LOVE FM CLUBに入ろう!

  • LOVE FM CLUBとは?
    リクエストやメッセージの送信、LOVE FMのイベント、プレゼントなどすべての応募が1クリックでOK。CLUBメンバー限定のプレゼントも!希望される方にはLOVE FMの最新情報メールマガジン「LOVE FM MAGAZINE」を配信中です。
    ※入会費、年会費などはございません。

    >>LOVE FM CLUBへの登録はコチラから

サービスエリア

  • サービスエリア
    画像クリックで拡大
Powered by Six Apart

« 2013年6月 | メイン | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月30日 (火)

虫の千八十八/残業?

今朝もなかなか蒸し暑かったにゃー。

朝ン歩から帰って台所で水をいっぱい。
お。
残業ですか?
Kabecyoro130730_071102
きゃわゆぃ。。
まんまるぽんぽこちゃん。
前にも書いたけど
こういうきゃわゆいの見たら
パクってしたくなる。。
せんけど。
@v@パク。
よーし。
もう寝る時間じゃろがー。
おっちゃんも寝ようわーい。
って、起きたら午後2時でありました。。
今日はしっかり寝れたぞぞぞーい!

2013年7月28日 (日)

虫の千八十七/実録!これがニンジンまけだ!!

虫ますねー。

先日ニンジンをミルミルしようと思ったら
ミキサーの安全装置がどうやっても解除出来ず。
既に角切りにしてもーとるニンジンを
致し方なくすりおろす事に。
「わざわざ書く事か?」
そうじゃろうそうじゃろう。
わざわざブログに書く事じゃないとよ。
まぁでもちょっと聴いてやんさい。
虫ちゃんはニンジンに勝負を挑んでは
こどごとく負けるとです。
ニンジンすりおろしながら
「あぁ、またブツブツカイカイかなぁ」。
Ninnjinnmake130725_154002
そして翌日。
Ninnjinnmake130725_153901
カイカイカイカイ。
いつもは右手に包丁で左手でニンジン押さえるけん
左手に出来るっちゃけど
今回は右手ですりおろしたけんね。
子供の頃から夏になると出来よったのが
大人になって頻発するようになった。
で、ニンジンが犯人て分かったのは
二十歳もだいぶ過ぎてから。
自分で料理するようになってからやね。
子供の頃夏にしか出来んかった理由は
キャンプでカレー作る時にニンジン切ったからだ。
体に合わんちゃん。
だけん料理食べてニンジンの味がしたら
「ボエ」ってえずくっちゃん。
ていう話を、ラジオでは何回もしたなー。
ニンジン食べきらん言い訳。
実は「ニンジン食べきらん」て
ちょっと恥ずかしいっちゃんね。
大人やけん。
でも仕方なかろ?体に合わんちゃけん。
どこまでも言い訳。
でも味がせんかったら食べれるし
トマトの汁つけたら治るって分かったし。
皮膚科の先生、誰かこれ読んで研究してくれんかな。
「ニンジンまけの救世主・トマト氏る」つって。
変な話やったけん綺麗な写真でごまかしとこ。
Yama130525_144001
この梢の上から『オオスズメバチ』が
獲物を探す翅の音がブンブン聴こえよった。
早く普通に外で遊びたいよーーーーー。
涼しい風しるぶぷれ〜。

2013年7月27日 (土)

虫の千八十六/かぶたん

今朝はちょっと涼しかった。

で、DD君といつもは通らん公園を横切ったら
なんかでっかいコガネムシがひっくり返っとった。
まだ暗くてよく分からんかったけど
「もしや」
と思って起こしたら
Kabu130727_050401
やーっぱりね。
コガネムシやったら大きいけど
かぶたんとしてはやや小振りかな。
ツヤツヤしてキレイね。
Kabu130727_050402
「ニャーーー」
ではご機嫌よう。
もう行くよ。
何回も書いたと思うけど
『カブトムシ』ってなんでかテンション上がらん。
って言ったら、虫仲間の「虫の兄さん」から
それはなんだかんだゆうても、きみが女子やから。
と。
あると思うばい。
アタシはアリとハチが好き。
はっ!女系社会の昆虫やないか!
そこ関係あると?
アリと思うばい。
Sora130727_051401
今朝の朝焼け。
少し薄めやけど、朝焼け自体久しぶり〜。
ふぁふぁふぁふぁふぁ〜。

2013年7月25日 (木)

虫の千八十五/かわいか螂拳

早起きは最初は「ぐへぇ〜(x x)」って眠いけど

「えいや!」って起きてから
無理くりでもウゴウゴし始めたらだんだんノってくる。
今朝5時半頃、DD君と散歩終わって
チャリキでちょっとお出掛けようとした時。
Harabiro130725_053601
「どこ行くと?どこ行くと?一緒に行くと?」
って、言ってやしないけど
超かわいいお尻の『ハラビロカマキリ』の赤様が
チャリキのライトの上におわしました。
相変わらずKタイでパチリ。
Harabiro130725_053602
あ、バレた。
ものすご振り向いとるね。
あぁかわいいね。
あぁかわいいさ。
Harabiro130725_053701
向かって来たー!
じゃれついて来たー!
「蟷螂拳」ならぬ「かわいか螂拳」たい!
どぎゃんしこ〜!(※どんだけ〜!)
あ〜かわいかった!
=”=
そうそう、ちょっと前に「誰かわからんが」って
掲載したヤンマーの正体が
「上池おじさん」の書き込みによって判明しました。
Yanma130712_162902
『ヤブヤンマ』ってげな!キャッホー!!
昼間は林の中とか暗い所でジーーーとしとって
夕暮れ時から活動するげな。
だけんジーっとしとったっちゃね。
女の子かな、と思うけど、
トンボは難しいけもー、分からんきもー。
「上池おじさん」、本当にありがとうございました。

2013年7月24日 (水)

虫の千八十四/人知れずの花

夜明けが日、一日と遅くなってきよる。

助かるわー。
なんかうちの咲かない白いサクラの葉の上に
誰かのフンコさんが点々と落ちとるけん
誰か食いよるなー、と思いよったけど
なかなか見つけきらんやったとよね。
Momosuzu130722_131202
分かるかい?
正解は
Momosuzu130722_1312020001
「分かるか!!」てか。
だって葉っぱと同じ色やん。
夏のまぶしいキミドリイロですやん。
で、朝方再び見たら
Momosuzu130722_061601
寝とる。。
Momosuzu130722_061702
これは絶対寝とる。
Momosuzu130722_061701
間違いなく完全に寝とるやろ。
腹一杯になって真ん丸なお腹で寝とる。
ウケるー。
ついこないだ登場した『モモスズメ』の赤様とお見受け。
胸にある脚、「胸脚」をよくこうやって
「キューーー」て集めてお祈りしよるみたいなポーズする。
かわいかろうがっ!!
でもおまえ、超食うの知っとるよ。
もっと大きい樹にお引越してもらうよ。
* * * * * * * * * *
そんなやりとりをしている早朝に
人知れず咲く花がある。
Karasuuri130723_051902
『カラスウリ』ちゃん。
Karasuuri130723_052001
こんなに綺麗なのにあんまり見たことない人の方が多いかも。
なーんでか。
『カラスウリ』の花は日が暮れる頃に開き始めて
日が昇ってみんなが出掛ける頃には
しぼんで枯れてしまうからですよ。
コチラが開き始め。
Karasuuri060719_152201_0001
なんのために?
そう、「夜行性」の花なんであります。
花に夜行性とか言わんかもしれんけど。
なんで夜の間に開花するのか、ってーと
そう。
『モモスズメ』ちゃん達、スズメガのような
夜行性のガが蜜を飲みに来るのを待ってるとよねー。
夜の間も虫と花との宴は盛り上がっとるごたるね。
Karasuuri080806_19400001
でもなんでモジャモジャなんやろ。

2013年7月20日 (土)

虫の千八十三/バラ色の夜明け

今朝は涼しかったなー。
家を一歩で出て空を見上げたら

Sora130720_051201

空が燃えはじめていましたよ。
午前5時。
Sora130720_051501
ふわぁぁ〜〜〜〜ぁ〜〜。
みるみるみるみる
なんちゅう色かいな。
こんな色やら
Hanmyo090517_18060002
こんな色、
Tamaimgp1827
こんな色を作れるのは
Nijigomiiimgp0208
ニンゲンじゃないし
実際誰にも作れん。
作れんけど
勝手に生まれて来る。
その存在を知っていようがいまいが
そこに生まれてそこで生きて
次に繋いでいってくれるおかげで
今日も私は元気に過ごせています。
ありがとう。

2013年7月17日 (水)

虫の千八十二/暑くなる前。

朝イチ。

午前6時30分ちょうどの丘の上から。
Sora130717_063001
「今日も暑くなるぞ〜。」
と思いながらぼちぼち帰路へ。
「みんな今から仕事行ったり学校行ったりするっちゃね〜」
と思いながら布団へ。
暑くてぐっすり眠れないのでありました。

2013年7月16日 (火)

虫の千八十一/さわさわそよそよ

尾てい骨、尻っ尾の付け根、すりむいてヒリヒリする。
腹筋鍛えよって調子に乗りました。
どうも、虫ちゃんです。
。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 
 。 。 。 。 。 。 。 。 。
沢に行きたいよー。
でも昼間は無理やー。
昼間でも沢なら涼しいのになー。
水辺ってなんであんなに涼しいのか。
アスファルトから林道に入った瞬間
「ふっ」っと気温が下がって
水辺に近づくと更に「すっ」っと下がって
沢沿いに辿り着くと、もう「すひっ」って感じ。
沢のアイドルと言えば『サワガニ』やろ。

Sawaganiimgp0027_2

お、右のハサミの方が大きいね。
オスって事やね。
Sawaganiiimgp0030_3
目が合った。
「なんや?」
って。
なんもないけどねー、
ちょっと遊んでよ。
Sawaganiiimgp0032_2
「なんがや。」
ジーーーーーーっと見つめられて
こっちの方が恥ずかしくなり退散。
ぶくぶくぶく。
。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 
 。 。 。 。 。 。 。 。 。
。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 
 。 。 。 。 。 。 。 。 。
『サワガニ』はいつ見てもテンション上がるけど
いっぱいおったら
ついつい「おつまみ」的な感覚で見てしまい
とりあえず捕まえてみて
たくさん獲れんかったら「まいっか」てリリースする。
たくさん獲れたら?
素揚げやろうね。
Sawagani080807_12250001
5年前のブログには
ふんどし広げて水中でくつろぐガニさんを
紹介しておったなぁ。
水がメラメラして涼しそうやなー。
なー。
あ〜、水辺が4$。あ、呼んどる。
せっかくやけん水辺の涼しげ写真ば。
Ebiimgp0290
カニと言えばエビ。
Sawa080724_13070001
流れるよ。
3311_2
おや?
Sawaimgp1220
水の底から見上げる空は夏の色。

2013年7月15日 (月)

虫の千八十/誰か分からんが。

眠れない夜に見る夢は

なんとも謎に満ちており。
* * * * * *
 * * * * *
誰か分からんが
どうも男の友人の結婚式の披露宴に招かれたらしい。
招待席に座っとるのも殆ど男性客。
友人代表の余興が次々と繰り広げられ
司会者が高らかに「大トリを飾るのは〜」
と、私の本名を叫びやがったぞ、おい。
「え、え〜!?」
と、驚く私の手の中には
「ものまね」のレパートリーが書かれた小さなメモ。
準備しとるやないか。
======================
◉ヴァンダレイ・シウバ
◉おぼっちゃま君
◉クレヨンしんちゃん
◉ペーター
◉ボブ・サップ
◉三沢光晴
======================
シウバの真似とかしたことないし!!
「やばいやばい」
絶対滑るぞ、絶対滑るぞ、と確信しながら
マイクの前へ歩み出る。
「これは、、一発でキメないかん。」
私が選んだのは
ごく一部にしかヒットしないが
ヒットすれば確実に当たる、
そう、いわゆる「鉄板ネタ」の
「三沢光晴」の形態模写。
「では、三沢の物真似します。」
無言で一瞬のワザをキメると
ごく一部の客席からヤンヤヤンヤの大喝采。
ふと気がつくと目の前の席にいたのは
若かりし頃のアントニオ猪木。
「三沢、そうだったかなぁ〜」
と笑いながらコメントをくれました。
 * * * * *
* * * * * *
整理しとくと、
シウバとサップ以外の物真似はリアルに出来ます。
三沢は鉄板です。
で、
Yanma130712_162901
あ、誰かおる。
暗いな。
Yanma130712_162902
お、日が射した。
胸の周りが緑色やな。
Yanma130712_163001
誰か分からんが。
『オニヤンマ』より小さいし
『クロスジギンヤンマ』とも違うし
『ミルンヤンマ』でもなさそう。
『ヤマサナエ』でもないみたい。
誰か分からんけんとりあえず
「ミサワ」と呼ぶ事にしました。
ちなみに虫ちゃんは
ジャイアント馬場最後のスターレーンで
入場する三沢のお腹を花道脇から手を伸ばして
「ぷにょん」と触らしてもらった事が自慢です。

* * * * *ϵ(◉Θ◉)϶* * * * * *

572
「アナシ」57話上がりましたゆえ。。

2013年7月13日 (土)

虫の千七十九/小殿様

蒸し夏い。

ついに湿度の高い夏い日々に突入かしら。
気温高くても湿度低ければ
なんとか凌げるのにねー。
ところで
最近めっきり「見なくなった」と言われるのが
『トノサマガエル』。
虫ちゃんの縄張りにはケロケロおるけど
確かに家の周りでは10年前に見たのが最後。
こないだ田んぼで鳴き声を確認した場所で
Tono130712_171301
あ、小さいトノサマ。
小殿様やん。
Tono130712_171303
ちっちゃーい。
大人のアマガエルよりちっちゃい。
かわえぇのぅ。
大人になったら
Tonoimgp0579
立派な骨格。
お殿様やなぁ。
「くりゅりゅにゅにゅ、、くりゅりゅにゅにゅにゅ、、」
みたいな、
なんか言いたそうやけど言いきらん、
みたいな鳴き方をするよね。
殿様なんやけん
「ハッハッハッハッハ!!」
ぐらい言えばいいのになと思ったりして。
うふふ。

最近の写真

  • Hyoumoncho060714
  • Img_1983
  • Img_1981
  • Tsumaguroimgp0286
  • Tsumaguro091005_17490001
  • Tsumaguro090619_09300001
  • Tsumaguro080327_16080001
  • Img_1944
  • Img_1945
  • Mutsubaseibou3
  • Mutsubaseibou2
  • Img_0268