さ、さむヒ~!」(ブルブル)

つーんと冴えわたる冷気には刃のような美しさもあります。
空もまた♪

みな玉もお風邪など召されませぬようびーけあほう♪

いやー
この写真見た瞬間いいね👍ボタン押しちゃいましたよ〜
いやー
毎回いいんですけどね〜
こういう景色大好きでいっつもケータイで撮ってるんです!
いやーいい〜

50年近く生きてても失敗はするし、やり切れない気持になる事はあるんだよね。忘れちゃいかん事も忘れたりする。世間に迷惑かけながら生きちょります。明日からの自分が少しでも人のためになれるように気をつけたい。全ては自分の中に在ると思う。

皆タマ、心にぐっと来るコメントを、本当にありがとうございます。

いい事もいやな事も、

自分に必要だから起こる、とよく言われますが、

その時は夢中でよく分からんですよ。


せめて、後から振り返った時に、その出来事に感謝出来るような生き方が出来たら

万々歳やな、と思います。

そもそもいい事だけしか起こらん訳ないっちゃしね。

てか、ホント、この記事、大晦日に書けば良かったね(笑)

そこはこぞうのやる事だから、で許してタモーレ。

ほんとだー。クリスマス越えて~年末な感じだーネヒヒヒヒ。
ツッチーさんにデカい一票!ココロにぐんっ!ってきましたー。イイねー!紙に書いとくー。
しみじみ。落ち葉カサコソ踏みしめながら~虫チャンのこの空の写真と文読んで~またしみじみ。

お世話になっております!まはろデス!

ブログには初コメントをさせていただきます。

心に響く内容に涙が止まりません…
夕陽の写真にも感動しました!

虫ちゃんの物事の受け止め方は
わたしの目指すものそのものです。

ありがとうございます♪

あの飛行機、築城からスクランブル発進しとるとやろ、お国のために頑張っとらす

現実に引き戻してすみまっせん

コメントを投稿

最近の写真

  • Hyoumoncho060714
  • Img_1983
  • Img_1981
  • Tsumaguroimgp0286
  • Tsumaguro091005_17490001
  • Tsumaguro090619_09300001
  • Tsumaguro080327_16080001
  • Img_1944
  • Img_1945
  • Mutsubaseibou3
  • Mutsubaseibou2
  • Img_0268