LOVE FM CLUBに入ろう!

  • LOVE FM CLUBとは?
    リクエストやメッセージの送信、LOVE FMのイベント、プレゼントなどすべての応募が1クリックでOK。CLUBメンバー限定のプレゼントも!希望される方にはLOVE FMの最新情報メールマガジン「LOVE FM MAGAZINE」を配信中です。
    ※入会費、年会費などはございません。

    >>LOVE FM CLUBへの登録はコチラから

サービスエリア

  • サービスエリア
    画像クリックで拡大
Powered by Six Apart

« 虫の千百三十九/梅雨入り | メイン | 虫の千百四十一/丘の珊瑚 改め イッコニコサンコタケ »

2014年6月14日 (土)

虫の千百四十/今何時〜?はせさんじ〜!

先月虫の兄さん一家をいつもの野っ原に案内した時

いつもは見回らん草むらで見慣れぬ蔓植物を発見。

それからずっと気になっていたので

さっき見てきた。

虫の姐さんは

「トケイソウやないかいなー?」と言っていたな。

果たしてホントやった。

Tokeiso146141咲いとるやないかー!

Tokeiso1406142めちゃめちゃ時計やないか。

今何時なんか、ちゃ。

英語では「passion flower」と言うそうで

情熱的な花やからかなと思っておったら

実はこの「パッション」は「情熱」という意味の他に

「受難」という意味もあるそうで

「キリストの受難の花」と言われてきたそうな。

なのでこの仲間の『クダモノトケイソウ』の実である

「パッションフルーツ」も「情熱の実」やなくて

「受難の実」って事になるげなですばいやーん。

この草むらのヤツが実がなるのかどうか。。

いや、正確には「食える実」がなるのかどうか。

それが一番の感心どころなのであります。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/522870/32295039

虫の千百四十/今何時〜?はせさんじ〜!を参照しているブログ:

コメント


時計より前からあるのにトケイソウ (・_・?)


はせさんじ 名脇役の声優さん

おぉ〜。
食べられるかどうかは重要でっす!

トケイソウとテッセン、似てませんか〜?coldsweats01

似とるねー!

はせさんじやら、懐かしかねぇ…(*^-^*)
確か、昔NHKでありよった人形劇プリンセス・プリンプリンの、おさげの声ばしよんしゃったろぉやぁ…(*^。^*)

トケイソウっちゃ、名前がそのまんまやねぇ……て思うばってん、ケイトウとキンギョソウも、そのまんまよねぇ…(≧∇≦)

わ~!!
ウチは今年はパッションフルーツは止めました!
だって…
安く売ってるんだもん!!

虫ちゃん、何でも喰うほうに持っていかんとよぉ~coldsweats01

そうね〜?だいたいね〜?。。。。

虫ちゃんこ! むむ。。。。

熱い! 暑い! 厚い!

おはようごじゃいます…
はせさんじうわー…(*´ー`*)
トケイソウは、ばあちゃんが教えてくれた、思い出の花なのです。


 トケイソウ コロボックルの 花時計

 待ち遠しいな おやつの時間

実家のお隣さんに植えてあった

娘がお気に入りの花やったねぇ

めちゃくちゃ時計やもんねぇ

「食える実」やったらいいですね(*^^*)

こんなに素敵な時計だったら、
辛いことも時を忘れて癒されそうだわい。
・・・なんつってsmile
「食える実」も(生ったとして)美味かったら尚更?

梅安さんは今年は作らんかったんですね。
こんなやって勝手に生えて来とるとこ見たら
毎年なった実を何個かほったらかしとったら
翌年も生えて来るっちゃない?て思えてしまいますが
結構なミラクルが重なっての事なんかもなーとも思いますね。
この花が本物の時計やったら
時間聞いたら嘘ばっかり教えてくれそうな気がするー。
アリスとかチシャ猫とかおりそうなー。

こんにちは!
そういえば、中学校の国語の先生のお宅の中にトケイソウが咲いてるし、玄関にはパッションフルーツがぶら下がってるという噂でした(笑)
何か関係があったのかな!?

最初は、んーっ!!んーっ!!んーっ!!んー…
えびばでパッション♪
フルーツ…

コメントを投稿

最近の写真

  • Img_3962
  • Img_3959
  • Fullsizerender_4
  • Img_3331_2
  • Img_3331
  • Fullsizerender_7
  • Img_3326
  • Fullsizerender_3
  • Fullsizerender_5
  • Hyoumoncho060714
  • Img_1983
  • Img_1981