LOVE FM CLUBに入ろう!

  • LOVE FM CLUBとは?
    リクエストやメッセージの送信、LOVE FMのイベント、プレゼントなどすべての応募が1クリックでOK。CLUBメンバー限定のプレゼントも!希望される方にはLOVE FMの最新情報メールマガジン「LOVE FM MAGAZINE」を配信中です。
    ※入会費、年会費などはございません。

    >>LOVE FM CLUBへの登録はコチラから

サービスエリア

  • サービスエリア
    画像クリックで拡大
Powered by Six Apart

« 虫の千三十七/はっのころはっ はっ! | メイン | 虫の千三十九/春はすぐそこ »

2013年2月 6日 (水)

虫の千三十八/さよならチッチクー

思いのほか大きかった喪失感。

昨年末から我が家に住み着いた2頭の『ハツカネズミ』、
チッチキー」と「チッチクー」。
チッチキーは存在に気づいてから3日目に
寝床にしている段ボールを発見し
ソッコー捕獲して山へリリース。
その時は一頭だけだと思って暢気に構えとったら
その日のうちにもう一頭の存在が発覚。
それが「チッチクー」なのであります。
自作のトラップ「チュウチュウキャッチャー」を
結局11号機まで作る事になったけど
最後はゴミ袋の中におる所を発見し捕獲。
なんともネズミらしい幕切れとなったのであります。
Chicchikooimgp2288
「あ〜あ、つ〜かまった〜」ぐらいの余裕をみせるチッチクー。
全然バタバタ慌てない。
チッチキーとは全然違う。
最初にチッチクーの被害に遭ったのはチョコレート。
てか、イチゴミルク味の飴玉1個の他、
ヤツが我が家で食べたのはほぼチョコレートのみ。
虫ちゃん作の「チュウチュウキャッチャー」は
ネズミが痛くないように」がモットーだったので
どこか甘かったんやね。
餌のチョコレートだけ毎回くすねられよった。
「入れるけど出られん」仕組みになっとるはずなのにね。
チッチクーはホントに賢い『ハツカネズミ』やと思う。
なんか、手応えが今までの歴代のネズミ達と全然違うっちゃもん。
で、最強の「9号機new ver.」は
なかなか中に入れずにモヤモヤの腹ペコペコになって
仕方なくゴミ袋に入った所を御用となったって訳。
Chicchikooimgp2291
「かわいかろうが。」と言っているのか。
いや、言ってはいないだろう。
「お腹空いとろうね」と思い
チョコレートを一欠け入れると
Chicchikooimgp2302_2
「やったぁ!チョコレート〜!」の余裕。
Chicchikooimgp2305
「いい顔で上手に食べるよ。
 チョコレートのCMの仕事取って来てよ。」
とでも言いたいか。
いや、言っていないだろう。
Chicchikooimgp2329
「お腹いっぷぁ〜い。次、なんするとー。」
どこまでも余裕のチッチクー。
Chicchikooimgp2331
「手タレにもなれるよ。CM取って来てよ。」
とか言っていない。
そんな妄想しているうちに
いよいよお別れの時間だよ。
チッチキーよりももっと遠くへ放すよ。
新しく見つけた山道だよ。
プラスチックの瓶に入ったチッチクーは
最後まで慌てる事なく、堂々とした振る舞いやった。
山の途中の古いお墓の、墓石を積み重ねた小さな隙間に
チッチクーの入った瓶のフタを開けて近づけると
チッチクーは即座に、でもゆっくりと歩いて
隙間の奥へ消えて行きました。
チッチキーはフタ開けてもビビってすくんで
最後虫ちゃんが瓶を傾けるまで出て行かんかったとよ。
でも多分、それが普通の『ハツカネズミ』の反応やないかな。
チッチクーは自分に起こる全ての事を
全部バッチ来いと正面から受け止めて
自分のものにしよるようにさえ見えたよ。
瓶に残った小さな最後のチョコレートのカケラを
チッチクーが消えて行った隙間の脇に置いて
お墓の主に勝手な事してごめんなさい、
チッチクーをよろしくお願いします、とお願いして
別れて参りました。
こんなに淋しい気持ちになろうとは。
考えたら被害総額は30円ぐらい。
このまま瓶の中で暮らすかい?
とも思ったけど
やはり野生の生き物は生きるべき場所で生きるべき。
まぁ、我が家を選んだのは本人だけどね。
結局、いつかチッチクーが自分の家族を持って
我が家の壁の隙間でどんどん増えていった時の事を想うと、
手に負えんくなるのが分かっとるし
キレイ事言っとる場合じゃない、って事よね。
小さな大物チッチクー、
その優秀な遺伝子、必ずや遺せよ!!
バイバイ!!
Chicchikoo130205_113902

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/522870/30952721

虫の千三十八/さよならチッチクーを参照しているブログ:

コメント

写真を撮っていたとは思ったけど、こんなに何カットも激写していたとは…。その思いの深さが伝わってきます。

今回のチッチクー捕物帳は、スタインベックの小説「二十日鼠と人間」のようにあまりにあっけない結末だったけど、チッチケーやチッチコーが大田家に出てきて、続編があるかもしれないと期待したりしてます。

silkvelvet さん
写真は厳選に厳選を重ねたものでありまして、、
まだまだ沢山ありまする。
撮影するためにずっとチッチクーを
瓶越しとは言えももぐり倒しよるのに
全く動じる様子はありませんでしたなぁ。
帰って来ればいいのに。。

ひょー!!
可愛い!!!
ハツカネズミっていう事は20日で増えるって事〜?
あんまり寂しがりよったらまた新しく出てくるかもしれませんよ〜∑(゚Д゚)

つ、つぶらな瞳。。。

ちっちくーの方も「この人間、やりよる!catface」とか
思ってたんじゃなかろーか?

分かりやすく言うとね
チッチクーはゴールデンレトリバーみたいな
ハツカネズミやったよ。
え?分かりにくい?

チッチクー・・・たしかに可愛い!
なんか・・・こぞうさんに似てる(笑)
だからきっと元気に過ごしてますよ!
チッチクチ〜!

ドラマやねジェーリーのようなチッチクー

訂正ですm(__)m

ドラマやねジェリーのようなチッチクー

めちゃくちゃ小ちゃいよ。
おすわりしたら500円玉に乗るよ。

つぶらな瞳〜
ハツカネズミがこんなに可愛いとは!

昨日の虫ちゃんの元気のなさ、半端なかったもん…

寂しいね〜虫ちゃん(;ω;)

これは可愛い! いや、可愛い。。

思わず飼いたくなる容姿ですな。(笑)

うちにはバカでかいドブネズミ? が出たらしく、オヤジが

捕獲しておりました。。

自然は何物にも変え難いと思う。でも安全、暮らしやすいという点では民家の中が最適ではなかったのか、とも思う。
捕まっちゃお終いだけどね。

うわーん!
な、ナミダだ、ナミダの滝だー!

あーもう。
たぶんね、ちっちクーは虫ちゃんの
虫ちゃんたるを、多くのトラップをクリアすることにより
理解したんだろうと思うよ。

「あの大きなヤツは敵じゃナイなあ」と。

随分ガマンして読んでいたけれど、ラストショットで
ナミダの堤防は見事に決壊したー(涙)

可愛い!めっちゃ可愛いheart02
私だったら、家で飼うって言うかもしれん。
本当は、野生の動物だからダメよね…。
こぞうさんが逃がしたくないっていうの分かる。

500円玉に座れる~!?eye

可愛い~っ!!lovely

ハムスターのように飼うわけにはいかないんですね…

チッチク~ちゃんの前世はゴールデンレトリバーちゃんだったんじゃないでしょうか!?dog

かわいい。せつない。

もう…めっちゃお気に入っとるやん、愛でまくっとるやん

それにしても、市販の罠も使わずに御用にできるのは、結構凄い事だと思います

フンコさんさえしなければねえ、カワイイっちゃけどねえ。

自分でもバカやないかいな、と思うけど、

写真見たらジワ~ってなる~weep

でも多分、あのお墓から移動してないと思うっちゃんね。

だって『ここなら』と思って選んだけんね。

今頃腹減らしとろう。

てか、元々そんな所で生まれ育っとるっちゃけん

寒かろうとか、濡れよらんかいな、とか、

もう心配しないよ!

バイバイたい!!(泣泣)

私にはチッチクが
あいるびーばっく♪って言うとるのが
よく聴こえる!!

チョコレートを食べる度に『チッチクーの分』を
考えてしまいそうですね。
ただのハツカネズミとは思えない何かを持っていそう。
虫ちゃんとの友情も感じ取っているかもclover

ネズミちゃん可愛い
チョコレートを食べるですね〜

チョコを置いて、お墓の主に…のあたりから涙が溢れてきてしまいましたweep
虫ちゃんの気持ちに感情移入できてしまいましたweep

チッチクーは頭脳犯だったと思います。生き物博士の虫ちゃんの心ををこんなに掴んでconfident

きっと野でも上手に生きて行くと思いますsign01cherryblossom

もうすぐ春だしねtulipcoldsweats01

ハツカネズミなんですね♪

私の父が、白いハツカネズミ(季節柄?)に餌付けしていました

夜にやってきては、手渡しであげれるまでに(人間用の塩味なしの健康食品のひまわりとかの種)

ですがですが、カリカリ床や壁に穴を開けていて
捕まえて逃がしました

ゴキブリやムカデも食べてくれそうな感じなんですけどね

蛇も、来ちゃう事があったりで

ハツカネズミってこんなにちっちゃくて可愛いんですね~
もっとデカイのかと思ってました。

銭形警部に言わせると、チッチクーは虫ちゃんの心を盗んで行ったんですね~(古臭~)
(///∇///)

チッチクーとの出会いと、ステキな別れ。虫チャンらしい関係の作り方だと思います。ゲッシ目は、5種飼ったことがありますが短命で、
あっけない別れになります。「やはり野に置け・・」と同じく、野生
は野生がふさわしいと、雪の降る山を見て思っています。これからは
バレンタインとともに思い出されるだろうチッチクーです。

私も白い、ハッカネズミを飼っていたよ〜
可愛いでーすよね♪

そうなんですよね。
体がちっこいから、しょっちゅう食べとかないかんし
人間時間で見たら、あっと言う間にお別れですよね。

山でまた会えるといいです。

こんばんは。とても可愛らしく、ハムスターみたいな感覚で飼いたい的な気持ちになりますね。でも、ネズミちゃん、すぐ増えてしまうから飼うわけにはいかなくなりますね。お別れ悲しかったけど、チッチクーのお話は私の中で印象に残りました。(*^^*)

なんやら何回読んでも泣けてくるよね
どんな形であっても
誰とであっても
別れやら悲しいもんね

相手の為に最も最良な結論やって解ってる、けどなかなかね〜

やっぱり、お腹減らしてないかな…とか、寒さに震えてないかな…とか、心配になるよね
一緒に居たら良かったって過る一瞬だぁね

スーパーハツカネズミのチッチクーと虫さんの素敵でちょっと泣けるお話だぁね

はい。。
あんなに小さくても
イキモノの気配ってこんなにも暖かかったか、
と、改めて思い知りましたー。
ノンキに暮らしてるといいです。


人でも動物でも身の回りの道具にでも、情と言うもの入ってしまうと別れがツラいですね。

ゆっくりでいいから、
元気になってください。

沢山の一期一会に感謝する

チッチクー捕獲お疲れ様でした!
こんだけ手間と智恵を使えば、喪失感も頷ける・・・
まるで子供が独り立ちしたときのような心境で記事を読みました。きっと、チッチクーの脳裏にも大田家での出来事が刻まれているんじゃない?
ちっちゃくっても、立派なヤツでしたね。
お山で一家の長になって、武勇伝を伝えるかもよ。

コメントを投稿

最近の写真

  • Hyoumoncho060714
  • Img_1983
  • Img_1981
  • Tsumaguroimgp0286
  • Tsumaguro091005_17490001
  • Tsumaguro090619_09300001
  • Tsumaguro080327_16080001
  • Img_1944
  • Img_1945
  • Mutsubaseibou3
  • Mutsubaseibou2
  • Img_0268