LOVE FM CLUBに入ろう!

  • LOVE FM CLUBとは?
    リクエストやメッセージの送信、LOVE FMのイベント、プレゼントなどすべての応募が1クリックでOK。CLUBメンバー限定のプレゼントも!希望される方にはLOVE FMの最新情報メールマガジン「LOVE FM MAGAZINE」を配信中です。
    ※入会費、年会費などはございません。

    >>LOVE FM CLUBへの登録はコチラから

サービスエリア

  • サービスエリア
    画像クリックで拡大
Powered by Six Apart

植物 Feed

2013年9月 9日 (月)

虫の千九十八/夏の青は

昼間の日差しはまだまだまぶしいですが

その色はもうすっかり秋ですなぁ。
先週末、近所を歩いておりましたら
不思議な咲き方をする『ツユクサ』を発見。
普通の『ツユクサ』は
Tsuyukusapap_0052
こんなかんじ。
不思議な『ツユクサ』は
Tsuyukusapap_0053
むむむ!
二段重ねや。
どーゆーこっちゃ。
横から見てんも。
Tsuyukusapap_0051
1つの萼から2つの花が咲いておる。
双子やな!
Tsuyukusapap_0050
不思議〜。
てか、
『ツユクサ』の青い色はホントに青い!
昔から頭の中にある句。句?
夏の青は ツユクサの花びらに落ちて また来年
『ツユクサ』は夏の間も咲いとるけど
何故か初秋の今ゴロが一番目につく。
『ツユクサ』は午前中に咲いて
午後には溶けるようにしぼんでいくので
夕方にはもう見られない。
「見た事ないなぁ」という人は
朝出掛ける時にあたりを見回してみてはいかがでしょう。

2013年8月 7日 (水)

虫の千九十/朝日を見ない花

暑さ寒さも彼岸までよー!!

あとちょっとよーーー!!
早朝散歩、通称「朝ん歩」も
少しずつ家を出るのが遅くなってきた。
朝日が出るのが遅くなりよるけんね。
で、
こないだ紹介した『カラスウリ』。
どうも写真よく観たら少しもう閉じかけやったみたいね。
* * * * * * * * * *
Karasuuri060719_152201_0001
これが開きかけ。
<15:22撮影>
* * * * * * * * * *
Karasuuri080806_19400001
これが全開。
<19:40撮影>
Karasuuri130723_052001_2
これもう閉じかけで
<5:20撮影>
Karasuuri130806_053902
閉じたー。
<5:39撮影>
昨日の朝方撮って来た。
日の出と共に散歩の出発時間が遅くなるのと同じように
『カラスウリ』も閉じる時間が少し遅くなっとるみたい。
な、気がする。
月は見ても日は見ない夜の花。
ワシらが寝とる間に
他にもあんな事やこんな事が繰り広げられよるっちゃろなー。

2013年7月24日 (水)

虫の千八十四/人知れずの花

夜明けが日、一日と遅くなってきよる。

助かるわー。
なんかうちの咲かない白いサクラの葉の上に
誰かのフンコさんが点々と落ちとるけん
誰か食いよるなー、と思いよったけど
なかなか見つけきらんやったとよね。
Momosuzu130722_131202
分かるかい?
正解は
Momosuzu130722_1312020001
「分かるか!!」てか。
だって葉っぱと同じ色やん。
夏のまぶしいキミドリイロですやん。
で、朝方再び見たら
Momosuzu130722_061601
寝とる。。
Momosuzu130722_061702
これは絶対寝とる。
Momosuzu130722_061701
間違いなく完全に寝とるやろ。
腹一杯になって真ん丸なお腹で寝とる。
ウケるー。
ついこないだ登場した『モモスズメ』の赤様とお見受け。
胸にある脚、「胸脚」をよくこうやって
「キューーー」て集めてお祈りしよるみたいなポーズする。
かわいかろうがっ!!
でもおまえ、超食うの知っとるよ。
もっと大きい樹にお引越してもらうよ。
* * * * * * * * * *
そんなやりとりをしている早朝に
人知れず咲く花がある。
Karasuuri130723_051902
『カラスウリ』ちゃん。
Karasuuri130723_052001
こんなに綺麗なのにあんまり見たことない人の方が多いかも。
なーんでか。
『カラスウリ』の花は日が暮れる頃に開き始めて
日が昇ってみんなが出掛ける頃には
しぼんで枯れてしまうからですよ。
コチラが開き始め。
Karasuuri060719_152201_0001
なんのために?
そう、「夜行性」の花なんであります。
花に夜行性とか言わんかもしれんけど。
なんで夜の間に開花するのか、ってーと
そう。
『モモスズメ』ちゃん達、スズメガのような
夜行性のガが蜜を飲みに来るのを待ってるとよねー。
夜の間も虫と花との宴は盛り上がっとるごたるね。
Karasuuri080806_19400001
でもなんでモジャモジャなんやろ。

2013年6月27日 (木)

虫の千七十四/からむしにからむむし

今日はぺっこ蒸し暑い瞬間があったダニ。
道路脇に『カラムシ』(多分)が
「キョーーーーーッ!!」って元気に育ちよる。

Irakusa130625_152501

(多分)て書いたのはイマイチ自信がないからで
『ラミー』とか『イラクサ』とか『カラムシ』とか
イラクサ科の植物は似とるでね。
まぁでも多分『カラムシ』。
それでも「多分」て言うのか。
で、
この草は虫さま達に大人気。
この季節はコチラ。チラッ。
Imgp0047_3
ご存知、
いや、お馴染み、
いやいや、ご存知でお馴染み?
Imgp0046
『ラミーカミキリ』ちゃん達です。
ドーーーーーーーン!
Imgp0045
ご存知で?
虫ちゃんブログでは
「パンダのバーテン」、
もしくは
Ramiimgp0888
「背中に飛ぶ鳥を持つカミキリ」
でお馴染みよね。
秋になったら
Fukura061021_105401
コヤツらにたかられる『カラムシ』。
コヤツらは
Fukura120224_144804
こんなリッチなマダムみたいな大人になる予定。
『フクラスズメ』だす。
その他『アカタテハ』の赤様も住処にしながら食べるし
色んな虫にからまれる『カラムシ』。
でも、
大きくなり過ぎるので
どこへ行ってもある時季になると
ぶぁっさ〜っと苅られてしまいます。
Rainlilyimgp0001_5
『レインリリー』も咲いてました。
あぁ、この時季やな〜。
あ、今日の『月下虫音』は「動物クイズ」やで!

2013年6月 5日 (水)

虫の千六十五/沢遊び

毎度〜。コンチラ〜。

今日はそんなに日差しがキツくなかったので
歩いて沢遊びに出掛けました。
今日「も」かな。
=i=
最初に出会ったのは日向ぼっこ中の
『アオダイショウ』さん。
Aodaisyo130605_150101
まだ幼い、っつーか
サイズで言うと1メートルあるかないか、ぐらい。
それでもKタイのフレームには収まらず。
Aodaisyo130605_150102
「しゃーしかー。」
って言いながら
寝床と思われる穴の中に消えて行かれました。
ちなみに今まで見た『アオダイショウ』で
一番大きかったのはコチラ。
Aodaisyoimgp0518
分かるかいな。
余裕で2メートルはあったもんね。
Aodaisyoimgp0523
太さぁ〜!!
〜〜〜〜〜
Ha130605_151303
上も下も見事な表面張力。
キラキラして美しか〜。
Nihonkawatonnbo130605_151301
『ニホンカワトンボ』か
『アサヒナカワトンボ』かよく分からんけど
カワトンボのオス。
見た目でどっちか区別出来る方いらっしゃったら
是非ご一報いただきたく。
でもオスなのは間違いない。はず。
だって翅に「紋」が入ってないモンね。
同じ場所に何回も戻って来て縄張っとったし。
Kawatonnbo090427_18010003
フィンガー5のアキラ君のサングラスを
思い出させる翅の色。
同じ種類でも透明のタイプもおるげなばいやん。
=i=
沢の中にジャブジャブ入って
「わははは!わははは!」って
笑って来た。
帰り道では「お初」の「小さいけど大物」に出会いましたが
それはまた次回の講釈で。
ガンダーラ、ガンダーラ。

2013年3月15日 (金)

虫の千四十五/発見!白いライオン

ツクシーズンもそろそろ終わりかー。

今日はぬっかったね。
昨日は寒かったけんまたアンカ入れて寝たけど。
で、発見しました。
毎年虫ちゃんちの裏に咲く白いタンポポ。
Tanpopo130311_120701
の、話は毎年のようにアップしてきたよね。
うちの裏は白いのばっかりやけど
一歩道路に出ると普通に黄色いタンポポが咲いとる。
で、今年。
ついにハイブリッドちゃんが咲きました。
Tanpopo130311_120603
やったりました。
Too shy shyなリマールに見えるのは
虫ちゃんだけやろうな。。
じゃなきゃロッド・スチュワート。
Tanpopo130311_120602
でも不思議な咲き方やろー?
12時から5時まで白で5時から12時まで黄色。
これ一輪だけっちゃけど
同じ株の2輪目3輪目はどうなるっちゃろ、って
楽しみにしとったら今日咲いとった。
Tanpopo130315_145401
白いやないかーい。
真ん中でタネになる準備に入っとるのがリマール。
このタネを植えたらどうなるんじゃろうか。
***
まぁ簡単に「ハイブリッドが咲いた」って書いたけど
元々『シロバナタンポポ』は
黄色い『カンサイタンポポ』と
白い『ケイリンシロタンポポ』が交雑して誕生したって事なんで
もしかしたらリマールは「先祖帰り」的な現象なのかも。
DNA調べたらすぐ分かるっちゃろうけど
無〜理〜。
Tanpopo130311_120801
9時側から見たリマール。
ホント自然界は不思議だらけの
ネバーエンディングスト〜リ〜♪ですわ。

2013年3月 9日 (土)

虫の千四十四/若気の炒めりツクセリ

ぬっかぁ〜。

ちょいともうゴールデンウィーク前みたいなご陽気じゃないのさ。
DD君が虫ちゃんの布団の上に寝るようになると
「あぁ冬が来たなぁ」と思う。
そして
夕べ、DD君が自分の布団へ移動して行きました。
春が来たなぁ。
淋しいじゃないのさ!
しかし
今日一日、もう鼻がカユくてカユくて!!
水みたいな透明な液体が
鼻から「スターン、、スターン、、」と落下していきます。
この液体、落下するに任せて
ブラーンスターンさせながら外を歩き回るのは
なかなか愉快であります。
誰もいない所でやってみるよろし!
***
さて、
前回のコメント欄でも書いてますが
春のツクシ祭り大開催中で
ツクシを見つけてはしゃがんで摘んで立ち上がり、
また別のツクシを見つけてはしゃがんで摘んで立ち上がり、、
「ツクシスクワット」の繰り返しです。
RNコウさんに略して「ツクワット」と命名いただき
(素敵な名前をありがとう!)
今日も張り切ってやって参りました。
セリもね。
Tsukushiseri130307_141001
春の山菜セット。
心が躍るわー。
これが裏庭で採れる、って、
どんだけ幸せな事か。
セリは白和え、ツクシは今日は
チンピラでいただきました!
や、キンピラで。
***
虫ちゃんが高校生の頃、
同級生の友達が
「若気の至れり尽くせりよね」
という名言を残してくれました事を
ここに追記してPCを閉じたいと思います。

2013年2月11日 (月)

虫の千三十九/春はすぐそこ

気がつけば二月も半ば近く。

春の気配はあちらこちらにござりまする。
Tsukushi130207_140501
早起きのツクシん坊。
目覚まし要らずやね。
でもちょっと早過ぎろう。
Seri130210_171401
さらに『セリ』。
今年は早いぞ!
春待ちの卑しい虫ちゃんの口を
美味しい白和えになって
慰めてくれるぐらいはもう育っとる。
と、
思ってちょっと摘んで来てから
早速作ったっちゃ白和えを。
で、
またしても食い気に支配され
食べる前に写真撮るのを忘れる始末。
やっぱまだ若いとあって
香りはあんまりせんかったけど
セリ以外、何も入れんで作る白和えは
贅沢の極みやなぁ、と毎年思います。
ちなみに
虫ちゃんの白和えは
◉絹ごし豆腐
◉味噌
◉みりん
◉すりごま
◉セリ
以上のメンバーで一致団結であります。
ごちそうさまでした。

2012年12月16日 (日)

虫の千二十四/最後に咲く花と

自民党返り咲きかぁ〜っ

どうも。
世界を変えたかった虫ちゃんです。
住み良い社会をしるぶぷれ。
*
お正月の『月下虫音』の収録が終わりました。
おかげさまで気分はもういくつ寝なくてもお正月。
そんな気分でお山へ行けば
『ツワブキ』の花が終わった林の縁に
まだまだ黄色い花が目につきます。
*
「野菊?」
*
うん、野原に咲く菊やけん「野菊」で間違いなかろう。
Awakoganegikuimgp0026
『アワコガネギク』って言うとかな?
ハエの仲間が止まっとる。
ホントにハエかいな?
ハエと思わせときーのアブやないかいな。
Imgp0032
んー、アブ顔〜。
ゾウの花みたいな口で花粉を食べよるのかい?
Imgp0030
前足そろえて〜
ふふんふ〜ん♪
花びらが閉じんように一生懸命押さえよるみたい。
Imgp0027
こっちはハエやもんね。
すぐそばにおらした。
*
そもそも「菊」って「最後に咲く花」って意味があるげなよ。
「一年の最後に咲く」って意味やろうね。
ホント、その通りやが。
だけんもしかしたら亡くなった時にも供えるとかな。
虫ちゃんは菊に埋もれるより
その辺の草ば摘んでバラまいてもらった方がいいなー。
草踏んづけたときのニオイが大好きやけん。
「んあ〜、いいニオイ〜」
て、生き帰るかもしれんね。ひひひ。

2012年11月14日 (水)

虫の千十六/みーつけた。

寒かろうがっ!!

と怒ってみてもあったかくはならんね。
暖房にまだ頼るつもりはないので
お風呂とお茶だけが楽しみ。
そんな中、いつもの原っぱでポツンと顔出しとった
ツクシちゃんを発見。
Tsukushi121112_133201
どこに生えとるか分かる?
自分で撮ったのに分からんちゃけど。
*
Tsukushi121112_133302
ね。
ね、じゃねーよ。
今の時季はツクシーズンじゃないけど
毎年なんか見かける。
コチラは去年のツクシちゃん。
Tsukushi111115_144901
ぬ!
撮影した日見たら11月15日やないの!!
ほぼちょーど1年やないの!!
でも見かけるのホント1本とかやんね。
他にも出とるかもしれんけどね。
この季節外れのツクシから出た胞子も
ちゃんと発芽出来るのかなぁ。
準備が出来たらもったいぶらんで
とっとと顔出す11月のツクシ。
「流行り?そんなの知らねーよ。」
って言ってそうで好きだ。

最近の写真

  • Hyoumoncho060714
  • Img_1983
  • Img_1981
  • Tsumaguroimgp0286
  • Tsumaguro091005_17490001
  • Tsumaguro090619_09300001
  • Tsumaguro080327_16080001
  • Img_1944
  • Img_1945
  • Mutsubaseibou3
  • Mutsubaseibou2
  • Img_0268