LOVE FM CLUBに入ろう!

  • LOVE FM CLUBとは?
    リクエストやメッセージの送信、LOVE FMのイベント、プレゼントなどすべての応募が1クリックでOK。CLUBメンバー限定のプレゼントも!希望される方にはLOVE FMの最新情報メールマガジン「LOVE FM MAGAZINE」を配信中です。
    ※入会費、年会費などはございません。

    >>LOVE FM CLUBへの登録はコチラから

サービスエリア

  • サービスエリア
    画像クリックで拡大
Powered by Six Apart

« 虫の千二百三十八/2017 | メイン | 虫の千二百四十/ペーター »

2017年2月 8日 (水)

虫の千二百三十九/最近のターコちゃん

元日以来やないの。

ビックリ。

ご無沙汰してました。

皆タマお元気でしょうか。

最近の虫ちゃんは

相変わらず迷走中、って感じです。

人生って、基本「気のせい」で出来てるな、

って感じです。

さて

ご近所の顔馴染み

『カワセミ』のターコちゃん。

Kawasemi2

後ろからコッソリ近づいて隠し撮りしたら

シャッターの音に

「ビクッッ!!」っとして振り向いて

「ビヤァッ!!」って飛んで行ってしまって以来

虫ちゃんを見るとソッコー逃げるようになってしまいました。

こないだまでは

虫ちゃんが立ち止まると逃げていたのが

今日はなんと、目が合った瞬間逃げられました。

虫ちゃんをちゃんと「あ、虫ちゃん」て

個人として認識しているのかなぁ。

今日は一段とキラキラ光って逃げてったな。

『カワセミ』の羽根は「構造色」で光る。

『タマムシ』とかと一緒。

Tamaimgp1827

ターコちゃんも光の加減で光ったり光らなかったり、、

Kawasemi

す〜〜〜る〜〜〜。

もう仲良くはなれそうにないけど

そのうち

「あれ、虫ちゃんは無害」って

気づいてくれたら

またゆっくり観察できるようになるかな。

虫のいい話やね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/522870/34036411

虫の千二百三十九/最近のターコちゃんを参照しているブログ:

コメント


ビューティフル 碧き宝石空を翔ぶ

ホントにキレイ💕
これは、ターコちゃんに怒られても、
絶対に写真撮りたくなりますね

愛しのターコちゅわん。。

無防備な後ろ姿がかわいい。

虫ちゃんのいい(ヨカ)話やね。

ものすごく近づいてますね。
ここまで近づくことの出来る
虫ちゃんって、絶 が出来る
ハンターか?

皆タマ御機嫌よう
でもその分ビックリさせてしまったようで。
あんな無防備でもどうかと思うけど。

バックシャンなターコシャチョウの写真。

2枚とも同じなんですよね!?、間違い探しだと思って

長時間 見比べてました、なは…

こ、これは近い!負けた。。笑
基本人のせいじゃないあたり
真面目さがにじみ出てます。

今日はチラっと見て見ぬふりしたら
飛んでいかんかった
よかった

まさしくターコイズブルーの後ろ姿❗

神さまが決めたかな この美しい色を
北海道にはおらんもね。
綺麗な話ををしてるのに銀ばえがぎらぎら
しているのも 構造色って言うますか?

ギンバエも構造色ですね
仕組みの説明は虫ちゃんにはまだ無理でやんすが
笑笑

虫ちゃんの名にふさわしい

『森の妖精』

すなわち
『樹の精』な人?生

おーい!山田クン

座布団全部持っていっちまいな!

朝、家の近くの川沿いの道を通るとき、
よくカラスと鳩がいっしょに群れとるんやけど、
カラスは人が近づくとサーッと飛んで逃げていくのに、
鳩はかなりギリギリ真横を通っても平然と動かんかったりする。
同じ鳥なのにこの違いは何やろか?

カラスはかしこいけん鳩を見ながら
「あ、あんだけ人間に近づいても平気なんやね」
という発想にならんのかいな?
鳩を見ながら
「バカやな~、そのうち人間にけとばされるぜ」
と考えとうとかねぇ。

カラスはビビリで鳩は肝がすわっとうとかなぁ?

「山中だけでなく、身近なところでも見られる。」と、虫ちゃんが言っていたとおり、油山観光道路の下の樋井川で捕食していました。


中学生の頃(1975年頃)は、福岡市早良区(当時は西区)の原中学校の横を流れる油山川にもカワセミ君はいましたよ。 同級生の笠原くん(現、某大学教授)はカワセミ見つけて、「青いセキセイインコが翔びよう!!」と歓喜の声をあげよりました。

コメントを投稿

最近の写真

  • Img_3962
  • Img_3959
  • Fullsizerender_4
  • Img_3331_2
  • Img_3331
  • Fullsizerender_7
  • Img_3326
  • Fullsizerender_3
  • Fullsizerender_5
  • Hyoumoncho060714
  • Img_1983
  • Img_1981