LOVE FM CLUBに入ろう!

  • LOVE FM CLUBとは?
    リクエストやメッセージの送信、LOVE FMのイベント、プレゼントなどすべての応募が1クリックでOK。CLUBメンバー限定のプレゼントも!希望される方にはLOVE FMの最新情報メールマガジン「LOVE FM MAGAZINE」を配信中です。
    ※入会費、年会費などはございません。

    >>LOVE FM CLUBへの登録はコチラから

サービスエリア

  • サービスエリア
    画像クリックで拡大
Powered by Six Apart

« 2013年5月 | メイン | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

虫の千七十五/ひとりでできるけどひとりじゃないもん!

午前中ちょっとしょぼしょぼやったけど

もう降らんでしょ!
とヤマを張ってDD君の敷布団(人間用シングルサイズ)を洗濯。
ほら降らんかったろうが!ガッハッハ!!
久しぶりに広がった青空は雲が低くて
まるで夏やないか!ワッハッハ!!
今日はあんまり働きたくないなぁ〜。
あ、働き者がおる。
Imgp0125
「ひとりでできるもん!!
 ひとりで持って帰ってみんなに誉められるもん!!」
8 vs :
『クロヤマアリ』ちゃんが
『キイロスズメバチ』の姐さんの亡骸を
独りでせっせと引っ張っています。
チカモラチ〜!(by-AKIRA SAKATA)
だいじょぶかよ〜。
Imgp0116_2
仲間キターーーーーー!!
Imgp0117
よってたかってーーー!!
Imgp0118
働き者のオンナ達。
しかしここでクエスチョン。
どうして皆同じ方向に引っ張るのか。
「そっちに巣があるけんやろ」って。
まぁそれも分かるけどねー、
なんやろ、「号令」?
掛け声的なものとかないとかいな、と思ってさ。
前に観察したもっとちっちゃいアリちゃん達は
「そっちじゃないって!」
「こっちってば!!」
って、引っぱりあいこしてケンカしよったよ。
お暇な方はコチラ↓をどうぞ。
Imgp0132_2
外へ出たよ。
強靭なアゴと毒針、そして高性能な飛翔力。
昆虫界最強のスズメバチと
同じグループから進化しながら
翅も毒も手放して
その団結力と圧倒的な数で
地表最強の存在となったアリ。
どっちもワーカーと呼ばれる「働き手」は
みんなメスであります。
やっぱ女は強ぇぇなぁ〜。
アリもハチも大好きですだす!!
キャ〜!!

2013年6月27日 (木)

虫の千七十四/からむしにからむむし

今日はぺっこ蒸し暑い瞬間があったダニ。
道路脇に『カラムシ』(多分)が
「キョーーーーーッ!!」って元気に育ちよる。

Irakusa130625_152501

(多分)て書いたのはイマイチ自信がないからで
『ラミー』とか『イラクサ』とか『カラムシ』とか
イラクサ科の植物は似とるでね。
まぁでも多分『カラムシ』。
それでも「多分」て言うのか。
で、
この草は虫さま達に大人気。
この季節はコチラ。チラッ。
Imgp0047_3
ご存知、
いや、お馴染み、
いやいや、ご存知でお馴染み?
Imgp0046
『ラミーカミキリ』ちゃん達です。
ドーーーーーーーン!
Imgp0045
ご存知で?
虫ちゃんブログでは
「パンダのバーテン」、
もしくは
Ramiimgp0888
「背中に飛ぶ鳥を持つカミキリ」
でお馴染みよね。
秋になったら
Fukura061021_105401
コヤツらにたかられる『カラムシ』。
コヤツらは
Fukura120224_144804
こんなリッチなマダムみたいな大人になる予定。
『フクラスズメ』だす。
その他『アカタテハ』の赤様も住処にしながら食べるし
色んな虫にからまれる『カラムシ』。
でも、
大きくなり過ぎるので
どこへ行ってもある時季になると
ぶぁっさ〜っと苅られてしまいます。
Rainlilyimgp0001_5
『レインリリー』も咲いてました。
あぁ、この時季やな〜。
あ、今日の『月下虫音』は「動物クイズ」やで!

2013年6月26日 (水)

虫の千七十三/雨の隙間に

今朝はまた凄い雨やった。
お出掛け時間やったけん
皆タマ大丈夫やったかしら。
そんな猛烈な雨が
時々パタっとやみよった。
そのわずかな隙をついて
今年初の『ヒグラシ』の声が
モロ、虫ちゃん家の庭から聴こえて来たよ。
Higurashiimgp1099
一昨年の写真やけどね。
Higurashiimgp1100
至近距離で聴く「カナカナカナカナ♪」は
なかなかうるさかったよ。

Higurashiimgp1093

一鳴きしたところでまた雨が降ってきて
それっきり声は聴こえんくなった。
夏ですよ。

2013年6月23日 (日)

虫の千七十二/退屈じゃ〜

空梅雨気味だったので

雨は嬉しいけど
一日中降り続くと
外に出るチャンスがないので
虫ちゃんも犬ちゃんも
退屈じゃー。
だもん。で、
今日はこんな話。
先日リスナーのRNレッド原田さんから
お土産にいただいた
『コアラのマーチ』。
色んな味があるけど
イチゴとカスタードクリーム味をいただいた。
当然ペロリとたいらげる訳ですが
驚いたのは
何十個か入っとるのが全部違う柄って事よ。
びっくりしたよ。
一個も絵柄がかぶることなく完食ですよ。
写真全然撮ってないけど。
調べたら485種類もあるげな。
そらぁかぶった方がレアかもね。
で、『コアラのマーチ』と言えば
『盲腸コアラ』ですよね。
今さらですが。
初めて出ました。
Koara130616_195903
ホントにおったー!
泣きよんしゃる。
痛かったっちゃろうか。
でも盲腸コアラよりちょっと驚いたのが
Koara130616_200201
「普通にコアラ」。
わ〜、なんにもしてない。
発売当初ってこんなやったとかいな。
と思って調べたら
「気をつけコアラ」でした。
ちなみに一番可愛いと思ったのは
March19
この柄。
いつまでも食べずにとっとったら
シケってヘノヘノになってしまっとった。
さすが梅雨。
カスタードクリーム味、美味かったー。
レッドさん、ありがとうございました。
ちなみに11日から「バニラアイス味」が出とるげな。
冷やして食べたら美味しかろうね。

2013年6月18日 (火)

虫の千七十一/フランソワとピエール

いつも行き当たりばったりですけん

自分から狙いをつけて虫様を探す事って
殆どないっちゃけど
2週間位前に幼虫の食草の上で
成虫が何頭もヒラヒラ飛びよったけん
そろそろ生まれたかなぁ、、と見に行くと。。
Ishigakeimgp0056
ぬぬ!
あの影は!!
Ishigakeimgp0057_2
やっぱり〜!
『イシガケチョウ』の赤様であります。
もう何回も登場しとるよねー。
まだ小さい。
2cmjぐらいかな。
小さいうちはオレンジ色。
Ishigakeimgp0060_4
通称「フランソワ」。
なんとなく、で命名。
Ishigakeimgp0062_5
「フランソワよ。」
もうちょっと大きくなったら
緑色になる。
Ishigakeimgp0134
通称ピエール。
見た瞬間命名。
Ishigakeimgp0135
「ピエールです。」
食べているのは『イヌビワ』の葉。
「ビワ」って言うより実はイチジクの小ちゃいのみたいの。
夏に甘〜〜〜い露をポタポタ落としながら熟れるよ。
そして大人になったら
Ishigake121112_135603_2
おぼろ昆布。
『イシガケチョウ』の名は
「石垣」から来とるみたい。
英語の名前は「map butterfly」。
日本でも「セカイノズ(世界の図)」って言うみたい。
Ishigake121112_135601
向こうに見えるのがサナギ。
まるで枯葉だよ。
@v@
今回はフランソワだけ新撮です。
沢の縁で撮りました。
つーか、
うちの玄関にもデッカいイヌビワあるし
『イシガケチョウ』も飛びよるけど
ピエール達は見かけんとよねー。
拓け過ぎなんかなー。
なー。

2013年6月17日 (月)

虫の千七十/妖精さんのシャレとんしゃぁシャンデリア

森の木陰でどんじゃらほい♪

って、何の歌やったっけ?
と思って調べたら「森の小人」っていう
それは素敵な歌じゃった。
知らんかったー。
今日のお話にあまりにピッタリで
ちょっとビックリした。
と、言いますのもね、
昨日お山で
「小人妖精さんのシャンデリアやん!!」
って思わず叫んだからですよ。
Kinokoimgp0077_2
分かりる?
『フジ』かなぁ?
蔓に白い小さなキノコが
キャーーーーーって生えとると。
Kinokoimgp0074_2
こんな洒落たデザイン、
ニンゲンの仕業じゃなかろうが。
Kinokoimgp0076
キャーーーーー!
Kinokoimgp0071
キョーーーーーー!
Kinokoimgp0073
キューーーーーー!!
山の中でこんなの見つけたらもう、
「どうしょう!どうしょう!」
ってなるとよね。
どげんもこげんもされんとばってん。
持って帰られもせんし
写真撮ってもイマイチ撮りきれんし
見つけて嬉しいけど
モヤモヤする系No.1やね。
母虫やらば連れて来て見せてやりたくなる。
夜が来たらキノコが光るかなぁ。
光るといいけどなぁ。

2013年6月16日 (日)

虫の千六十九/う〜め〜

夏と言えばトウモロコシ。
一粒ずつ指でむしって食べる派の
どうも、虫ちゃんです。
今ちょうど一本食べ終えたところであります。
で、
今年の梅を漬けました。

Ume130616_115501

一晩水に浸けといたウメを
一粒ずつ丁寧に拭きながら竹串でヘタを取り
瓶の中へ。
塩はRN:SILKVELVETさんにいただいた
沖縄の海の塩。
山で採って来たウメとうちなーの海の塩。
山と海がカメの中で出会ったー。
塩分はギリギリ。
4キロちょっと切るぐらいのウメに対して
13%の塩。
だけん500gぐらい。
これ以上減らすとカビが怖いもんですもんで。
梅酢が上がって来るのが楽しみ。
あとは土用干しと赤シソ揉みという
二つの大仕事が残っとる。
美味しく出来るといいけどなー。

2013年6月12日 (水)

虫の千六十八/ルールルルル〜

今年はホタル見てないなー。

とか思いよったけど見とった。
「光るホタル」は見てないけど
「光らんホタル」には色々出会ったよ。
Obapap_0010
『オバボタル』君。
オスだと思うなー。
Imgp0111
こっちもオスだと思うなー。
幼虫は夜、森の葉っぱの上とかで光るけど
(超キレイばい)
成虫はご覧の通り昼行性で
光ではなくフェロモンでオスとメスが会話すると
言われております。
『ゲンジボタル』のように水辺で暮らさず
幼虫は陸生巻貝の仲間、要するに
カタツムリやナメクジ等を食べて育ちます。
Imgp0112
全然分からんけど写真撮り損ねた
『オオオバボタル』。
『オバボタル』より一回り大きい!
やっぱり葉っぱの上におった。
近づいたら逃げられて追いかけたけど
手の届かん所にとまられて
往生際悪く撮ってみたのがこの1枚です。
とほほ。
そして
Imgp0003
『ムネクリイロボタル』。
Imgp0006
名前の通り、胸が栗色。
左の鞘翅が半分以上千切れてしまっとるね。
後翅があるけん飛べるっちゃ飛べるやろうけど
どうなんかなー。
成虫は光らんて言われとるけど
「光った」という目撃情報もありました。
幼虫や蛹は光るそうであります。
:=*
ホタルは甲虫の仲間やけど
鞘翅が柔らかいので「軟鞘類(なんしょうるい)」って言われます。
なので捕まえる時はギウギウしないよう
気をつけなければなりません。
Hotaru080607_22570001
やっぱホタルって言ったら
光るゲンジ?
Hota070605_214904
にゅろ〜ん。

2013年6月11日 (火)

虫の千六十七/不思議ちゃん

どうも、虫ちゃんです。

こないだの沢遊びの帰りに「森の不思議ちゃん」に出会った。
Amigasahagoromopap_0009
『イヌビワ』の葉っぱになんかおる。
右目の端っこに見えたもん!
Amigasahagoromopap_0008
「ケサランパサラン」??
とーか思わんよ。
Amigasahagoromopap_0007
昆虫に見える?
Amigasahagoromopap_0005
Kタイ構えたら逃げる、逃げる(笑)!
Amigasahagoromopap_0004
意外と足速い。
Amigasahagoromopap_0002
ふわぁ〜!
実はコチラ、『アミガサハゴロモ』ちゃんの赤様。
前回の「ツノゼミ」の親戚であります。
とんがった口で草の汁をちうちうします。
大人になったら
Aoba070715_172901
こんな感じ。
Aoba070715_173102
前から見たらこう。
かわゆす。
Bekkouhagoromo080629_13560001
こっちは近縁の『ベッコウハゴロモ』の赤様。
大人になったら
Amigasaimgp0183
こう。
ついでに
Sukebahagoromoimgp1017
『スケバハゴロモ』。
名前の「羽衣(ハゴロモ)」は
赤様時代のふわふわからつけられたのかもねー。
あのふわふわは蝋物質ででけとるげな。
ふわふわで風に乗って飛ぶかなぁ、と思いきや
ピョンと跳ねていなくなるよ。
Amigasahagoromopap_0003_2
なんでふわふわ選んだかなー。
不思議や。

2013年6月 9日 (日)

虫の千六十六/沢遊び2

前回の続きです。

沢に遊びに行ったところ

『アオダイショウ』やら『イトトンボ』やら

お馴染みさんに出会えたっちゃけど

「お初やないかーっ!」という昆虫もおった訳。

皆タマも聴いた事あるかな?

『ツノゼミ』っていう小さな小さな

ちょっと不思議なセミやらヨコバイの仲間の事。

熱帯の種類では背中にコブの付いたタケコプターみたいなの

背負っとるヤツとか、刃物みたいなヤツとか

いろんな種類が知られておるけれど

日本にも地味ながらおるんです。

そう、沢におったんです。

Obimarutsunozemi130605_152902
分かるかい?
『ヒメジオン』の葉っぱの上の、
なんかのフンコさんみたいなの。
Obimarutsunozemi130605_152601
ほら、もう虫に見えるやろ。
Obimarutsunozemi130605_152801
これが虫ちゃんのガラパゴスKタイで撮れる限界のサイズ。
そう。またしてもデジケン(デジカメ)忘れたと。
はい、バカタレです。

なので、翌日、リベンジに行ってきました。

もしおったら「二匹目のドジョウ」改め

「二匹目のツノゼミ」って言ってもいいかな。

おるかな?

おった!!

Obimarutsunozemiimgp0135_2
ふははははは!!
同じ個体かは分からんけど
おったもんねー!!
Obimarutsunozemiimgp0134
こんなちっちゃい。
よし!デジケン(デジタル顕微鏡)の出番だZ!!
Obimarutsunozemiimgp0130
うほほー。
写真クリックしてみてねー。
『トビイロツノゼミ』さんじゃーい。
「角ないやん」てか。
そう。
角がないヤツもおる。
世界に3200種よ。
色んなヤツがおるくさ。
Obimarutsunozemiimgp0133
拡大したらなんか凄い顔。
毛深いじいちゃんやな。
足の付け根の白い毛みたいのがカビやないのか
ちょと心配。
でもひとまず、やっぱりセミっぽいよね。
セミみたいにとんがった口で植物の汁をちうちうするよ。
声出して鳴くか?ってーと鳴かないらしい。
でも小さい世界では声するかもしれんよね。
まだ誰も気づいてないだけで。
お尻で植物の茎をノックして音出したりする親戚は
おるみたいやけどねー。
「ココニオルヨー!ココニオルヨー!」
って言いよるんかな。

もっと明るい写真を撮りたいわ、

としゃがみ込んだその時、

「バッテリー容量足りません」

の表示。

うそやん!!と思った瞬間ブラックアウト。

はい、やっぱりバカタレでした。

電池の容量ぐらいチェックして来んかーーーい!!

最近の写真

  • Img_9014_2
  • Img_9014
  • Anosakura0
  • Bag5
  • Bag4
  • Bag3
  • Bag2
  • Bag1
  • Mugmug
  • Lovefes
  • Bag5
  • Bag4