LOVE FM CLUBに入ろう!

  • LOVE FM CLUBとは?
    リクエストやメッセージの送信、LOVE FMのイベント、プレゼントなどすべての応募が1クリックでOK。CLUBメンバー限定のプレゼントも!希望される方にはLOVE FMの最新情報メールマガジン「LOVE FM MAGAZINE」を配信中です。
    ※入会費、年会費などはございません。

    >>LOVE FM CLUBへの登録はコチラから

サービスエリア

  • サービスエリア
    画像クリックで拡大
Powered by Six Apart

« 虫の千四十一/モグッチョモグモグ | メイン | 虫の千四十三/初めての »

2013年2月25日 (月)

虫の千四十二/おへぇ〜!!

「おへぇ〜!!」

一昨日、山から帰って来て
玄関入ってから一番最初に出た声がこれでした。
いやぁ〜、盛りだくさんの一日。
Jinenjo130222_154601
最初の方はいつも通りノンキに遊びよったとよ。
まず山の入口で前に「ロクヨン」で話した
『ジネンジョ』の「タネ」ば見つけたろう。
鼻の頭にツバでくっつけて子供の頃遊びよったっちゃ。
『ジネンジョ』は天然の山芋で雌雄異株。
「タネ」は雌株にしかならんて話したよね。
とーかなんとか
まぁのんびりDD君と山の中入って
いつもは登る斜面をたまには下ってみることに。
したら。。したらですたい。
思いがけずハプニング。
「あれっ?!ここどこっ?!」
てゆーか、ハっとしてギョ!!
麓へ続いとるはずの道がない。
いや、道て言うか「地面」かな。
地面がなくなっとって
いきなり目の前に「断崖」。なんでやねん。
ここどこやねん
いや〜、言い訳させていただきますと、
ちょっとボサーっとして歩きよるうちに
イノシシが長年かけて作った「ケモノ道」を
見失ってしまっとってから。
山の中歩く時は、基本on the ケモノ道やけんね。
まず長年かけて地面がならされとるけん
歩きやすいし、いい〜とこに出るっちゃんこれが。
「ケモノ道がない」=
「安全に歩けるとこがあんまりない」
と言っても過言でない。
だってイノシシ、歩きにくいとこ歩かんもん。
危ない隅っことか歩かんもんね。
で、仕方なくいつもなら絶対避ける斜面を
よじ登る事に。
したら、ですよ。「グラッ」とな!
あっぶな!後ろ向きに転げ落ちるとこですよ!
で、足元見てハッ!!
「ヤママユの繭や〜ん♪」
Yamamayu130222_160301
グラっとせんかったら見逃すとこやった。
でも振り返ってギョ
Yamamau130222_160302
分かってもらえるかいな、この下りっぷり。
頭からでんぐり返って転げんでよかったー。
もう、忙し忙し!!
で、しばらくすったもんだしよったら
斜面の向こうにいつも林の中で見る日の光が。。
「目指すはあちらでござるか!」
と、よじよじのぼのぼでんげでんげれん。
汗びっしょりかいて
「ヒーーー!!」
と、やっといつもの林の縁から這い出して来た。
DD君も虫ちゃんのお守りで疲れたご様子。
彼はいつでもどこでも疾風HAYATEのように軽やかやからね。
いっつも頼って待たせてすんません。
とかなんとか言いながら遠くを見やると
なんてスモーキーな下界。
Sora130222_161001_2
遠くの町がいっそも見えんやないかーっ!
林の中は樹々の呼吸のおかげなのか
とても美味しい空気やったけど
一歩外出たら、喉がスーヒースーヒーするばい。
吸い込みたくね〜!
100m先が霞んどるやないかーい。
いやぁ〜、なんちゅーか、
あんま伝わらんと思うばってん
久々ぐったり疲れましたがな。
林の中って、地形が似とるけん
目印の樹とか自分で決めとっても
「あれ?あの樹がない」ってなった時は
もう既に迷っとるからね。
あとねぇ、前々から怪しいとは思いよったけど、
今回しみじみ危ないと思ったのがキャップやね。
帽子、帽子。
これの「ツバ」が曲者やね。
足元が枯葉と腐葉土で滑るけん
下ばっかり見よったらツバで前方が
視界に入って来んもんやけん
真っ直ぐ下りよったつもりが
ものっそい左に曲がって行っとったげな。
教訓:
ケモノ道は正しい。
迷いたくなければ前を見よ。
やね。人生か!
気をつけよう〜。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/522870/31079595

虫の千四十二/おへぇ〜!!を参照しているブログ:

コメント

遭難とかせんでねぇ~

豚トロは人生に遭難してますが・・・・

ぶりお久しぶりです豚トロさん。

なんかね、ものすこよく知っとるハズの山がね

えらいよそよそしく見えましたよ。

油断大敵っす。

キヲツケ升。

豚トロさんも素敵なアイランドにたどり着きますようにshine

こぞうさん危なー!!!!!笑
ぼくも散歩は山登ったりするけど、
とても、同じ太宰府とは思えない…汗
でも迷ってみるのも楽しそうですけどね♪

懐かしかー、自然薯の種鼻にくっ付けよったねー(笑)。

なんか紫色の実の房で潰すと紫の汁が出るやつとかでも遊びよった。

山道は足元に気を付けな危なかよ。

転がるこぞうさんを想像して微笑んでしまった。

虫ちゃん…危なかったねえ…
下りっぷりがマジ怖いぃ…

でも、DDクンがついているから
心強い感じー!

山歩きは、安全に楽しまないとですね〜

春の怪 あわや虫ちゃん神隠し

ドキドキしながら読みました。山遊び、ケガしないようにお願いします。心配しました。ヤママユ、初めて見ました。また山や色んなお話楽しみにしてます。(^ν^)

僕も一時間くらい、山で独り遭難したことあります(笑)
枯葉は超滑るし、登山の目印の赤いリボンは倒木で訳がわからなくなってるし、女郎蜘蛛の集団マンションに囲まれているわでドキドキでした(笑)
アナログ時計と太陽の位置により、方角は把握できたので無事に帰ることが出来ましたが、山はやっぱり油断禁物ですね(^O^)

inokoっち
やろー?
太宰府は山いっぱいで登山道も幾通りもあるけど、
登山道から外れたら∞やけんね(笑)
でも虫ちゃんにはDD君がおるけん出来る事やけんね。
絶対真似したらいかんよ。
アタシが言うのも何やけど、マジ危ないけん。これホントにマジマジ。

まさひこさん
それはヨウシュヤマゴボウの実ではないですか?
あれ着いたら色取れまっせんもんね。
クワノミほどやないけど。

まはろちゃん
そうなのよ。
inokoっち宛てにも書いたけど、
そもそも自分一人やったらそんな山奥行こうとも思わんめぇやぁ(笑)
NO DOG NO HEALTHやが。

ツッチ♪さん
うまい。
相変わらず巧いですなぁ。
斜面を振り返った時、転げ落ちて動けんくなったとこ想像して
ゾ~ンとしたであります。

norichan
はぁい。
ホント、気をつけます。
確か、いや間違いなく、去年の冬も一回ケモノ道やなくてモノノケ道にハマって
ぐるぐるさまよった事ありましたもんね。


よい子は真似しないでね。

こぞうさん調べてみたらその通り、ヨウシュヤマゴボウでした。

初めて名前を知りました(笑)。

最近は山に行く事もないけど、まだ生えとるっちゃろうか。

トキノミノルさん
いや〜ん。
コメントお返し間に合ってなかった〜。
スミマセンです。
ご無事で何よりでした。
そう、林の中で太陽はものすごい強い味方ですね。
日が落ちたら大事ですばい。
そして、林の中で遠くに向かって叫ぶなら
空に向かって叫ばな
樹に遮られて遠くには聴こえんですね。
これは実際山の中で迷った人を捜した時に
実体験したけん間違いなかす。
だけんオオカミやら上向いて遠吠えするっちゃないと?
脱線しすぎた、ごめんなすって。

まさひこさん
山の縁行ったらどこんでん生えとりますばい(笑)

そうなんだ!!
遭難だけに…
まぁ無事でなによりです
猪も近寄らない場所は
人は尚更って事なんですね

こぞうさん、危ないよー!!
迷ったりしたら怖くない?
でも、こぞうさんからしてみればDD君の存在って彼氏みたいな感じ?私が思うに…。
そう考えると、頼もしいよね!!
大宰府の山って別れ道が多いですね…。
私の住んでいる北九州市は、山っていってもあんまり思いつかない。
思いつくのとしたら、皿倉山とか平尾台とか少し遠くだったら英彦山かな?
学校の近くにもあるけどなんていう山か分かんない。
でも、この3つでもあんま行った事ないんよね…。

虫ちゃんがいっつも山々いいよるけん、どげんぐらいの山なんかなーと

いつも想像してたんだけど、なっかなかの山みたいやね、ホントに山やった(失礼)

僕も子供の頃は山登りしてたから、急勾配の怖さはわかるつもり

もうちょっとで、「仮面ライダー」の怪人みたいにゴロゴロ転がって爆発するとこやったね!

冬の帽子はニット帽がオススメやねー、耳寒くないのかな?

こんばんわhappy01ラジオ久しぶりに聞けました。「ぞーたんのごたる」って福岡でも言うんですね。自分は壱岐なんで、ひさびさに聞いて吹き出しました。

梅安さん
ほうよ!!多分。。
だってケモノ道、い~い感じのルート通っとるっちゃん、これが。
ただ向こうは虫ちゃんよりシャコタンやけん
所々くぐれんとこがあるけどね!

桃タルトちゃん
そうね~、DD君は『彼氏』、、ではない、かな!
家族、、息子、、相棒、、であり、
やっぱ『群れの仲間』やね!!
本当に超頼りになるとってこれが。
まあ、育てたのはワタシやけどね。ニヤリshine

いや~ん、またまた入れ違ってもうたよ~。

コウちゃん
うん。なっかなかの山やろ(笑)?
マジ爆発せんで良かったわ~。
まぁでも深い山やないけん迷ってもアトラクション的な感じかな。
ただ転がってからの爆発だけは洒落にならんけんマジキヲツケマス!

ことだまさん
『ぞーたんのごつ』は、ワタシもいつどこで染み込んだか、定かじゃありません。
そもそもどこの訛りなんでしょうねー。

これが、「人生の3つの坂、上り坂、下り坂、まさか」の「まさか」か!と思いました。人って目隠しをされると、まっすぐ歩いてるつもりでも左に歩いていっちゃうらしいですね。さっき、検索したら出てきました。確か、成人式会場も左のほうだったんですよね?目隠しして行ったのかな?(笑)

まんまるこちゃん
本当に、いつもまんまるこちゃんのコメントには感心する!
言葉の使い方に無駄がないし、巧い!!
文章書くお仕事してるのかな?
コピーライターとかかな?
て、いっつも思う。
ツボらせてもらってます。
ありがとう!
ちなみに、成人式の会場はうちから行ったら左側やけど
他の友達んちからはどっち側やったかな(笑)

やままゆ緑色ですか。蝶キチですが、蛾のことはとんと。
てか、そんなところに感心する場合ではなかろうの長文の冒険潭。
あのあたりではなかろうかと思う秋の道。
現世の太宰府に無事ご帰還なされてなにより。
まだ、リスナーからの愛の債務が残っておりますぞ。
月からはとおぃしぃ。

コンチラー♪虫ちゃん。

森のなかへ分け入っていくと、時々そんなことが
ありよったような覚えがあります。

もちろん遠い昔の頃のおはなし。
学校帰りに薄暗くなるまで遊んでいた森のなか。

よじ登った木から「どっすーん!」と落ちたり、
飛び越えたつもりの小川に「どぼーん!」と落ちたり。
あぜの片隅の「こえたご」に「ずぼーん!」と落ちたり。

(3つ目はスラです)

森歩きはよくお気をつけられませよ。
「ダニ」のこともありますしですよ。
「新しい脅威」ですねー。

まつだらんぷさん
先日は皆タマでお越しいただきありがとうございました。
ミフネQさんにもよろしくお伝えくださいまっしぶ。
この写真でどこの山の中か分かるってんなら
あなたは間違いなくイノシシだっ!!(笑)

ふっちーさん
ダニの病気は、多分結構前からあったんでしょうね。
ついに正体が分かった、っていう事なのかな、と。
年に10回ぐらいはマダニに吸血されるんで
免疫鍛えてがんばります。

山勘が当たっていたやらいなかったやら。
虫ちゃんのは当たり。
猪歳じゃ。

おはようございます。月曜日の切手の鳥の話しは大変おもしろく中でもカッコウの生態はすごいですね。でも、最初に発見した人はビックリeyesign03したでしょうね

コメントを投稿

最近の写真

  • Img_2227
  • Img_2225
  • Yamaboushi1120601_092901