LOVE FM CLUBに入ろう!

  • LOVE FM CLUBとは?
    リクエストやメッセージの送信、LOVE FMのイベント、プレゼントなどすべての応募が1クリックでOK。CLUBメンバー限定のプレゼントも!希望される方にはLOVE FMの最新情報メールマガジン「LOVE FM MAGAZINE」を配信中です。
    ※入会費、年会費などはございません。

    >>LOVE FM CLUBへの登録はコチラから

サービスエリア

  • サービスエリア
    画像クリックで拡大
Powered by Six Apart

« 虫の千二百四十六/アナシグッズ通販開始のお知らせ(改訂版) | メイン | 虫の千二百四十八/アナシグッズ通販終了のお知らせ »

2017年4月 8日 (土)

虫の千二百四十七/あのサクラ、サク

桜が満開ねー

去年、ご近所のシンボルツリー的な

樹齢およそ50年ほどの大きな二本の桜の樹が

ご近所トラブルの犠牲になって伐られた

地面から1m50cmぐらいの高さで真横にバッサリ

今年咲くはずだった蕾を

のびのび広げた枝に沢山携えたまま。

秋になって落葉すると

それは大量の落ち葉がご近所の敷地に舞い込む事になる

何年も我慢してきたけどもう無理、って思ったのかな

チェーンソーのエンジンがかかって

自分に向かって来た時

桜の樹は自分がこれから真っ二つにされることを

どんな気持ちで待ち構えたかな

今想うだけで

また鼻と胸の奥がツンとしてくる

しばらくその横を通るのが辛くて

顔を上げて歩けんかったけど

こないだもしかして、と思って勇気を出して見てみたら

そのままそこに遺された太い幹から

ものすごく不恰好に

空に向かってボウボウ伸びた枝を見つけた

「生きとる!!!生きとるやん!!!」

どんだけ嬉しかったことか

そして

もしかして、、、、、

と思ってさっき見に行ったら

Anosakura0

!!!!!

Img_9014_2

咲いとる!!!

咲いとるやないの!!!!!

もうね、何も言うことはないよ

力強いね

どんなに格好悪くても

去年とは違う姿になっとっても

何より生きとる

諦めるとか諦めんとか

何してくれてんねんとか

終わったことを一切振り返ることもなく

前だけ

上だけを見て

二本の桜が

今出来ることをやった結果がそこにあった

かなわん、と思った

ほんとに嬉しい。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/522870/34054066

虫の千二百四十七/あのサクラ、サクを参照しているブログ:

コメント

あかん、、寝起きなんに
ジーンときた、感動。

鳥肌が…生きる!

すげーよね

近所のお寺の、1メートルぐらいに伐採されたイチョウも、同じように枝を伸ばしています。
しかも、運びやすいように、60センチぐらいの丸太にされた方からも、根がないのに、枝を出しました。

すげーーー

強い。


伐るひとに これではいかが サクラ笑む

今まで大きく張った根が、沢山の栄養を集めたんですね。
見上げる花の下で、静かに根を張る音に耳を傾けることも、大事なんでしょうね^ ^

そんな虫ちゃんにはかなわん、と思った。
わたしも嬉しい。笑

みんなありがとう☺︎

素晴らしいお話を、なりがとう虫ちゃん🐸
春はいいなあ🌸

虫ちゃんが、虫婆ちゃんになる頃はどうなっとるかねえ

植物にとっての「死」ってなんだろうね?

火の鳥みたいに永遠に存在し続けるのが植物なのかねえ。

根っこまで掘られる事があったら、虫ちゃん家で引き取ってよ。

福岡は 雨、雨、、

サクラは満開🌸

サクラ咲く花びら散らし雨の中

あの大木が

真っ二つにされて

このまま生きていられるかどうか

ソメイヨシノの弱さを知れば知るほど

暗い気持ちになるけど

そんなこと知ったこっちゃないのが

このヒト達のすごいとこなんやと思うわ

泣いた。
虫ちゃんと
みんなの優しさに
泣いた。

おさむちゃん
ありがとう


サクラの便り🌸
札幌から届いてよかった~🎵
ですね🎵

昭和45年組✴です!
無残に斬られた桜の幹から、新たにわき芽を出して
 生き直そうと決意したかの様な桜の写真を拝見しました! 文句1つ言わず、生きる覚悟を見せつける桜に、
思わず、負けるな!と、声をかけたい気持ちです!

コメントを投稿

最近の写真

  • Hyoumoncho060714
  • Img_1983
  • Img_1981
  • Tsumaguroimgp0286
  • Tsumaguro091005_17490001
  • Tsumaguro090619_09300001
  • Tsumaguro080327_16080001
  • Img_1944
  • Img_1945
  • Mutsubaseibou3
  • Mutsubaseibou2
  • Img_0268