LOVE FM CLUBに入ろう!

  • LOVE FM CLUBとは?
    リクエストやメッセージの送信、LOVE FMのイベント、プレゼントなどすべての応募が1クリックでOK。CLUBメンバー限定のプレゼントも!希望される方にはLOVE FMの最新情報メールマガジン「LOVE FM MAGAZINE」を配信中です。
    ※入会費、年会費などはございません。

    >>LOVE FM CLUBへの登録はコチラから

サービスエリア

  • サービスエリア
    画像クリックで拡大
Powered by Six Apart

« 2013年9月 | メイン | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

虫の千百十八/妖怪人間ムベ

昨日野っ原で見つけた『タテハモドキ』、

同じ場所からあんまり離れん感じやったけん

もしや縄張る系?と思って今日も行ってみたら

やっぱり同じとこらへんにまたおった!

「ほらね!!」って叫びながら

写真撮らせてもらえんかジワっと寄ってみたけど

ダメやった。

またお願いしてみるけん。

で、その野っ原はお山の入口の林の縁にあるんやけど

その林に「ウベ」がなっとるのを2週間位前に発見。

まだ青かったけん「しめしめ、熟れる頃にまた来てやれ」と思とった。

確認に行くと

Ube131030_131501

はっはー!

完熟とお見受け!!

手前の青くて丸いのは『ノブドウ』の実。

Ube131030_131502

少し高い位置にあるのと

狙い通りの展開にコーフンして

手元が定まりませんでした。

写真ブレブレでごめんなさい。

さっそく引っ張って収穫。

ここいらでは「ウベ」って言うけど

図鑑で調べたら本名は『ムベ』で

『アケビ』の仲間やそうです。

へー!!

葉っぱとか花とか、全然似てないのにね!

『アケビ』の実は熟れると自然に割れるけど

『ムベ』は割れん。

でも今回見つけた3つのうち1つは

『アケビ』みたいに縦にきれいに割れとったとよ〜。

中には小さな黒い種が白い果肉に一粒ずつ包まれて

きれいに整列しとる。

それをガブっと齧り取ると

シタシタって超ジューシーな果汁がこぼれて

甘〜いとぅるんてるんパラダイス。

味はねぇ、一番近いのはカキやね。

果物の方ばい。

カキをほんの少し薄くした感じ。

でもなんて言うか、

果糖?

サラっと甘くてなんか食べた後、

ずっと心地いい感じが楽しめるよ。

初夏に咲く花がカワイイけん

フェンスとかで育てるのオススメです。

あ、蔓植物です。

で、またしても食べるのに気を取られ

果肉の様子を撮影するの忘れました。

ごめん野菜。

2013年10月28日 (月)

虫の千百十七/バブ問題のバブ

今日はマジでどうでもいい話なんですけど

先日番組でちょっと話した

我が家の「バブ問題」。

いつも二日目のお風呂でバブるので

入浴剤を湧かしたてのさら湯にいきなり入れるのが

なんかとてつもなく贅沢に感じる、

という話。

が、しかし。

リスナーさんからのリアクション、

どーも虫ちゃん派の方がマイノリティーという事が発覚。

皆タマ、さら湯にバブっとらっしゃるんですね。

ハイソ・セレブ式なんですね。

で、今回はその話をもっかいしようって訳じゃなくて

「虫ちゃん的夢中バブ」のご紹介です。

6121elwbawl_sl500_aa300_

『バブ エキゾチックスパ』。

「どんなニオイ?」って聴かれても

「超好きなニオイ」てしか答えられませんが

4種類×3=12個入りで

全種類好きなニオイ。

一箱500円ぐらいやけど

「南米の熱帯雨林」で300円代で売られよるのを発見!!

7匹捕獲しました。

あ〜嬉しい〜!

もっと寒くなれ〜〜!

去年から使いよるけど今年も廃盤とかになってなくて

よかったよかった。

まぁホントにどうでもいい話なんですけど

寒い季節の楽しみの一つなのであります。

皆タマは何か冬ならではの楽しみ、ありましょうか?

2013年10月26日 (土)

虫の千百十六/絶滅危惧ってか!?

いつものお山。

お〜。

いい感じに枯れて来たな〜。

Onamomi131026_130401

一月半前はこんな感じ。

Onamomi2

なんかちょっと美味しそうにも見える。

Onamomi

ホップみたいやなぁ。

ビールが美味くなりそうやなぁ。

正体はコチラ。

Onamomi131026_130302_2

「ひっつき虫」とか「くっつき虫」とか言われます。

標準和名は『オナモミ』。

この時季、薮から出て来たら大体誰か、

ヘタしたら全員、セーターにくっつけとった。

今でも山ではこの『オナモミ』はじめ、

『ヌスビトハギ』やら『ミズヒキ』やらの種が

ベッタベタくっついて来る。

が、しかし。

この度、改めて調べてみましたところ、

驚くべき事に、

この秋のお馴染みちゃんが

絶滅危惧II類に指定されとった!

うそやん!!

なんでかいな、と思ったら

『オナモミ』は真っ暗な時間が8時間30分間しっかりないと

蕾をつけない、という性質があるげな。

8時間15分じゃ花咲かんってげな!

ザ★頑KATAKUNA

ふぁ〜!!

だけんかー。

子供の頃は夜は真っ暗な所が今より多かった。

でも今は夜でもある程度明るい場所が

どんどん増えよるけん

つぼめんっちゃね。

山は真っ暗になるけんまだまだ行けるったい。

よし、頑張れ。

くっついて来い来〜〜〜い!!

Onamomi131026_130301_2「これ全部エダマメならいいのになー」

とか思いながら撮ったけん

茎に『ツマグロオオヨコバイ』がとまっとるのに

気づいてなかったやね。

ちなみに『オナモミ』ちゃんは

こう見えてキク科なんですって。

来年は花ば見逃さんごっせなね。

2013年10月23日 (水)

虫の千百十五/癒し

「五里霧中」て聴くと

「ゴリ夢中」を想像してしまう、でお馴染みの

どうも虫ちゃんです。

前に

「虫ちゃんはどんな時に癒されたいと思いますか?」

という質問をいただいた事がある。

初めて考えてみたら

「あれ?癒されたいとかあんまり思った事ないかもしれん」

と思い、意外とちょっと驚いた。

「わぁ、ノンキやなぁ、ワタシ」と思って。

でももしかしたら

毎日の様に出掛ける山やら野っ原で

自動的にクリーンアップされよるんかもしれん、

と、先日ふと、この沢の中におって気がついた。

Sawa131012_142801

キラキラや〜。

Sawa131012_142803

キラキラ妖精さんが流れてゆくよ〜。

Kumonosu131012_143101

頭上には『ジョロウグモ』の大きな巣。

ちょっと角度変えると

Kumonosu131012_143003

なんじゃこの色わ〜〜!

妖精さんが捕まっとるんかな?

Sora131012_140602

秋の空や〜。

Kumanomi131012_135701

クマちゃんみたいな実もなっとるよ〜。

Kumanomi131012_135702

横顔。

そんなこんなで

ウロウロゴソゴソしよる間に

チャージ完了しとる。

毎日山行くけんて

毎日癒されないかんほど疲れてないよ。

毎日山行くけん

「癒されたい状態」にならんのかもしれんな、

と思った秋の昼下がりでありました。

2013年10月21日 (月)

虫の千百十四/秋の使者

ギンちゃんが旅立ってから

なんとなく庭に出るのもつまらんくて

ボケーボケしております。

「チッチクー」の時もそうやったけど

『さよならチッチクー』

すーぐ感情移入してしまうけん

すーぐ寂しくなる。ちぇっ。

考えても仕方ないので

お山に登ります。

昨日は天辺まで車で登って

DD君と稜線を歩いた。

そしたら「秋の使者」こと

『アサギマダラ』がヒラヒラとゆっくり飛んでいたよ。

先週もも少し低い場所で見つけた。

Asagimadara131016_130201

きれいな〜。

夏の間は単体で見るけど

秋になると集団でやって来る。

Asagimadara131016_130202

『アメリカセイタカアワダチソウ』の花から

蜜を飲んでいるところ。

初めて見た時はホントにコーフンしたな。

今でも「アサギマダラやん!」てつい叫んでしまうけどね。

「マダラチョウ」の仲間は結構大型で

翅のまだら模様やけど

よく見てみて。

体がまだら模様なん。

しゃれと〜。

幼虫時代に毒のある葉っぱを食べて育ち

そのまま成虫になっても美味しくないように出来とるらしい。

それを知らせるために派手な模様と

ゆ〜っくりした飛び方をすると言われるよ。

みんなのところにもやって来るかな?

秋ですなー。

2013年10月20日 (日)

虫の千百十三/さよならギンちゃん(後編)

さて、「ギンちゃんの羽化」その後であります。

まだかなー、まだかなー、と

ギンちゃんの蛹を前に目を離せない、

もどかしい時間が続きます。

だってね、(((ピクリ)))ともせんとよ。

中でモジモジしたりするなら

「もうすぐ??」とか思えるけどさー。

つって、ほんのちょっとKタイ見て

フと視線を戻したら。。

!!!!!

わ、割れとるやないかっ!!

慌てて動画撮影開始!

『ギンちゃん羽化』YouTube

本当は肉眼で見たかったけど

撮りながらは見れんけんねー。

てかさぁ、触角が「みょっ!」って伸びる瞬間とか

もう「わぁ〜〜〜ッ!!」やった。

でからたい、今の今まで真ん丸になって

縮こまっとったのに

さっさと出て来てもう歩ける、って

この感覚は分からん!

「し、シビレとる〜〜」とか、ないったい!!

Imgp0067

ふ、ふわぁ〜〜〜!

か〜わい〜!

この翅の色は女の子やね!

男の子なら白いとこが赤やけん。

Imgp0076

翅が完全に伸びきるまであと少し。

ほんとにあっと言う間なのよ。

セミと比べたらもう何倍速??って感じ。

Imgp0087

ほら伸びた!

Imgp0085

美人やな。

すっかり辺りは夜の帳に包まれた。

朝が来るまでまだとどまるっちゃないかな、

と、思っていたら

羽化からおよそ3時間後に飛んで行った。

さぁ、こっからが本番よね!

冬を越さないかんやろうし

春には素敵な男の子に見つけてもらって

卵もいっぱい産まないかん。

応援だけ翅に乗せてってちょ。

さよなら ギンちゃん。

2013年10月19日 (土)

虫の千百十二/さよならギンちゃん(前編)

『ウラギンシジミ』の赤様「ギンちゃん」が

ポチョンとした蛹になってから早16日が経過。

『ウラギンちゃん』

『昨日のウラギンちゃん』

毎日変化がないかチェックするも

なんちゃ変わっとるように見えず。

Ura107imgp0025

10月7日撮影。

Ura1014imgp0037

これ10月14日。

生きとるなら中身はガンガン工事中なんやろうけど

「ちゃんと羽化れるとかいなー」って

ちょっと心配になっていたところ

今日、山から帰って来て見てみると

Ura10193imgp0053

ヤバイっ!!!

昨日まで真緑やったのにから!

う、う、羽化が始まっとるやないかーーーっ!!

こっからおよそ2時間。

張り込みであります。

本当なら一歩も動かず

劇的なる瞬間を撮影すべく待機せないかんちゃろう。

でも

お腹すいた。

お腹がすいたんだーーーっ!

「ギンちゃん、カレーうどん食べて来るけん

まだ割れたらいかんよ。」

そう言い残し、現場を離れる昆虫DJ。

果たして30分後に走って戻って来たところ

Ura10194imgp0063

おぉ!いい感じ!!

ギンちゃんありがとう。

待っとってくれたっちゃね。

さぁここからどんぐらいかね?

虫の兄サンは

「わずか10分目を離した隙に羽化られた」

って言いよった。

もう一歩も動かんぞ!

Ura10195imgp0064

どこがどう割れてくるん?

後から気がついたけど

一番手前、縦に線が入っとろう?

こっから割れて来たよ!

女の子かな?男の子かな?

さぁ続きは感動の動画で!

次回につづく!!

2013年10月15日 (火)

虫の千百十一/have some Fun

台風26号の風かなぁ。

「いい風やなぁ」とかのんびり遊びよったけど

ここ10年で一番強いって話をニュースで見て

関東以北の皆様、心配しています。

大目に備えてちょうどいいかと思います。

どうぞお大事に。

さて

そんな話の後にこんな話題で申し訳ないんですが

向かい風受けながら出掛けたいつもの野っ原に

最近目立つものがありまして。

Fun131015_145401

ドッグフードじゃないよ。

でも犬達は食べたがるね。

ナイス酵素がたっぷりなんかな。

Fun131015_145402

時間が経つと白くなるね。

『ノウサギ』のフン。

この人。

Nousagi110515_161601

まだ赤ちゃんの頃。

この時のいきさつはコチラ。

ピョンコピョンコ

『ノウサギ』は虫ちゃんが子供の頃は

庭に来よった。

家の周りにまだ山がいっぱいあったもんな。

だけん庭にもフンコさんがコロコロ落ちとった。

朝起きて新しいフンコさん見つけると

夜の間に庭におったっちゃねぇ〜、って

悔し嬉しい気持ちになりよったなぁ。

どうでもいいけど

フンてローマ字で書いたら「Fun」やないか。

ウフフン。

2013年10月13日 (日)

虫の千百十/どこでもドア2

皆タマこんばんは。

9月に建てた「どこでもドア」。

その後、ブログを何度が更新しました所

「ドアの場所」がちょっと遠くなった感が否めないので

「2号機」を建てる事にしました。

Dokodemodoor

新たに皆タマでお喋りしていただくもよし、

1号機の中に戻ってもらうもよし、

どこでもドア1号

好きな所で遊んで行ってください。

ではでは。

2013年10月10日 (木)

虫の千百九/ガッペいろんなガっぺ

今日のウラギンちゃんも気になるところですが

ここ数日、いろんなガっぺたちに出会ったので

報告します。

まずは昨日、台風一過の林道をチェックしに出掛けたところ

林の縁で見かけました。

Shiromonnomeiga131009_150101

『シロモンノメイガ』ちゃん。

しゃれとんしゃぁ。

翅を広げて2cmjあるかないか。

小さいガっぺちゃん。

昼間行動するけど夜、灯りにも集まるらしい。

いつ寝るんやろう。

で、10日位前。

台所の窓にやって来た

ガッペ大きいガっぺさん。

Yamamayu130930_015001

『ヤママユガ』さんと思われ。

大人の手の平サイズであります。

飛びよったらものごっつ迫力あります。

苦手な人はもれなく絶叫かもしれません。

部屋の中から観よったら

こっち向いた時に眼が赤く

ピカーってライトみたいに光るっちゃんね。

それ撮れたらよかったっちゃけど。

ちなみにその繭様はコチラ。

Yamamayu2120405_145401

寝袋もデカいよね。

そんでこれが一週間前。

Mengata131003_123001

出ました。『メンガタスズメ』。

羊達も沈黙するとかしないとか。

でもやっぱり。。

Mengata131003_123002

「微笑むゴールデンレトリーバー」にしか見えん。

前にも書いたけどコヤツは「ハチミツ泥棒」。

ミツバチの巣に忍び込んで

なんとかハチミツをかっぱらおうとしよるみたいやけど

大体見かけるときは巣の近くで

働き蜂達にフルボッコにされてグッタリしとる。

捕まえるとセミみたいに鳴くけんね。

「ニャーーーッ!!」って。

いや、「ミーーーッ!!」かな?

「ニーーーッ!!」?

「チャーーーッ!!」??

まぁ、そんな感じです。

そうそう、ウラギンちゃんはここ数日

見た目の変化は特にありません。

が、そろそろ一週間になりますんで

週末には動きが見られるのでは、と思います。

お楽しみです。

最近の写真

  • Hyoumoncho060714
  • Img_1983
  • Img_1981
  • Tsumaguroimgp0286
  • Tsumaguro091005_17490001
  • Tsumaguro090619_09300001
  • Tsumaguro080327_16080001
  • Img_1944
  • Img_1945
  • Mutsubaseibou3
  • Mutsubaseibou2
  • Img_0268