LOVE FM CLUBに入ろう!

  • LOVE FM CLUBとは?
    リクエストやメッセージの送信、LOVE FMのイベント、プレゼントなどすべての応募が1クリックでOK。CLUBメンバー限定のプレゼントも!希望される方にはLOVE FMの最新情報メールマガジン「LOVE FM MAGAZINE」を配信中です。
    ※入会費、年会費などはございません。

    >>LOVE FM CLUBへの登録はコチラから

サービスエリア

  • サービスエリア
    画像クリックで拡大
Powered by Six Apart

Feed

2018年7月 1日 (日)

虫の千二百六十三/Guess who?

夏いにも程がある

ムシムシしますわね

さて

家の中で発見されたこのお豆風のフォトジェニックなヤーツ

だーれだ

Img_4969

Img_4973

正解は

『マダニ』だに!!

吸血後の丸々マダニだに!!

じっと観察していたら

うっかり愛着が湧いてしまって

もう殺す事なんて出来ないよ

山へ帰るがよい

さらばだに

2018年6月11日 (月)

虫の千二百六十二/フリ

サラサラと雨が降っています

昨日はThe Folkeesのインストアイベントに参加させてもらって

めちゃめちゃ楽しい一日でした

たまには街へ出かけるのも素敵やね

その前の日はムササビ山へ出かけとったんですが

まぁ今もう虫パラダイス

真夏より今時季の方が種類が豊富に思える

ふ、って自分の左肩見たら

何気にコヤツが乗っておったわ

Img_3944

細長い型に流し込んだシマリス、

じゃないよ

『フタモンウバタマコメツキ』ちゃんよ

肩から剥がして(笑)切り株の上に置くと

手足を縮めて死んだふり

しばらくすると

わらわらわらわらわらって手足を伸ばして動き出し

コメツキムシ特有の「パッチン返り」すんのかな、

と思いきや

なんか普通にメロって起き上がる

でももっかいひっくり返したら

次はパツ、ぐらいで「跳ね気味」に裏返った

Img_3950

まぁもう「樹」やね

樹のフリやね

保護色っとる〜

その上死んだフリするけんね〜

まぁよう出来とるね

2018年6月 5日 (火)

虫の千二百六十一/一番好きなテントウムシ

いいことだけ来い!!

でお馴染みの昆虫DJです

皆タマこんにちは

いかがお過ごしでしょうか

今日は本格的な梅雨らしい雨が降っています

気をつけてお過ごしくださいね

さて

梅雨と言えば梅の実の収穫も始まる頃ですが

そんな梅の木で発見されては世間を騒がせる昆虫の赤さまがいます

『アカホシテントウ』の赤さまです

Img_3541

悲鳴が聞こえるな

もう一丁

Img_3546

なぜかこういうゲジゲジした感じの生き物は

仰け反る対象になるよね

そいで見た目だけで「害虫」と認定され

駆除されちゃうの

でも待って

本当にそうかしら

この赤さま達が大人になると

Img_3533

ほらまるでガラス細工みたい

一番好きなテントウムシよ

じゃぁこの丸くて小さいのは誰?

見た目子供みたいやけど、、


Img_3542

実はこの小さい方の丸いツブツブこそが

梅の木の害虫

『タマカイガラムシ』で

『アカホシテントウ』は幼虫も成虫もこのカイガラムシを捕食する

ヒトにとっては大の益虫だったのであります

成虫は本当に綺麗だけど幼虫の頃に見つかってしまうと

正体を確認される事もなく薬かけられたりしがちです

何事も見た目で判断しちゃダメだよね、

の典型的な例でした

Img_3545

2018年1月26日 (金)

虫の千二百五十九/覚醒

年明けとるし。

いやいやすみません

放置しすぎですね

今年はもっとブロぎます

きっと

きっと、、

で、

「覚醒」です

ガッチガチに冷たい風が吹きすさぶ今日この頃ですが

コチラ様がお目覚めなので

暦の上じゃなくても

虫ちゃん的にはもうそこそこほぼほぼ春の風味なんですImg_7991

『フクラスズメ』ちゃん

Img_7992_2

毎年虫ちゃんちに勝手に上がり込んで越冬しなさる

お家賃ちょうだいよ

Fukura120224_144804

虫ちゃんも目覚めた

今年は飛ばします

、、、

って

毎年思っとる気がするけどね

2016年11月27日 (日)

虫の千二百二十八/姐さん

雨でした。

遊びに行くと

泥んこですが

遊びに行かないより

楽しいです。

犬との暮らしって

サイコーです。

でも簡単じゃない。

憧れや見た目の可愛さだけで

簡単に連れて来ちゃいけないよね。

や、そんな事を話す回じゃないよ。

玄関のドア開けたら

そこにおらした。

Seguroashinagabachi2

『セグロアシナガバチ』の姐さん。

新女王バチかなぁ。

お腹が立派な気がするけど。。

この時季越冬出来るのは

今年新しく誕生した女王蜂だけ。

働き蜂はみんな行き倒れたりして死んで行く。

スズメバチも同じ。

Kiirosuzumebachi

こんな風に。

毎年、こうやって

遠征先で力尽きた働き蜂見ると

どんな人生だったのかな、とか

最期、何が見えたかな、とか考えて

胸の奥が「スン」てなる。

Seguroashinagabachi1

カメラ向けようとした虫ちゃんに気づいて

身体の角度を少しこっちに傾けたとこ。

ごめんってば。

この後捕まえて

もっと静かなとこに移動してもらった。

新女王なら来年頑張らないかんね。

ゆっくり休めるといいけどな。

2016年9月24日 (土)

虫の千二百二十/キャーーーーーーーーーッ!!!

って、思わず黄色い声を上げるとこでしたよ。

Macでシミジミ音楽聴きよったら

いきなり目の前に「ツーーーー」と降りて来た。

Chibigumo1

チビッちゃっ!!

Chibigumo2

「キョロっ!」

てか!!

Chibigumo3

「ぷりっ!」

ってかーーーーーっ!!

可愛かろう〜が、ちゃ!!

さすがに声には出んかったけど

思わず心の中で「キャーーー!」って絶叫してしまった。

実際なんかあっても

「キャーーー!」とか言った事ないけどね。

大体普通、びっくりした時でも

「うぇっ!!」って言わん?

**************************************

チャリティー犬語セミナー

**************************************

熊本被災ペット支援ネットワーク
http://kumanimal.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

2016年7月25日 (月)

虫の千二百九/揚羽

夏の森の床を

慌てたように走り回るイキモノ発見。

Aosuji

『アオスジアゲハ』ちゃん。

羽化したてと思われます。

だって翅ピカピカやし。

飛ばずに走り回りよるし。

つーか、どんだけ綺麗なん?

前にも書いたかもしれんけど

鱗粉がついとるのは黒いとこだけで

青いとこは何もついてない「生」の翅。

うそ〜ん。

黒い鱗粉剥がしたら、何色なんやろう?

Namiage

そしてアスファルトの上には

『ナミアゲハ』ちゃん。

こちらも羽化したてのごとき美しさ。

でも、触ってもピクリともせんかった。

何があったのか、知る由もないけど。

死んどっても生きとっても関係ないけどね。

生まれて来た事にかわりはないもんね。

2016年6月21日 (火)

虫の千二百五/雨上がりの玄関に

大変な雨でした。

今はちょっと晴れ間ものぞいたりしていますが

また雨になるみたい。

手加減して降って欲しいけど。

さて、そんな雨上がりの我が家、

玄関開けると雨宿りに来とったんか

『コクワガタ』のメスちゃんがおった。

Kokuwa

だいぶ弱っとって、もしかしたらもう卵も産み終わっとって

最後の時間をうちの玄関で過ごしよったのかも。

クワガタと言えば、数年前の仕事帰り、

真っ暗夜道で出会った

Nokoimgp0300

「スイギュウ」こと『ノコギリクワガタ』君。

Nokoimgp0302

まさに「Little Red Corvette」じゃね。

超カッコイイ。

完全スポーツタイプ。

スイギュウはようおるけど

これまた数年前、父虫と朝歩きよって見つけたこの人、

Kuwa080508_16520001

「ヒラタさん」。よね?

なんかなぁ、風格があるよね。

して、やっぱ平べったい。

こっちはヒラタさんのメスちゃんと思うけど。

Hirata090809_18200002

違うかもしれん。

よう分からん。

クワガタのメス、よう分からん。

スイギュウのメスは分かりやすいけど

見た事ない気がする。

クワガタってやっぱ、

夏っぽいよね。

Nokogirikamikiriimgp1082

ノコはノコでも『ノコギリカミキリ』。

ごっついよー。

***********************

本当に酷い雨でした。

熊本で震災の被害の中で大変な生活を強いられている皆様に

改めまして心よりお見舞いを申し上げます。

まだまだ梅雨の真っただ中。

全国の皆さんも、どうぞ安全にお過ごしください。

***************************

熊本被災ペット支援ネットワーク

http://kumanimal.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

2016年5月 2日 (月)

虫の千百九十七/赤かぁ〜凄かぁ〜。

こんちら。

皆タマ、お元気でお過ごしですか?

今日は最近出入りしている新しいお山で

赤ぁ〜かヤツに会って来ました。

Benitsuchi1

『ベニツチカメムシ』ちゃん。

アリさん踏んづけとる。

Benitsuci2

「飛ぶよっ!」てさ。

この葉っぱは『サルトリイバラ』。

実はこの周りに何頭もブンブン集まってきよった。

集合フェロモンの仕業と思われます。

てか、一ヶ月前はこんな事になっとった。

1

どわらわら〜〜。

どげんこれ?ダメ?大丈夫?

『ベニツチカメムシ』は繁殖、子育てオンシーズンの5月から7月以外の期間は

こうやって集まって休眠する習性があるげな。

「子育て」って書いたけど、お母さんが赤様に唯一の餌である

『ボロボロノキ』という木の実を運んで来て与える、という

「給餌行動」を取る事で有名なんですと。

この『ボロボロノキ』が北部九州北限の木、ということで

このカメムシの生息地も限られているので

どこでも見られる虫様じゃぁないげなですばいやん。

お母さんが卵守るカメムシは前にも紹介したけど

餌まで持って来て、しかも足らん時は自分ば食べさすてげなよ?!

ちょっと、これもう、どげん??

さらにこの休眠行動、ものすごい仕組みでからね、

みんなでひっつきまっつきする事がキッカケになって

「静止状態」に入り、呼吸頻度が通常の1/3まで落ちるげな。

こうやって代謝を下げ、体内でアミノ酸をリサイクルする事で

餌になる『ボロボロノキ』の実がないシーズンでも

生き延びる事が出来るとげなですばいや〜〜〜ん。

調べた人、凄いわ〜。

そらBBCも取材に来るわぁ〜。

ちなみにカメムシの仲間とは言え

臭いニオイは出さないそうです。

そのための派手な色なんやろうね。

他のカメムシの威を借るカメムシやね。

2015年10月 4日 (日)

虫の千百八十五/うちのアイドル

朝晩めっきり涼しくなりました。

夏の間中、家の中に出没しよった虫達も

だんだん一人減り、二人減り。。

そんな中、見かける度にサイズアップしよって

そもそもお子達をワラワラ見かけるし、

間違いなくうちの中で繁殖しよるやろ、

と思うのが

虫ちゃんのアイドル、

『ゲジ』ぴょんです。

Geji2

可愛かろうね。

まだアリちゃんぐらいのサイズの頃やもんね。

Geji1

指の上でジーっとしとる。

指がシワシワやん、とか言わんでいいよ。

かわいかぁ。

嫌いな人の方が多いイキモノとは思うけど

虫ちゃんは『ゲジ』は大好き。

存在感あるのにカラダ意外と軽いし

なんか、「そよそよ」しとるんよね。

デザイン凄いしね。

肉食やけど咬んだりせんし毒もないよ。

でも乱暴に扱うと、自分で足落としてしまうけん

捕まえる時はソッとお願いします。

Geji100412_231001

これでもう成人手前ぐらいのサイズやね。

大人になったら

Geji120613_023001

この貫禄。

おめぇも飲むけ?

これは3年前の写真かな。

音も立てんでコソーっとテーブルに上がって来る。

ふと見たら「ワサ」っておるけんビックリするよ。

Geji120613_023201

足が長いとモテるのに

足が長くて多いと嫌われるって

ヒドくなーい?

Gejiimgp0488

瑞々しい〜。

また来いやぁ〜〜!

最近の写真

  • Img_4973
  • Img_4969
  • Img_3950
  • Img_3944
  • Img_3546
  • Img_3545
  • Img_3542
  • Img_3541
  • Img_3533
  • Img_2227
  • Img_2225
  • Yamaboushi1120601_092901