LOVE FM CLUBに入ろう!

  • LOVE FM CLUBとは?
    リクエストやメッセージの送信、LOVE FMのイベント、プレゼントなどすべての応募が1クリックでOK。CLUBメンバー限定のプレゼントも!希望される方にはLOVE FMの最新情報メールマガジン「LOVE FM MAGAZINE」を配信中です。
    ※入会費、年会費などはございません。

    >>LOVE FM CLUBへの登録はコチラから

サービスエリア

  • サービスエリア
    画像クリックで拡大
Powered by Six Apart

Feed

2013年5月 6日 (月)

虫の千六十/史上最地味記録

ゴールデンウィーク最終日も福岡はいいお天気。

皆タマいかがお過ごしですか。
このブログ「虫の息〜虫のフリ見て我がフリ直すし。〜」も
書き始めてもう間もなく丸7年であります。
季節によってはネタがなかったり
気分の問題で筆が進まなかったりと
更新が滞る事も度々ですが
それでもこまめにチェックしていただいている
皆タマの暖かさが唯一の燃料でございます。
本当にありがとうございます。
この度は、そんな虫ちゃんブログ史上、
発見時のコーフン度は95%OVERにも関わらず
撮れた写真が最も地味になったお話であります。
Kawasemisuimgp0102_6
穴。
垂直な切土の壁に穴。
がしかし、ただの穴にあらず。
Kawasemisuimgp0101_10
穴3つ。
ホントはまだ開いている穴。
その正体は
『カワセミの巣』!!
毎日のように通る山道の一角。
前から目に入っていた複数の穴。
そして昨日、「ハッ!としてギョッ!!」と
相成りました次第であります。
この近くで地元のおじちゃん達と立ち話していると
『カワセミ』の声が「ピィーッ、ピィーッ、」って
聴こえて来よったっちゃんね。
この巣穴が現役で可動しとるかどうかは
張り込む必要がありますが
今まで偶然にでも親鳥を見かけた事はないので
もしかしたら以前使われとった跡なんかな。
あ、なんで穴がいくつもあるか、って言うと、
ホントの巣穴は一つで、あとは「ダミー」げな!
ヘビとかからヒナを守るためのダミーげな!!
賢ぇ〜鳥じゃぁ〜。
あんまり地味なんで昔描いた
メスのカワセミちゃんのヘタクソな絵で
お茶を濁してみようと思います。
Kawasemi_2

2013年4月23日 (火)

虫の千五十六/あれやらこれやら

すー!
家の前に『カワセミ』ちゃんがよく来るので
写真を撮ろうと見張っておりましたが

Kawasemi1

虫ちゃんのデジカメ通称「デジケン」は
マクロには強いが遠目はちょっと。。
「うーん、残念な写真しか撮れん」
と、うなだれた所に
Nagasaki9_4
うぉっ!『クロアゲハ』が羽化っとる!
(PCでご覧の方は写真をクリックしてみてね。)
Nagasaki7_3
今まさに翅伸びきらんとするところ。
Nagasaki5
羽化ったばかりの頃は膨れたお腹も
翅を伸ばすために
お腹の中の体液を一気に翅に送り込むそうで
ほらもうスッキリして来とる。
えー!ギーサナはどこよ?!
Nagasaki8
あった。
全然気づかんかった〜!!
Nagasaki1_2
チョキ!!
と思ったら「ピヤッ」となんか出た。
Nagasaki4
羽化って最初の排泄じゃ。
牛乳みたーい。
苦いかな。甘いかな。
舐めてみればよかったな。
Nagasaki3
翅に寄ってみたけど
生きとんしゃあけんピントが合わぬー。
Nagasaki2
翅脈にピント合っとるー。
結局マクロでも残念やないかー。
「なんばしよっとかねー」
Kawasemi2
と、『カワセミ』君に笑われたかな。
あ、『カワセミ』は嘴が黒いのがオスで
赤いのがメスですよ。
そうそう、「虫の千五十四」で紹介した
虫ちゃんの「茶飲み友達」、
逃がす前に綺麗な写真撮っとったんやった。
Kagerou1
立派な尾角〜。
あと一歩向こうに立ってくれたら
スポットライトの中やったね〜。
「てか、おめぇが動けよ」って?
ですよね〜。
Kagerou2
なんか金魚みたいな顔ねー。
カゲロウちゃんもアゲハちゃんも
パートナーとは会えたかなー。
Kagerou3
「照明当ててよー。」
ごめーん。
ガンレフ欲しい。。

2013年1月27日 (日)

虫の千三十五/今度こそ猛禽。

たむ。

たむいねぇ。
部屋の温度6℃なり。
ロウソクつけたら9℃になるよ。
* * * * * * *
前回の話で取り上げた羽は
猛禽類じゃなくて『カモ』の仲間じゃないか、
と、コメント欄でタレ込みいただきまして、
確かにそうかもしれん!とヒザを叩いた、
どうも、虫ちゃんです。
うららさん、あまたかさん、ありがとうございました!
で、今回はホントに猛禽です。
てか、最近よく書いてる『オオタカ』さんです。
Ootaka130127_151401
ちょうど羽ばたく瞬間にシャッター切ってしまったけん
タカっぽくないけどね。
絶対『オオタカ』に間違いないよ。
だって10メーテル先におって
飛び立つまでこそっと見よったっちゃもん。
でも相手には気づかれとったみたいで
フワっと飛び立った後、
虫ちゃんの上を何回も旋回しながら
偵察しよんしゃった。
美しく力強い鳥やった。
次は羽の持ち主の『カモ』に会えたらいいな。

2013年1月20日 (日)

虫の千三十四/なんか猛禽?

お年玉切手シート2枚が未使用の年賀はがきで当たりました。

ぬーん。
人様に差し上げるべき運を我がで使ってもうた。
ぬぬーん。
* * * * * * *
で、今日はなかなか拾えんもの拾ったのでご紹介。
Hane130115_162901
分かりづらいけど
羽の先に向かってかなり丸くカーブしとるとよ。
くるんて。
なんで猛禽の羽かと思うか、っていうと
なんとなく、であります。
『オオタカ』やないかいな、と思いよるけど
羽落とすとこ見たわけやないしねぇ。
Hane130115_162902_2
夕日にかざしてみても
ただ美しいだけで出所が分かるはずもなく。。
まぁいっか、な夕暮れ時なのでありました。

2012年12月28日 (金)

虫の千二十九/枝にエビ

今日から冬休み。

大人やけん宿題もないし
なんもかんも忘れてのんびりするぞーい。
で。
今年10月に紹介した『ヤマボウシ』の
すっかり葉っぱの落ちた枝先に
『エビの尻尾」が刺さっとるのを発見。
Hayanie121220_133601
しかもフライ済み??
Hayanie121220_133701
な、わけ、ないか。
これはガの胴体やな。
犯人は
Mozu121223_091001
あなたね!!
そうかな?
どうかな。
「モズの早贄(はやにえ)」とお見受けしたんですけど
こんな低い場所に『モズ』がとまるかな??
「モズの早贄(はやにえ)」は
『モズ』が捕まえた昆虫やトカゲなどの小動物を
枝に刺して放置する習性の事ですが
なんでそんな事すると?っつーと、
「餌の備蓄」やないか、っていう説の他に
「餌を食べよる途中に敵が近づいてきて逃げた跡」
ってのもあるみたい。
なーるー。
でも、今回のこの「エビの尻尾」は
不思議な角度で刺さっとるなぁ。
Hayanie121220_133801
最初なんかのサナギと思ったっちゃんね。
あ、
あ!!!
今思い出した!!
このエビが刺さる前、『クマバチ』が
なんか壮絶な形相で枝に止まったまま死んどって
ここで力尽きたんかな、と思いよったけど
あれももしかしたら「早贄」やったのかもしれん。
て、事は、もしかしてこの小さな『ヤマボウシ』を
縄張りにしとる『モズ』がおるのかもしれんね。
次は何が刺さるんかな。
刺さるんカニ。

2012年12月18日 (火)

虫の千二十五/とび、とぶ。

またまた冷えて来ましたねー。

冬やもん。
うん。
*
 *
*
こないだ庭におったら
はるか空の上から
「ピ〜〜〜〜ヒョロ〜〜〜〜〜」
て聴こえてきた。
Tobi121209_151901
『トビ』やん!
*
 *
*
Tobi121209_152002
わーい!『トビ』やん!
トビやんやん!
おーい!待ってくれよ〜ぅ。
*
 *
*
Tobi121209_152001
あ〜あ。
行ってしまった〜。
*
 *
*
『トビ』は「トンビ」とも言うよね。
珍しい鳥じゃないかもしれんけど
タカの仲間じゃもんね。
タカって聞いたらなんか「ワキッ」ってせん?
せんかい?
じゃぁ「鷹」って書いたら「ワキッ」ってなる?
いや、別に無理にならんでもいっちゃけどね。
身近な所にタカの仲間がおるとか
虫ちゃんはワキワキするっちゃけど
『トビ』が身近におってくれるのは
意外と雑食性が強いけんやないかな、って話。
カラス達と餌がバッティングするけん
ようケンカになりよるらしい。
てか、カラスのが大勢やけん強いもんね。
*
虫ちゃんは昔から『トビ』の友達が欲しいなぁ、
て思いよる。
その『トビ』は普段は自由に山で暮らしよるっちゃけど
「おーい!」って呼んだら
「ピロロ〜〜〜」って飛んで来て
一緒に散歩とか行けるとよ。
トビーは虫ちゃん達の少し上をスイーって飛びながら
ずーっとついて来てくれると。
まぁただそんだけやけどね。
「ただそんだけ」の事やけど
実現すんの、超難しいと思われ。
以上妄想レポートでした。 

2012年3月13日 (火)

虫の九百六十/狩人

今日、夕方前にチャリキでチャリチャリ〜っと家の近く走りよったら

なんか白いフワフワしたものが道の端っこを転がりよる。

一瞬、こないだ紹介した『テイカカヅラ』の種かな?

と思ったけど、いや違う、なんか鳥の羽やん。 Hato120313_162201

って、確認してふっと前見たら、なんかモサっとしたモノが目に入った。

Hato120313_151601

「あ、誰か鳥がケガしとるんかな?」 と思って

「どうしたと〜?」 って声掛けるや否やお互いビックリ。

虫ちゃん:「やっ!なんか猛禽やん!」

むこう:「すわっ!オマエ敵っ?!横取りする気?!」

Hato120313_151602

そう。

狩りの途中やったと。

多分『オオタカ』やないかな。

最近よく野っ原おるとき飛びよるの見よった。

獲物は『ドバト』。

虫ちゃんに驚いてハトをつかんで飛び立とうとしたけど

ぶぁっさ〜なってまた着地。

なんか獲物と大きさ殆ど変わらんやん。

無理っちゃない??

Hato120313_151603

「とりあえず押さえ込み」の図。

あんまりジロジロ観よって獲物を諦めたら悪いけん

後ろ髪を引かれる思いで見送った。

1時間後に戻ってみたけど血なまぐさい現場にはなってなかった。

カラスも何羽か飛びよったし、もしかしたら横取りされたかもしれんなぁ。

や〜でもこんな家のすぐ近くで こんな野生のドラマが白昼堂々展開されとるとは。

きっと子育て中なんやろな。 すげぇな。

最近の写真

  • Img_3962
  • Img_3959
  • Fullsizerender_4
  • Img_3331_2
  • Img_3331
  • Fullsizerender_7
  • Img_3326
  • Fullsizerender_3
  • Fullsizerender_5
  • Hyoumoncho060714
  • Img_1983
  • Img_1981