LOVE FM CLUBに入ろう!

  • LOVE FM CLUBとは?
    リクエストやメッセージの送信、LOVE FMのイベント、プレゼントなどすべての応募が1クリックでOK。CLUBメンバー限定のプレゼントも!希望される方にはLOVE FMの最新情報メールマガジン「LOVE FM MAGAZINE」を配信中です。
    ※入会費、年会費などはございません。

    >>LOVE FM CLUBへの登録はコチラから

サービスエリア

  • サービスエリア
    画像クリックで拡大
Powered by Six Apart

爬虫類 Feed

2016年5月23日 (月)

虫の千二百一/出会い頭

出会い頭の譲り合いで

スムーズに通れた事がない、でお馴染みの

どうも虫ちゃんです。

どうしても人が避ける方に動いちゃう。

皆タマはどう?

ちょっと前の話だけど

草むらを行進中、直進の虫ちゃんに対して

右から進入して来るイキモノ在り。

Shimahebi1

チラッ。

おー!『シマヘビ』の「カラス(黒化型)」ちゃんじゃないの!

カラスっちは虫ちゃんに気づいて「ピタっ」っと静止。

Shimahebi2

うそ〜!じゃぁ写真撮ってもいい??

ここぞとばかりにアップを狙う虫ちゃん。

Shimahebi3

ホントに動きんしゃれんねぇ。

でも嫌がっとるのは分かるよ。

ごめんね。

で、虫ちゃんが行きたい方向へ一歩動くと

要するにカラスっちの前を横切る形になっちゃって

カラスっちは

「チッ」って舌打ちして(そんな感じで)

Img_4887

来た方向に戻って行った。

『シマヘビ』は出会い頭だと結構すぐ興奮して

「シャー」とか言ってくんのに

このカラスっちは静かやったな。

譲ってくれてありがとー!

ところで昨日番組で話した

虫ちゃんの「犬師匠」のブログ、

犬と暮らす人にもそうでない人にも

役に立つ事が色々書いてあると思うので

是非一度お訪ねくださいまっしぶ。

http://www.goodboyheart.com/blog/

***************************

熊本被災ペット支援ネットワーク

http://kumanimal.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

2015年9月19日 (土)

虫の千百八十四/ヘビ、ヘビ喰う。

涼しいわー。

秋ですなー。

食欲が既に止まりませんぞー。

今日は朝からキビキビ色んな事片付けて気分が良い。

そうだ、ブログ書こう。

こないだ、子供同士が大喧嘩しよる所に遭遇。

負けた方が喰われる命がけのケンカやけんね。

これぞ「リアルガチ」な世界だけんね。

「閲覧注意」なんて書かないよ。

Tomogui1_2

アウリン??!

違います。

まだどちらも幼い『シマヘビ』VS『ジムグリ』が

ガップリヨツの取っ組み合い。

Tomogui3_2

シマッチの方が優勢か。

でもジミーも下から反撃や。

どっちも頑張れ。

Tomogui4_2

口と口とで噛み付き合っております。

お互い絡み合って踏ん張りよる感じか。

この間の動きは

「ニョ〜ロニョロニョロニョロ〜〜〜!!」

って、勢いよくでんぐり返って動きよるんやなくて

「んんんんんんんんん〜〜〜〜〜」

って感じの、じわじわっとしたいわゆる膠着状態です。

Tomogui6_2

あ、目が合った。

どうも。

邪魔せんけんも少しだけ見せてくれろ。

同じヘビでも鱗の様子とか全然違うっちゃねー。

どっちも美しいイキモノやねー。

Tomogui8_2

頭の鱗は大きいよ。

尻尾は鞭みたいや。

ここでシマッチ、完全なマウントポジション。

ジミー、力尽きたか。

Tomogui9

後ろから失礼。

ヘビってお目玉平ペったい!

へーーー!!

この後シマッチがジミーを飲み込んで

この文字通りのデスマッチは終了する訳ですが

途中ですっかり満足してしまった虫ちゃんは

最後まで見届ける事もなく。

ちなみに、『シマヘビ』は元々「ヘビ、食い気味」だそうです。

相手が毒マムシでも行く時ゃ行くってよ。

縞蛇、マムシ食べるってよ。

そもそも『シマヘビ』、気が荒いもんね。

道で会ったらよーぅ怒られるもんね。

「なん見ようとや、きしゃーーーん!!」

て、何回言われたか分からんもんね。

だけんてから嫌いじゃないよ。

性格はみんな色々やけんね。

まとまらんくなってきたけん

そろそろ止めとこうかね。

ならまたー。

2014年7月20日 (日)

虫の千百四十六/脱皮ーバースデー pt.4

もう勝手に梅雨明け宣言していいかいな?

って思う程の夏空ですが、まだげな。

「梅雨明け宣言」が発表されると

世間の人々の消費とか行楽ムーブメントが

かなり活発になるてげな。へ〜。

で、久しぶりの「脱皮ーバースデーネタ」であります。

玄関先にて。

Yamori1めーつけた。

Yamori2ペローーーン。

Yamori9ペロリーーーン。

Yamori6

なんか、パーカーのフードのごたる。

おもっきし「顔」やけど。

Yamori7更に寄ってみると、

なかなか、、なかなかのツブツブぶり。。

これ、「ニンジンまけ」した時のツブツブにそっくり。。

まぁまぁ苦手なツブツブの連続。連続のツブツブ。

めろーーーん。

そんな事より、左前足の「ヒジ」が

なんかカワイイ。

半袖のTシャツ着とるごたぁ。

Yamori8きれいに剥いてやりたかー。

でも余計なお世話は焼かないよ。

爬虫類は脱皮したけんて

昆虫みたいに大きくなる訳やない、って

前にも書いたと思うけど

生活の中でついた表面の擦り傷とか汚れとか

ペローンて脱いで新しいのにするとか

なんか気持ちいい話とは思いませんか。

生きて行きながら

時々新しくなる。

真似したいですわー。

2014年5月31日 (土)

虫の千百三十八/頭隠さぬ幻の蛇

前回、頭隠して腹詰まった『ニホントカゲ』のお子様の話を書きました。

同じ現場で新たな展開です。

ヘビが苦手な方は注意してください。

でも、滅多に人に見つからない「幻の蛇」の登場です。

Shiromadara1『シロマダラ』というヘビのまだ幼い個体。

残念ながらこのままお亡くなりになっておりました。

『シロマダラ』は夜行性で主に森林に住むヘビなので

なかなか人目につく事は無く

捕まると結構話題になる事が多いんだそうです。

そんなヘビが自分ちの周りで普通に繁殖しているのかと

嬉しくなりましたが

この顛末を虫ちゃんなりに推察した結論を書きます。

『シロマダラ』の主食は「爬虫類」。

この穴は実は前回『ニホントカゲ』の子供が隠れたのと同じ場所。

Nihontokage2ね?

おそらく夜の間に『シロマダラ』は獲物を追って穴の中へ。

そしてまんまと餌にありつき、

「さぁ、そろそろ帰ろうか」と穴を出ようとしたところ

お腹がつかえて出られない。

「これはヤバい」と思っても

バックする事も出来ず立ち往生。

そこへ無情にも朝日が昇り

じりじりと気温は上昇していきます。

変温動物のヘビじゃなくても昨日、今日と

気温は30℃を越えており

日除けの無い場所ではダメージも深刻。

『シロマダラ』は上がり過ぎる体温をなんとか下げようと

必死に口を開けて体温を逃がそうとしますが

上からの太陽と焼けるコンクリートの熱に

体温が下がる事はなく

口を開けたまま絶命したと思われます。

Shiromadara3

現にそっと引っ張り出すと

お腹はパンパンに膨らんでおりました。

ある程度消化するまでしばらくそこに留まっていれば。。

なんて事、もう考える事も出来ません。

自然の世界では一度のミスが命取り。

死して屍拾うものワタシ。

さらば、ヘビ(とトカゲの子)よ。

2014年5月27日 (火)

虫の千百三十七/頭隠して腹詰まる

今日は爽やかやねー。

五月やねー。

去年は五月の爽やかさを満喫する間もなく

虫虫暑い気候になったろう?

違ったっけ?

さて、ちょっと前の話やけど

玄関前のコンクリの割れ目で大変な事が起こっとった。

Nihontokage2''May I rescue you?''

って、グアムの海でナマコ探しよったら

ロコサーファーの兄ちゃんに言われたなぁ。

綺麗な青い尻尾に特徴的なシマシマとテカリ。

『ニホントカゲ』のお子様に間違いあるまい。

Nihontokage美しかなー。

腹一杯なのに穴に入ろうとして詰まったか。

面白いのでしばらく観ていたが

いつまで観よっても「ピクリ」ともせん。

心配になって尻尾触ってみた。

ダラーン。げな。

え?まさかこの状態でご臨終??

腹から足からメロンメロン触ってみた。

ダ・ッラーン。げな!

うそやん!!

そらないわ。

面白過ぎ、、いや、悲し過ぎるやろ。

でもお腹いっぱいやけんいいか。。

いや、いかんやろ、とかごちゃごちゃ考えよったら

完全に脱力した状態から

突然「ミョコミョコミョコ〜」って動き出した。

「はっ!騙された!」と思い慌てて写真撮る構え!

Nihontokage1_2

「つるん!」

と穴に入る瞬間。

なんや、生きとるやないか。

もー。

さっきのダラーンは何やったとかいな。

まあいいたい。

次から気をつけなはれ。

メスは大人になっても青い尻尾のままのものが多い、って話やけど

体の大きさとシマシマで大人と子供の区別はつくと思うよー。

2013年7月30日 (火)

虫の千八十八/残業?

今朝もなかなか蒸し暑かったにゃー。

朝ン歩から帰って台所で水をいっぱい。
お。
残業ですか?
Kabecyoro130730_071102
きゃわゆぃ。。
まんまるぽんぽこちゃん。
前にも書いたけど
こういうきゃわゆいの見たら
パクってしたくなる。。
せんけど。
@v@パク。
よーし。
もう寝る時間じゃろがー。
おっちゃんも寝ようわーい。
って、起きたら午後2時でありました。。
今日はしっかり寝れたぞぞぞーい!

2013年6月 5日 (水)

虫の千六十五/沢遊び

毎度〜。コンチラ〜。

今日はそんなに日差しがキツくなかったので
歩いて沢遊びに出掛けました。
今日「も」かな。
=i=
最初に出会ったのは日向ぼっこ中の
『アオダイショウ』さん。
Aodaisyo130605_150101
まだ幼い、っつーか
サイズで言うと1メートルあるかないか、ぐらい。
それでもKタイのフレームには収まらず。
Aodaisyo130605_150102
「しゃーしかー。」
って言いながら
寝床と思われる穴の中に消えて行かれました。
ちなみに今まで見た『アオダイショウ』で
一番大きかったのはコチラ。
Aodaisyoimgp0518
分かるかいな。
余裕で2メートルはあったもんね。
Aodaisyoimgp0523
太さぁ〜!!
〜〜〜〜〜
Ha130605_151303
上も下も見事な表面張力。
キラキラして美しか〜。
Nihonkawatonnbo130605_151301
『ニホンカワトンボ』か
『アサヒナカワトンボ』かよく分からんけど
カワトンボのオス。
見た目でどっちか区別出来る方いらっしゃったら
是非ご一報いただきたく。
でもオスなのは間違いない。はず。
だって翅に「紋」が入ってないモンね。
同じ場所に何回も戻って来て縄張っとったし。
Kawatonnbo090427_18010003
フィンガー5のアキラ君のサングラスを
思い出させる翅の色。
同じ種類でも透明のタイプもおるげなばいやん。
=i=
沢の中にジャブジャブ入って
「わははは!わははは!」って
笑って来た。
帰り道では「お初」の「小さいけど大物」に出会いましたが
それはまた次回の講釈で。
ガンダーラ、ガンダーラ。

2013年5月 9日 (木)

虫の千六十一/彼氏目線・彼女目線

今日は歩いた〜。

DD君とちょっと遠くまで歩いて
山越えて帰って来た。
ペコッ腹にはキツかったわぁー。
でもおかげでイカしたカップルに出会えた。
最初、「ん?事故?」と思った。
「あ?弱肉強食?」とも思った。
Kanahebi130509_131401
ね?
Kanahebi130509_131403
じーーーーーーーっと見てみて
「あっ!交尾!」と気づく。
しもたー。
今日に限って最近もれなく持ち歩いていた
デジカメを持っておらん。
残念無念。
Kタイでご免。
(写真クリックすると拡大出来るよ。)
Kanahebi130509_131503
彼氏目線。
綺麗な目。。
綺麗な目ーーー!
惚れてまうやろーーーっ><!!
あ、噛み付いとる。
手、見てよー。
大事に彼女抱えとるよー。
Kanahebi130509_131501
彼女目線。
上におるのはオスやけど
立場的に彼女の方が上に見えるのは
虫ちゃんだけやろか。
もっと見たかったけど
下からヒトが上がって来たけん
いつまでも地面にへばりついとく訳にも行かず。
これまた残念。
オスとメスとで体色の違いがあるのが
はっきり分かるよねー。
あ、誰か言うの忘れとった。
『ニホンカナヘビ』さんですよ。
交尾の後、メスの背中にはオスが噛んだ
「V字」の跡が残るげなー。
恋の季節、命の力みなぎる季節であります。
Kanahebi130509_131502

2013年4月25日 (木)

虫の千五十七/ニョロウェーブ

ぬー。
最近いつもの野っ原へ行くと
ほぼ毎回『シマヘビ』さんのおらっしゃぁです。
こないだはDD君が先に見つけて
一触即発、touch and goな状況でありました。

Shimahebi130419_132701

「ちょっとも〜。日向ぼっこさしてよ〜。」

Shimahebi130419_132801
「ぬ?アンタは何?写真?Kタイやないか!
 ガンレフ持って来んか!」

Shimahebi130419_132803
「しつけーぞ!コラ!やんのか?お?!コラ!」

Shimahebi130419_132901
「あ?コラ。お?コラ。」

Shimahebi130419_132902
「めんどい。もうめんどい。バイナラっきょ。」

みたいな一部始終やけど
大きくて綺麗なヘビやった。
DD君は『シマヘビ』さんを囲んで
グルグル時計回り、反時計回り、と
アウトボクシングしながら
インファイトに持ち込もうと懸命でしたが
思うようにならずワンワン言ってました。
CDD君なら見つけた瞬間「バク!」でございます。
CDD君はワイルドボーイ。

Shimahebi130425_124401
コチラは本日出会った『シマヘビ』さん。
先日のお方より更に気性が激しそう。
超怒ってはります。
見て、この首。
いつでも飛んで来るよ。
こういう体勢のヘビはこれ以上刺激すると
次はもう攻撃してきます。
気をつけなはれや!!
あ、「ニョロウェーブ」と言えば、
本日(4/25)の『月下虫音』は
月に一度の大騒ぎ「動物クイズ」に加え
「NEW WAVE祭り」であります。
お楽しみに!!
 

最近の写真

  • Mutsubaseibou3
  • Mutsubaseibou2
  • Img_0268
  • Img_0252
  • Img_0222
  • Nijigomiiimgp0208
  • Ooyamakawagera4
  • Ooyamakawagera3
  • Img_9562
  • Img_0103
  • Img_0059
  • Img_0010