LOVE FM CLUBに入ろう!

  • LOVE FM CLUBとは?
    リクエストやメッセージの送信、LOVE FMのイベント、プレゼントなどすべての応募が1クリックでOK。CLUBメンバー限定のプレゼントも!希望される方にはLOVE FMの最新情報メールマガジン「LOVE FM MAGAZINE」を配信中です。
    ※入会費、年会費などはございません。

    >>LOVE FM CLUBへの登録はコチラから

サービスエリア

  • サービスエリア
    画像クリックで拡大
Powered by Six Apart

« 2015年10月 | メイン | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月19日 (木)

虫の千百八十九/トゲ坊ちゃん

2日丸々雨やった。

よー降ったー。

丸々と言えば、、

2日目は昼過ぎにちょっとだけ雨雲に隙が出来たので

DD君と森-ing。

帰り道、濡れたアスファルトの上に

ペパーミントな丸々太った

ジャイアントベイビー発見。

Shinjusan4

ペパーミントミルクに青いトゲトゲ坊ちゃん。

顔見せてもーらお。

Shinjusan2

あ、騙された。

こっちがお尻側か。

PCでご覧頂いてる方、

この写真で実物大ぐらいです。

このトゲトゲは見た目だけ。

触っても痛くないでやんす。

Shinjusan1

雨に濡れて寒いっちゃろー?

Shinjusan3

「うん、寒いー。」

ってか。

『シンジュサン』っちゅー、これまた巨大なガの赤様。

子供時代はミカン系とかクスノキ、ヌルデ、クヌギ、

エノキ、モクセイ、リンゴとかの葉っぱを食べるって。

リンゴ以外は全部近くにあるけど

親御さんの姿は見らんねー。

まぁ、こってこての夜行性やし、もう今時季は成虫はおらんやろうけど

だけんて赤様がおるのも不思議。

蛹で越冬と思っとった。

小学生の頃、この『シンジュサン』の赤様と

『クスサン』っていう同じくペパーミントの

毛深い赤様の2種類が

梅雨時期になると通学路にボトボト落ちとって

幼馴染みのノンちゃんとガクガクブルブル震えながら

学校行きよったなー。

上から降って来る勢いで、ホントに怖かった。

今は至近距離まで寄れる程、苦手克服。

やれば出来る子だよ。

250pxsamia_cynthia

これ親御さん。

wikiさまから引用させていただきました。

翅広げたら14cmjぐらいになるけん

まぁ普通は驚くよねー。

来年は夜な夜な虫探しに行ってみようかなー、

なーんて、やる気にさせてくれるガっちゃまでした。

2015年11月16日 (月)

虫の千百八十八/「ツチノコ」現る。

キターーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!

「この虫」が現れる季節がやってきた。

Tsuchihanmyou1

散歩中、DD君の足元に見慣れぬ金属ブルーの虫様。

なんかのハムシかと一瞬思ったけど

ノーノー!ハムシちゃう!!

待って!待って〜〜!!

Tsuchihanmyou2

ほらやっぱりね!!

よく見て!!

翅から腹、はみ出しとるやろっ!!

翅もなんか、お着物みたいに重なっとるやろ!!

もうちょっと動かんでって!!!

Tsuchihanmyou4

ブロック塀を上るよっ!!

『ツチハンミョウ』君だよーーーっ!!

「ツチノコ」じゃないけどね!!

『ツチハンミョウ』って見分けるの超難しいげな。

触角に特徴あるよ!

オスなんだよ!

メスの触角は特徴ないんだよ!!

ツチハンミョウ科の昆虫は日本に15種類、

そのうちずんぐりむっくりな体型で成虫が秋に出現し、

オスの触角の付け根から数えて第7節が「ソラマメ形」に広がる種類は3種類に絞られる、っちゅーて。

『ヒメツチハンミョウ』か『メノコツチハンミョウ』か『キュウシュウツチハンミョウ』か。。

『メノコ』は本州の真ん中より北に分布、やけん違うとして、

「ヒメ」か「キュウシュウ」か、やろ?

ちょっと拡大してみるよ?

Tsuchihanmyou5


さて、分かりにくいかもしれんけど、

触角の特徴の「第3節が細くなく、第2節の1.5倍ほど」っていう点で

『キュウシュウツチハンミョウ』と思われ。

この『ツチハンミョウ』は奇想天外な人生を送る事で有名。

番組でも何度か紹介した程よ。

アドベン・チャァ〜よ。

卵から孵った赤様は花によじ登って

そこへ来たハナバチに飛び乗り、

そのハナバチが上手い事カップルになったら

メスにくっついて卵産むとこ狙って卵に飛び移り、

その卵を食べて育つとって。

卵を食べ尽くす頃にはボートみたいな形に変態して

卵が浮いとったハチミツに浮かぶようになる。

なんじゃそれ!!

そしてハチミツや花粉(※←本来ハナバチの赤様用)を盗み食いして

サナいでから今頃成虫になるって寸法よ!!

これ、お気づきの通り、最初に登った花で

『ハナバチ』に出会えんかったら、まずそこで終わり。

『ハナバチ』に出会えてもその『ハナバチ』がうまいこと

カップリング出来んやったらそれで終わり。

これがお母さんが卵を何千個も産む理由やね。

昆虫で「何千個」って異例の数やもん。

ところでこの『ツチハンミョウ』、多分メスの方が大きいと思うけど

実物見たら「思てたんとちゃう!」てなった。

もっと、倍位の大きさ想像しとったけん。

見たの2回目やけど、今回えらい小さく感じたな。

頭からお尻まで、1cmjぐらいなんよね。

前見たのはメスやったのかもな。

あぁでも、秋深し、って感じです。

あ〜コーフンした。

2015年11月 9日 (月)

虫の千百八十七/誰やねん。

一ヶ月ぐらい前やったかなぁ。

玄関先に見慣れぬ赤様が。

Pinkdragon1

誰やねん。

Pinkdragon2

尻には2本の突起。

まるでピンクのボデー。

「不思議の国のアリス」に出て来ても違和感なかろう。

何の仲間かのぅ。

ガっちゃまはガっちゃまやろうけど

何ガっつ?

カギバの仲間かなぁ?

全然誰か分からんぞ。

とりあえず「ピンクドラゴン」て呼びよる。

多分もうサナぐと思って動向を見守ろうと思いよったけど

残念ながら翌日お亡くなりになっとった。

どなたかご存知でしたらお知恵を拝借致したく

お願い申し上げ候。

2015年11月 6日 (金)

虫の千百八十六/変身

ご無沙汰しておりました。

気が付けばもう11月。

今年もまたあっと言う間ですなぁ。

さて、秋も深まり、そろそろ『セイタカアワダチソウ』も

花が枯れて来る頃でありますが

Awada3900070010001

年末頃までまだまだ花を咲かせる植物もありますね。

Ryuukyuuasagao1

ここ数年、あちこちで見かけるようになった

『ノアサガオ』です。

「リュウキュウアサガオ」とも呼ばれる通り

沖縄では海岸沿いとかに自生して

ゴイゴイ繁茂することで知られているそうな。

そうやろ?

だって、ご近所でも『クズ』並に繁殖しとるの見かけるもん。

ど〜も一年草やなさそうやな、と思って調べてみたら

やっぱし多年草やった。

そーじゃろーそーじゃろー。

これ、キレイやけど、うかつに手を出さん方がいいとお見受け。

手に負えんくなると思われー。

で、今日の主役は実はこの、葉っぱに穴をボシボシ空けとる犯人です。

Ryuukyuuasagao2

この食べ方はイモムシ・ケムシじゃないよね。

犯人はコチラ。

Yotsumonjkamenoko2

『ヨツモンカメノコハムシ』ちゃんです。

実はこのヒト、元々沖縄辺りにしかおらんかった虫様。

1999年に九州で確認されて以来、

もう今では普通に定着してしまったらしいっちゃけど

もしかして、この『ノアサガオ』に付いて来たっちゃないとー?

と、思いよる。

サツマイモの葉っぱをモリモリ食害するので

本土の方でも困っとるらしかばいやん。

で、このヨツモンちんの「変身前」が面白いとって。

Yotsumonjkamenoko1

見てよコレ。

これ、サナギの抜け殻。

ブロディ思い出すの虫ちゃんだけ?

Yjimage6

プロレス界のお洒落番長ブルーザー・ブロディ。

の、フィギュア。

本物見たら、もっと伝わると思うけど

残念ながらもうおんしゃれんもんねぇ。

あれ?なんかおかしな記事になってきた。

じゃぁ、またの。

最近の写真

  • Hyoumoncho060714
  • Img_1983
  • Img_1981
  • Tsumaguroimgp0286
  • Tsumaguro091005_17490001
  • Tsumaguro090619_09300001
  • Tsumaguro080327_16080001
  • Img_1944
  • Img_1945
  • Mutsubaseibou3
  • Mutsubaseibou2
  • Img_0268